2017年03月の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

月別:2017年03月

ミドリムシと青汁「ユーグレナ・ファームの緑汁」を子供と飲む(感想レヴュー口コミ)

ユーグレナの緑汁1

子供が嫌がらずにオメガ3系脂肪酸をとれる方法として、スムージーや青汁に亜麻仁油をほんの少し混ぜてみようと考えています。

 

そこで色々探しているうちに株式会社ユ─グレナの「ユーグレナ・ファームの緑汁」という商品を見つけました。

 

そこで今回は「ユーグレナ・ファームの緑汁」の一週間お試しセットを購入。

 

実際に子供が飲めるかどうか、試してみたいと思います。

 

株式会社ユ─グレナの「ユーグレナ・ファームの緑汁」について

 

株式会社ユーグレナは、世界で初めて食用としてのミドリムシの屋外大量培養に成功した会社です。

 

ミドリムシの入った多くの商品を販売していて、知らずに食べたり飲んだりしたことがある人も多いと思います。

 

↑株式会社ユーグレナ(ユーグレナ・ファーム)から販売されています。

私も何度か飲みました。

 

今回ご紹介する「ユーグレナ・ファームの緑汁」は、ミドリムシの入った青汁です。

 

ユーグレナの緑汁1パック

 

ミドリムシ入り青汁の粉がスティックになって7本(一週間分)入っています。

 

原材料はご覧の通り↓

ユーグレナの緑汁の原材料名

 

「ニュージーランド産の有機大麦若葉末」と「インドネシア産の有機明日葉末」がブレンドされています。

 

ちなみにユーグレナグラシリス(ミドリムシ)は1本につき約「5億個」も入っているらしいです。

 

石垣産ユーグレナ5億個(1本あたり)の表示

 

ただ5億個といっても微生物ですから驚く数というわけではないのかもしれません。

 

でもただの青汁よりも、ユーグレナ(ミドリムシ)が入ることで栄養価は一段とアップするはず。

 

ミドリムシには「59種類」もの栄養成分が含まれているため、将来の食料不足の救世主になるのではと期待されています。

 

青汁によって野菜不足を補いながら、現代の日本人の多くに不足していると言われているオメガ3系脂肪酸(DHA・EPA、α-リノレン酸など)をはじめとするたくさんの栄養素を一度にとることができます。

 

詳細は公式サイトで確認↓

送料無料お試し\500ユーグレナの緑汁

 

どうして「ユーグレナ・ファームの緑汁」にしたのか

 

ではどうして今回「ユーグレナ・ファームの緑汁」を試してみようと思ったのかといえば、次のような思いがあったからです。

 

・魚嫌いの子供になんとかオメガ3系脂肪酸を美味しくとってもらいたい

・子供は錠剤型のサプリメントが飲めない

・青汁やスムージーのような健康ドリンクなら飲みやすそう

・ミドリムシ自体がオメガ3系脂肪酸を持っていると知っていた

・ミドリムシ青汁は我が家の希望にピッタリかも・・・

 

元々はミドリムシに含まれるオメガ3を期待したのではなく、青汁やスムージーに亜麻仁油(α-リノレン酸)を混ぜれば飲みやすそうと思ったのがきっかけでした。

子供にもっとDHAなどオメガ3をとらせたい

 

だから普通の青汁でも良かったのですが、たまたまミドリムシ入りの青汁があったこと、そしてミドリムシ自体にオメガ3が含まれていることから、うちの子にちょうどよさそうだと思ったわけです。

スゴイぞミドリムシ(ユーグレナ)!知らなかったあれこれ

 

亜麻仁油のα-リノレン酸とミドリムシのDHA・EPA・DPA(オメガ3)が入ったドリンクって、なかなか「最強」かもしれません。

 

もちろんこのドリンクだけで全ての栄養をまかなえるわけではありません。

 

