2017年10月の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

月別:2017年10月

油を変えたおかげか?台風など気候による頭痛が減ったかも

先日、台風21号が来ましたね。

 

2017年10月22日、選挙にドンピシャということで、私も期日前投票(21日)したのは余談です。

 

関東は台風直撃が予想されていましたから、前日に食料品の買い物も済ませ植木を玄関に入れたりと対策はしっかりしていました。

 

22日は家から一歩も出ないで家族で過ごしていた中、心配していたことが一つ。

 

実は私、毎回ではないのですが、台風が来ると調子を崩すことがあります。

 

まあ、台風に限らず梅雨の時期なんかもそうなんですが。

 

おそらく気圧の影響があるのだと思います。

 

天気が回復すると症状も回復することから、たぶん天気のせいなんだろうと勝手に思ってきました。

 

症状は主に頭痛や倦怠感。

 

頭痛_image

 

特に真剣に治療も考えたことはないし、風邪でもないだろうし仕方ないかといった感じ。

 

ところが今年の梅雨は症状が出ませんでした。

 

今年はあまり梅雨らしい梅雨じゃなかったからかなあと思っていたのですが、子供が夏休みに入ってから梅雨に逆戻りかと思うほど雨が続き・・・。

 

でもやっぱりなんともない。

秋になり雨が多い日が続くもやっぱり特に問題ない。

 

そして今回の台風。

 

ひさしぶりの台風で身構えていましたが、体調トラブルはありませんでした。

 

そんなわけで漠然としていたことが少しずつ確信になりつつある今日このごろ。

 

データはなく主観ですが。

 

体調イイみたいです。

 

やっぱり自分の身体は自分が一番良く分かるってことなのかも。

健康診断の数値だけにらめっこしてても仕方ない。

 

だって去年の梅雨、私の体調ったら・・・。

 

頭痛も酷かったし、なぜか全身の蕁麻疹におそわれ。

 

ビックリして急いで医者に行ったら呼吸は苦しくないか問われ・・・。

おそらく何らかのアレルギーによりアナフィラキシーショックを疑われたのでしょう。

 

これまでも時々蕁麻疹が出たことはありますが、全身に世界地図を作るようなことはなかったので大変驚いたものです。

 

で、この良好な体調、その理由はやっぱり「油」なのかなあって。

 

これは希望も含めての意見ですが。

 

「台風、低気圧、雨、頭痛、体調不良、油、オメガ3」に関連性があるのかないのか。

 

きっと直接的な要因ではなく間接的なものなのでしょうけど、とにかく体調が良くなっているというのは何よりです。

 

元気_image

 

やっぱり血のめぐりと関係あるのかなあ。

 

とにもかくにも、まあ良かった。

 

台風(気圧)の頭痛なんて、年に何度もあることじゃないしと思っても、辛いは辛いですよ。

 

これは経験したものじゃないと分からないと思います。

 

一つずつゆっくりゆっくりですが、やっていることによって良い方向に向いているような気がします。

 

そういえば意識して良い油を摂るようなって一年経ちました。

 

DHAあるの?かに味噌の栄養って脂質って何でしょうね・・・

先日、かに道楽に行きました。

 

本当に久しぶりにかにを食べまくりました。

 

かにってなんでこんなに美味しいのでしょう。

 

かにのから揚げ

 

この時とばかりに大好物の「かにのから揚げ」も堪能しました。

 

熱々プリプリのかにの身を頬張ります。

 

油?

 

調理用の油として何を使っているかは知りませんが、かにを食べている時くらい目をつむりたいと思います。

 

それにしてもかにってどうしてこんなに美味しいのか。

(本日2回目の言葉)

 

かにの身自体には脂質はほとんど含まれていません。

 

食べても油っぽさを感じませんよね。

実際1%にも満たないくらいの脂質しか持っていません。

 

ただ低脂質ながらその構成や割合を見ると、オメガ6は少なくオメガ3の方がずっと多いです。

 

とは言え、DHAやEPAたっぷりな青魚とは違い、かにだけでオメガ3をまかなえるような量はありません。

 

それにしてもかには美味しい。

(3回・・・)

 

高タンパクで低脂質、ミネラルやビタミンも豊富ですから美容と健康にとってなかなか優秀な食材ですが、なんせ価格がねぇ・・・。

 

後は年末に実家で食べられるかもしれないけど、年に数回が関の山。

 

かにの刺身

↑次はいつになるのか・・・

 

そんな中、かに味噌が登場。

 

カニ味噌焼き

↑脳みそじゃないのよ

 

かにの中で唯一「脂質」をしっかり感じるところと言えばかに味噌でしょう。

 

かに味噌は好き嫌いがハッキリ分かれると思いますが、私は大好きなのです。

 

かに味噌とはかにの肝臓のようなものですから、言ってみればあん肝みたいなものでしょうね。

 

でも「かに味噌は身体に良くないからあまり食べない方がいい」なんて聞いたことありませんか?

