2017年11月の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

月別:2017年11月

子供がインフルエンザを発症!予防の難しさを実感

病院の受付

今回はあまりオイルとは直接関係ないお話です。

 

子供がインフルエンザAに罹りました。

頭痛と全身の倦怠感で2日間ほどもがいていました。

 

11月になって早々とかかってしまったため予防接種も間に合いませんでした。

 

予防接種に関してはその年によってしたりしなかったり。

 

脳炎などの重症化を防ぐことをメインとしているのはいいのですが、型が合わないと効果が無いという話も聞き、毎年絶対にワクチンを打つと決めているわけではありません。

 

今回はワクチンが効くのか効かないのかはおいておくとして、インフルエンザを防ぐというのはなかなかハードルが高いなあと実感したという話です。

 

またこのブログで書いてきたような「油の改善」がインフルエンザや風邪、その他のウイルス・細菌感染に直接的な効果があるというわけでもありません。

 

ただし「体調を整える」、「丈夫な身体を作る」という意味では油の改善はとても重要ですし、間接的に見ればインフルエンザも含めて地道な活動が功を奏してくると信じてはいるのですが・・・。

 

それを上回るインフルエンザの圧倒的感染力。

 

うがい・手洗いは徹底的にさせているし、もっと見たいというテレビもある程度抑えて早寝(9時から10時の間には寝る)させているし、食事もバランスだけは考えて作っているつもりなんですが、やっぱりかかる時はかかってしまうものですね。

 

ちょっと疲れがたまっているとか、少しストレスが多いとか、ほんのちょっとの気のゆるみや隙間を狙って襲ってくるような気がします。

 

だからあいつら(インフル)には少しのスキも見せてはダメなのです。

 

しかしね。

 

なんだかこの世には予防接種どころか大した手洗いもしないような人が全く風邪もインフルエンザも引かなかったりするケースって良く聞きます。

 

ほら、虫歯なんかもそうでしょ?

 

適当に一日1回しか歯磨きしないけど一度も虫歯になったことがないって人がいたりするものです。

 

これってつまりもともと持って生まれた体質なんでしょうかね・・・。

 

歯の場合は虫歯菌が運良く口の中に侵入しなかった人ってことみたいですが、インフルエンザなどの感染症にかからない人っていうのは、きっと免疫力がものすごく強い人なのかもしれません。

 

うちの子も私達夫婦も予防接種をしても毎年AとBの両方にかかってしまうってほどではありませんが、やっぱり数年に一度はかかってしまいます。

 

じゃあだからと言って、「予防なんて意味ないのでは?」とは決して思いませんけど。

 

災害に対する危機管理だって「なんだ地震全然来ないから避難訓練して損した!」とはならないですし。

 

それにきっと予防しなければもっともっと発症している可能性もあるんだと思います。

 

ただしあまり気を付け過ぎて病気を意識しすぎたりとらわれるのはイケませんね。

でもやはりある程度の予防は大事です。

 

それにしてもインフルエンザ、厄介ですね。

 

発症してしまってもインフルエンザのウイルスと戦えるだけの体力・気力を常に養っておかないといけません。

 

子供は幸いにも2日で解熱し、3日目には元気な身体を持て余してしまいました。

 

後はひたすら学校を休む。

(ほら登校停止だから)

 

この辺はさすが子供の回復力。

 

あ、でも私も夫も子供からうつりませんでしたよ!

 

これだけは本当に良かった。

 

過去にたいてい子供から風邪をうつされると私の方が重症化しているような気がするんですよね。

 

でもインフルエンザの季節はこれからが本番。

 

まだまだ気を引き締めていないといけませんね。

 

 

福楽得のハイカカオくるみの油脂成分を見てみる

福楽得のハイカカオクルミ

某コンビニで見つけた「ハイカカオくるみ」というお菓子。

 

「ハイカカオ」と「くるみ」につられて買ってしまいまいした。

今回はこちらの油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

福楽得のハイカカオくるみについて

 

今回購入した「ハイカカオくるみ」は、、株式会社福楽得の美実PLUSシリーズから発売されているお菓子です。

 