私もサプリや栄養ドリンクに頼りっきりになるような考えはないので、足りない分を適宜補えればいいかなあと思っています。

 

この辺は、どういった栄養をどのくらい欲しいと思っているのかによって違ってくると思いますので、みなさんの考えや希望と照らし合わせてくださいね。

 

ユーグレナ・ファームの緑汁を実際に飲んだ感想

 

それでは実際に「ユーグレナ・ファームの緑汁」を飲んでみたいと思います。

 

ちなみにうちの子は自分がダメと思ったらきっと飲んでくれません。

(この辺はあくまでも「栄養より味」の子供ならではですね)

 

そこで取りあえず一週間分のお試しセットを購入し、実際に味を確かめてみることにしました。

 

まずは飲みやすそうなので牛乳で溶かしてみました。

 

緑汁と牛乳に亜麻仁油

 

色はパステルグリーンっぽく?キレイになりました。

そこに亜麻仁油(紅花)を小さじ半分ほど入れてよく混ぜ子供に飲んでもらうと、

 

「美味しい!抹茶みたい!」

 

と喜んで飲んでいました。

 

ただ「表面の黄色く浮いているのは何?」と聞かれました。

 

それは亜麻仁油です。

 

よく混ぜながら飲まないと、すぐに上に亜麻仁油が浮いてきてしまいます。

 

だからなのか子供は「美味しいけど飽きた」と、結局半分しか飲みませんでした。

 

でも「マズイ!」と一発拒否されなかっただけ良かったです。

 

ただし子供の様子だと他のアイテム(策)も用意しておいた方がよさそうと思いました。

 

ちなみに子供が残した緑汁を飲んでみましたが、ほんのり甘くて確かに美味しいと思いました。

 

牛乳と混ぜるとやっぱりまろやかになって飲みやすいです。

 

たぶん豆乳の方がさっぱり系になるのではと思います。

 

私はミドリムシのクセが気になることは全くありませんでしたが、こういうのを初めて飲んだ人は何か感じるかもしれません。

 

こればかりは各自で試してみないと分からないと思います。

 

最初は一週間分のお試しセットで飲めそうかチェックしてみると失敗しないでしょう。

 

緑汁のお試し申し込みはこちら↓

【送料無料】栄養豊富なユーグレナ(ミドリムシ)入り新しい青汁「緑汁」お試し\500



 

速水もこみちオリーブオイル使い過ぎ?テレビだからねぇ・・・

キッチンにあるオリーブオイル

私はテレビというものをあまり見ない人なので、速水もこみちさんがどんなにオリーブオイルを使った料理を作っているのかを知りません。

 

でもどうやら速水もこみちさんがやっている「MOCO’Sキッチン」という料理コーナーで大量にオリーブオイルをぶっかけたりするらしく、それが健康上でもコスト面でも問題ではないかとクレームが来ているそうなのです。

 

いやこれ、あれだね。

 

実際に見ていないのであれなんですが、テレビだしタレントさんがやっているならある意味エンターテインメントってことじゃないのでしょうか。

 

派手なフランベの一場面みたいなものだと思えばいいのかもしれません。

 

テレビですから経費で高いオリーブオイルが使えるのでしょうしね。

 

しかし、いったいどのくらい使っているんですかね。

そんなに問題視されるほどなのでしょうか。

 

ちょっと分かりませんが、オリーブオイルは健康にメリットがあると言われていても「油」ですから。

 

一般的な目安とともに自分の身体に合った量ってもの見極めないとお腹壊したり太ったりします。

 

それに何度も言っている通り、ニセモノのオリーブオイルですと本末転倒です。

 

この辺はよく知らない人が速水さんの料理をまねて作るとちょっと危ないかもしれませんね。

 

もし本物のエキストラバージンオリーブオイルだとしても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

 

健康に良いって言われるものでも、たいてい一度に大量に食べたり飲んだりすることってまずないでしょう。

 

それより「継続」が大事って言います。

 