 

かに味噌は確かに痛風の原因となるプリン体が比較的多い食材のようです。

でも毎日たくさん食べることはまずないので・・・。

 

またカドミウムという有害な物質が含まれていることも知られています。

厚生労働省「「食品に含まれるカドミウム」に関するQ&A」

 

「エビやカニなどの甲殻類の内臓に蓄積されやすい」とありますから、かに味噌はまさにといった感じ。

 

そもそもレバー的なものは、どういったものでも毒素がたまっているかもしれないです。

 

そういう器官ですもの。

 

ただ年に一度、ちょっとかに味噌をつつく程度ならさほど問題にはならないのではと思っているのですが。

 

それでも気になる人はかに味噌はやめておいた方がいいでしょう。

 

そんな中、一番気になるのはかに味噌の脂質について。

 

ところがかに味噌の栄養成分について、「日本食品標準成分表」にも掲載されておらずなんだかよく分かりません。

 

そこで今回はこちらのサイトのデータを参考にさせていただきました。

あすけん(かに味噌(缶詰め)のカロリー計算)

 

かにの身と違い、かに味噌には脂質がかなり含まれているのは間違いないようです。

 

ただしこの脂質がどういった脂質なのかは分からず・・・。

 

うーん、知りたい。

 

DHA・EPA希望です。

(詳細を記事にできずすみません)

 

ご存知の方、いらっしゃいましたらご連絡をお待ちしています。

 

とにもかくにも、今回は「お楽しみ」としてかにをいただきました。

 

かに味噌については健康上良かったかどうかは・・・まあ置いておきます。

 

 

【子供のオヤツ】他人事とは言えよその子の健康が気になる

子供のオヤツ_image

よそのご家庭のことにはむやみに口を出すことはできないものですが、どうしても気になってしまったのでブログで吐き出したいと思います。

 

誰得!?と思いますが、ちょっとビックリしたのと、よそ様の子供ながら心配になったので。

 

うちの子がある友達の家に遊びに行きました。

 

クラスは別なので(友達の友達からスタート)親御さんのことはよく知らないのですが、外で遊んでいた時に「うちに来て!」となったらしくお邪魔したようです。

 

そしてその日の夕食、まったく食が進みません。

(その日は子供の嫌いな煮物を出したので、好き嫌いで食べないのかとこちらも不機嫌)

 

一応体調が悪いのかと聞いてみたところ、どうやらその友達の家で大量のオヤツを食べてきたのが原因だったよう。

 

・ポテトチップス(海苔とコンソメ)

・チョコレート菓子が複数

・クッキー

・バターロール(イチゴジャム付き)

・アイス(アソートボックス一箱)

・歌舞伎揚げ(おせんべい)

・グミ

 

これらが大量に出てきて食べ放題。

ダイニングテーブルにはお菓子の山が出来ましたとさ。

 

まあ見事な油っぷり、高カロリーぶり。

 

しかも炭酸飲料と甘い紅茶飲料(ペットボトル入り)が飲み放題だったと。

 

色のついたラムネ飲料

 

想像するだけで胸焼けしそう。

 

共働きで家には親御さんがいらっしゃらなかったようですが、そのご家庭ではお菓子をいつでも大量にストックしてあるらしく、特に量の制限はなし、子供が食べたい時に食べたいだけ食べられるそうです。

 

そのことをあてにして(!?)か、お友達もたくさん集まってくるようで、この日もうちの子を含めて8人もお邪魔したようでした。

 

うちの子は初めて行ったのでとてもビックリしてしまったようですが、他の子曰く「いつもこうだよ」と。

 

自分の家ではこんなにたくさんのオヤツが食べられないからでしょうか、さすがに「食べてOK!」となったらそこは子供。

 

満腹になるまで食べてきてしまいました。

 

小学生も高学年になると、交流も広がり全てを親が把握できなくなります。

 

別のクラスで連絡先も知らないし、お礼も文句も言えない状況。

 

親を知っているなら、これだけ食べておきながらでもやんわりとクレームを言ってしまうところです。

 

子供もさすがにこれはマズかったと思ったようで「今度行った時には自分でコントロールする」とは言っていますが・・・。

 

できるのか!?