「カカオ70%」に魅かれて購入してみました。

(上記画像参照)

 

美実PLUSシリーズはナッツの他、野菜やフルーツなど自然の素材を活かしたヘルシータイプのお菓子を販売しています。

 

株式会社福楽得の美実PLUSシリーズの公式サイトはこちら

 

 

油脂成分をチェック

 

「ハイカカオくるみ」の原材料を見てみたいと思います。

 

福楽得のハイカカオクルミの原材料

 

ハイカカオらしく原材料の油脂は主に「ココアバター」です。

植物油脂は使われていませんでした。

 

ハイカカオとなっていても植物油脂が入っているものもあるので注意が必要です。

 

福楽得のハイカカオクルミの栄養成分

 

脂質は当然ですが高めですね。

 

原材料としてはココアバターだけですが、そもそもクルミがメインなのでこのような数値になったのだと思います。

 

しかしクルミの脂質の内訳はオメガ3(α-リノレン酸)対オメガ6(リノール酸)がほぼ1対4と、かなり理想的な比率になっています。

くるみのオメガ3含有量は?たくさん食べて大丈夫?

 

ただし現代人の食生活が現在オメガ6にかたむいていることから、クルミだけを考えるのではなく食生活全体の脂質のバランスを考慮しないと、リノール酸の摂り過ぎになってしまうこともあるので注意しましょう。

 

クルミ自体は他にもビタミンやミネラル類を豊富に含むため、とても優秀な食材だと思います。

 

オヤツなどを利用して「適量」とる分にはおすすめできるのではないかと思います。

 

 

味の感想

 

ハイカカオくるみを食べた感想です。

 

福楽得のハイカカオクルミ3粒

 

見た目的にはクルミに真っ黒なチョコレートがかかっていて、変形かりんとう(?)のような感じでしょうか。

 

福楽得のハイカカオクルミを一口かじったところ

 

クルミの食感がとてもいいです。

 

味はハイカカオというだけあって「ほろ苦い」が第一印象。

 

甘さはかなり控えてある感じ。

 

クルミの香ばしさとカカオの香りがほどよくマッチして美味しいですが、あまり子供向けではないかなと思いました。

 

クルミ好きな方と、健康志向な方向けのお菓子といった感じです。

 

ちょっと小腹が空いた時などに数粒摘まむにはちょうどいいと思います。

 

 

オリーブのポリフェノール「オレウロペイン」はインフルエンザに効くのか?

オリーブの葉とオリーブオイル

オリーブオイルに詳しい人にはよく知られている「オレウロペイン」というポリフェノール。

 

いったいどんなポリフェノールでどういった性質を持つものなのかをチェックしてみたいと思います。

 

オレウロペインとは何なのか

 

「オレウロペイン」は主にオリーブの葉に含まれています。

 

オレウロペインのイメージとしてのオリーブの葉

 

その一番の特長は「抗酸化パワー」と言われており、生活習慣病に気を付けている人や美容に気を使っている人が注目しているポリフェノールの一つです。

 

オレウロペインはオイルより葉に多い

 

上記の通り、オレウロペインという物質はオリーブオイルよりもオリーブの葉の中に多く含まれています。

 

このためオレウロペインを含有したオリーブの葉のサプリメントやお茶などが販売されています。

 

オレウロペインはポリフェノールですので独特の苦みがあり、オリーブの葉をそのまま食べるのは味覚の点から言ってもちょっと難しいので、サプリメントやお茶、パウダーにして料理に混ぜたりして摂取するのが一般的。

 

ちなみにオリーブオイルには含まれていないかというと、オリーブの葉ほどではないですが含まれています。

(オリーブオイルの苦みや辛味成分はポリフェノール)

 

ただしそれは精製していないエキストラバージンオリーブオイルのみ。

 

精製したオリーブオイルにはポリフェノールはほとんど期待しない方がいいでしょう。

 

またオリーブの葉からエキスを抽出して作られた基礎化粧品なども販売されています。

 

 

風邪やインフルエンザ対策になるという説は本当か?