そして全ての人の身体に良いものってないですから。

 

オリーブオイルはポリフェノールの効果など色々良い面がクローズアップされますが、全ての人に必要なわけでもありません。

 

やっぱり自分にしっかり置き換えて考えるクセつけないとダメなんでしょうね。

(私も肝に銘じておかないと・・・)

 

でも逆にそんなに大量に使っているのなら、私なら「ああテレビだなあ・・・」で終了ですね。

 

テレビの情報もいいですが、やっぱり実践する場合は鵜呑みにせずに更に調べてみる必要はあると思います。

 

しかし速水さんが作っているからってこの人だけを非難してもねぇ。

まあそれがタレントさんの宿命でしょうけど。

 

テレビってまだまだ影響力が大きいですもの。

確かにあまりやり過ぎは誤解を与えますし良くないかもしれません。

 

でもまあテレビ番組というのは「ショー」ですから、見る方もそれなりに割り引いて見た方がいいかもしれません。

 

カボチャのポタージュスープにオリーブオイルを垂らす

カボチャのポタージュスープ

カボチャのポタージュスープを作ったのですが、仕上げに少しだけエキストラバージンオリーブオイルを垂らしてみたらすごく美味しかったのでレシピを紹介したいと思います。

 

カボチャのポタージュスープのレシピ

 

我が家で作るカボチャのポタージュスープのレシピをご紹介します。

水も加えているので比較的サラッとしたタイプのスープです。

 

材料

 

・カボチャ(皮付き)・・・4分の1個

・玉ねぎ・・・1個

・人参・・・2分の1本

・固形コンソメ・・・1個

・牛乳・・・200ml

・バター・・・10g

・塩、コショウ・・・適量

・エキストラバージンオリーブオイル・・・適量

・ドライバジル・・・適量

 

作り方

 

1.カボチャ、タマネギ、人参を適当な大きさに切って浸る程度の水とコンソメを入れて柔らかくなるまで煮ます。

 

野菜を煮る

 

2.野菜が柔らかくなったら全てをミキサーに入れてペースト状にします。

 

3.いったん鍋に戻し弱火で温めながら牛乳を入れ、バター・塩コショウで味をととのえます。

 

野菜のペーストに牛乳を入れる

 

4.最後にドライバジルを散らし、エキストラバージンオリーブオイルを少し垂らして完成です。

 

フシコスをスープに垂らす

 

 

まとめ

 

我が家のカボチャのポタージュスープは、カボチャの皮も一緒に使っています。

 

「カボチャのスープって黄色じゃないの?」と思われた方、すみません。

 

我が家のスープはシュレック色でお送りしております。

 

シュレック

 

「色も味のうち!」と思われる方は皮を剝いてください。

 

「皮にこそ栄養がある!」と思われる方は皮もぜひ入れてください。

 

ミキサーにかけてしまえば、ちゃんとなめらかになります。

また見慣れてしまえば、それなりにキレイに見えてきます。

 

今回は風味付けにバターをほんのちょっと入れました。

 

散らしたバジルはもちろんパセリでも構いません。

 

そして最後にエキストラバージンオリーブオイルを垂らし味を引き締めます。

 

使用したエキストラバージンオリーブオイルは最近お気に入りの『フシコス』です。

 

カボチャのポタージュスープとフシコス

 

フシコスはオイルの出口が細いので、今回のようにほんのちょっと垂らしたい時などには非常に重宝します。

 

新鮮で香り高いのにメイン料理の味を妨害しません。

 

そのものが主役になれるのに、こういった脇役的な使い方もできるのがフシコスです。

 

本当に万能なオリーブオイルだと思います。

(よかったらフシコスに関する記事も参照してみてください。)

 

カボチャのポタージュスープは家族に非常に好評なメニューです。

子供はカボチャの煮物はあまり好きではありませんが、このスープはたくさん飲んでくれます。

 