 

ちなみにそのお子さん、案の定というか体格も立派。

 

そりゃそうだろう。

 

これを毎日やっているとしたら。

 

よそのお子さんとは言え、ちょっと心配になってきます。

大丈夫なのでしょうか。

 

我が家にも子供のお友達はたくさん遊びにきます。

 

うちでは基本的に飲み物は麦茶、オヤツも出しますが、友達が持ってきた分も含めて量は考えます。

 

だって頑張って作った夕食を食べれなくなるのは可哀想(作った人が)。

 

子供だからついお菓子を食べすぎて夕食を食べられないなんてケースは何度か経験するものです。

 

でも基本はいつだって食事。

 

そうしないといつか身体が壊れてしまうかもしれません。

 

あのお子さん、これで毎日夕食はしっかり食べられているのでしょうか。

 

もし食べているとしても明らかにカロリーオーバーだろうし。

 

人の子とは言え、病気にならないかちょっと心配になりました。

 

オヤツは食べちゃいけないわけではないと思います。

 

楽しみというのも子供にとって(大人にさえも)必要ですよね。

 

一度にたくさん食べられない幼児なんかは栄養補給としてもオヤツは大事です。

 

でも内容も量も何も考えずに与えていると、それが当たり前の習慣になってしまう。

 

正直、それが一番怖い。

 

生活習慣病まっしぐらって感じですもの。

 

悪い習慣を改善するのはとても大変なことです。

(なんで悪い習慣ほど魅惑的な事が多いのだろう・・・)

 

子供の「食べたい」という欲求に応えつつも、やっぱり時には心を鬼にしなくてはいけないことってあると思うのです。

 

大入り昔なつかしきなこ棒の油脂成分を見てみる

昔なつかしきなこ棒の外袋

文字通り、昔なつかしいきなこ棒を子供のおやつに購入しました。

 

今回はこちらの油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

 

大入り昔なつかしきなこ棒の油脂成分をチェック

 

今回ご紹介するのは東京・南千住にある株式会社鈴ノ屋さんのきなこ棒。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鈴ノ屋 大入りきな粉棒 10本×10個
価格:1040円(税込、送料別) (2017/10/16時点)

 

 

安いしまさしく昔ながらといった感じの駄菓子ですが、保存料や着色料などは使用していない優しいお菓子です。

 

昔なつかしきなこ棒の説明

 

昔なつかしきなこ棒の栄養成分

 

昔なつかしきなこ棒の原材料

↑見づらくてスミマセン・・

 

おおよそ分かり易い素材だけで作られていますが、トレハロースについては分からない方もいるかもしれません。

 

トレハロースとは天然素材から取り出した甘味料といったところ。

 

ただし甘み自体は砂糖の半分以下のため、どちらかというと甘味料としてより安定剤・保存料のような働きを期待して入れることが多いのだとか。

 

きな粉は国産です。

(ただしどこかは不明)

 

脂質が100g中19.4g、原材料から判断しておそらくきな粉の脂質でしょう。

 

大豆ですからオメガ6がメインですが、オメガ3も多少は含まれています。

 

 

きなこのお菓子は子供も大好き

 

我が家ではきな粉のお菓子を子供によく食べさせています。

 

うちの子は特にきな粉と黒蜜の組み合わせは大好き。

 

葛切り、わらびもちなども好みますし、今回のような駄菓子もよく食べます。

 

昔なつかしきなこ棒1個

 

子供は洋菓子系が好きというイメージですが、和菓子の中で言うと特にきな粉系はお子さんにも好まれる場合が多いのではないでしょうか。

 

うちの子の友達は喜んで食べる子が大半です。

 

鈴ノ屋さんのきなこ棒は食べやすい大きさだし、一つ一つが袋に入っているので、きな粉がポロポロとこぼれるのも防いでくれます。

 

硬くなく、と言って柔らかすぎずちょうどいいです。

 

きなこ棒やきなこねじりは一つ二つ食べるだけで意外と満足感があるみたい。

 

お子さんのオヤツ、そして大人も懐かしさ満載でつい摘まみたくなります。

 

余談ですが、祖父母がきなこねじりをよく食べていたことから、私も子供のころからの懐かしい味としてとても親しみがあります。

 

ただし商品によっては種類が不明な植物油脂が入っているものもあるので、気になる人はやはり原材料をチェックしてみてください。

 

↑あのユーグレナが入ったきなこねじり
植物油脂が入っていますが「国産のこめ油」と明記されています