さらに苦手な人参も加えて栄養価をアップしています。

(人参臭さはありません)

 

ほんのり甘味があるスープなので、お子さんにも食べてもらえると思います。

 

お子さんの野菜嫌いでお困りのママさん、取りあえずペーストしてスープにしてみてください。

 

コショウを控えれば立派な離乳食になりそうです。

(乳製品アレルギーなどには注意)

 

作り方もご覧の通り簡単です。

 

野菜や牛乳の分量も、味を見ながらお好みで変更しても大丈夫ですよ。

 

ほうれん草の亜麻仁(粉末)和えを作る

ニップンのローストアマニ粉末

以前、ニップンさんのローストアマニ(粒)を購入してみて家族に好評だったので、今回は同商品の粉末タイプを購入してみました。

 

そこで本日は、亜麻仁の粉末を使ってほうれん草の亜麻仁和えを作りましたのでご紹介したいと思います。

 

ほうれん草の亜麻仁和えのレシピ

 

我が家で作る「ほうれん草の亜麻仁和え」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・ほうれん草・・・1束

・だし醤油・・・大さじ1杯~1.5杯

・亜麻仁の粉末・・・適量

 

作り方

 

1.ほうれん草を茹でて食べやすい長さに切っておきます。

 

2.ボウルにほうれん草を入れ、だし醤油と亜麻仁の粉末を入れて和えます。

 

ほうれん草とニップン「ローストアマニ粉末」を混ぜる

 

3.小鉢に盛り付けたら最後に亜麻仁の粉末を上から少しかけて出来上がりです。

 

ほうれん草のアマニ和え

 

ほうれん草の胡麻和えの胡麻を亜麻仁に変えただけですが、我が家では甘い和え物が好きではないため、だし醤油を使っています。

 

もちろん普通の甘い和え物風にしてもいいですし、めんつゆを使っても大丈夫だと思います。

 

亜麻仁は香ばしい

 

亜麻仁の油を食べるとなると、ちょっとクセのある風味が苦手な人も多いと思います。

 

でもローストの亜麻仁は非常に香ばしく、美味しいと感じます。

 

ニップン「ローストアマニ粉末」を小皿に出したところ

 

油は無理という方でも大丈夫ではないでしょうか。

 

胡麻のようで胡麻とはまた違った風味を持っています。

 

我が家でも、私以外の家族は亜麻仁油そのものはあまり食べませんが、ロースト亜麻仁の粒や粉末はとても好きみたい。

 

今回のように料理に混ぜて食べるのが美味しいです。

 

栄養価については次の通りです。

 

ニップン「ローストアマニ粉末」の栄養成分

 

α-リノレン酸の他、アマニリグナンもとることができます。

 

今回、粉末を使ってみた感想ですが、確かに粉末の方が消化吸収という点ではいいのではと思います。

 

以前、日本アマニ協会に質問したことがあるのですが、亜麻仁の外皮は非常に硬いため、成分を効率よく吸収するためには粉末の方がよりおススメだと言っていました。

 

ただ一番いいのは、粒を購入してきて食べる直前にすって料理に混ぜることではないかと。

 

この辺は胡麻と同じかなあと思いますが、亜麻仁の粒って本当に硬くて(胡麻以上じゃないかと思っています)、するのもなかなか大変そうです。

 

それなら粉末を購入するのもありではないかと思っています。

 

日本製粉 ローストアマニ 粉末 5g×15本

↑小分けの方がより酸化を防げそう

 

 

サラダにかけても美味しそうだし、毎日のお味噌汁に入れて食べるのもいいかも。

風味的に味噌との相性が良さそうだと思いました。

 

粒も粉末も油と同じように酸化が早いため、冷蔵庫で保管しできるだけ早めに食べてください、とのことでした。

 

参考記事

リグナン入り「ニップン ローストアマニ粒」を食べた感想

受験生の夜食にピッタリ!亜麻仁と塩のおにぎり