 

「オレウロペインの摂取はインフルエンザや風邪などのウイルス対策になる」

 

寒くて乾燥する季節になるとインフルエンザ対策に注目が集まりますが、オレウロペインのパワーを期待する人は上記のような説を聞いたことがあると思います。

 

風邪を引いた犬

 

この根拠として、オレウロペインは菌やウイルスを撃退するパワーを持っているため、風邪やインフルエンザ、その他のいくつかの菌の抑制対策になるということ。

 

もともと地中海諸国では昔からオリーブの葉は民間療法として使われてきたと言います。

 

きっと昔は成分の詳細は分からなくても実体験より分かっていたのかもしれませんね。

 

家庭で手軽にできるインフルエンザ対策の一つとして、オリーブの葉を活用するのはおススメです。

 

ただしあくまでも民間療法、オリーブの葉をとったら絶対にインフルエンザにならないわけではありません。

 

またエキストラバージンオリーブオイルにもオレウロペインは入っていますが、インフルエンザ対策としてならオリーブの葉の方がより効率が良さそうです。

 

とにかくインフルエンザや風邪対策にはやっぱり規則正しい生活と手洗いなどが何より大切。

 

その上でオリーブの葉を有効活用してみてはいかがでしょうか。

 

魚を食べる~鍋の季節がやってまいりました

海鮮鍋

段々と寒さが増している今日このごろ、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

冬と言えば、そう鍋料理の季節がやってまいりました。

 

鍋料理は多くのメリットを持っていますが、このブログと関係ある要素で言えば「魚をたくさん食べることができる」ということ。

 

つまりオメガ3(DHAやEPA)をたっぷりとることがでるということですね。

 

タラや鮭、ブリなどお鍋に合う魚はたくさんあります。

 

我が家の家族は基本的には肉系家族。

 

しかも焼き魚が苦手であまり魚を食べることができないのでいつもメニューが偏ってしまうのですが、鍋に入れる魚は大丈夫。

 

たいていは寄せ鍋にして多くの野菜とともに魚をたくさん食べるようにしています。

 

鍋の場合スープも飲めるし、最後に雑炊にしてしまえば流出してしまったDHAやEPAをしっかり食べることができます。

 

しかも鍋料理は作り手にも嬉しい料理。

 

だってお手軽ですから。

 

鍋一つでできるというのは非常にありがたい。

 

後片付けが簡単なのも嬉しいところ。

 

先日も鮭とタラ、海老と鶏肉を入れた鍋を作りました。

 

野菜も大量に投入。

 

本当は春菊を入れたかったのですが、春菊好きは私だけなので今回はパス。

 

白菜・えのき・しめじ・人参・ネギなどメジャーなものを入れました。

 

寒い時期に鍋をつつきながら家族や親しい人と会話を楽しむのっていいものですよね。

 

そんな中、子供から「次はトマト鍋を作って!」とリクエストが。

 

そう、我が家では寄せ鍋の次に多いのがトマト鍋。

 

トマトベースのスープに魚介はとっても合います。

 

チーズも入れると濃厚な味になりとても美味しく、そして最後はやっぱりトマトリゾットでしょうか。

 

トマトリゾット

 

子供にも喜ばれる味ですのでお子さんのいるご家庭ではおススメですよ。

 

とは言え、あまり頻繁に鍋料理ばかりしているとさすがに飽きます。

 

数年前は一週間に一回は鍋をやっていたのですが、さすがに飽きたのかクレームがきてしまいました。

 

しかも鍋のスープまで残さず食べるとやっぱり塩分が気になるのも事実。

 

そんんな時は大きな鍋料理ではなく、イワシのつみれ汁のようなものでもいいかも。

 

うちの家族も焼いたイワシは全然ダメですが、つみれ汁だったらある程度食べられます。

 

でもつみれ汁って作るの結構めんどうくさいんですよね。

 

私の母はよく作っていたのですが、私が子供のころはフードプロセッサーではなくすり鉢で作っていました。

 

よく手伝わされたのを覚えています。

 

それにしても魚の味噌汁や澄まし汁ってあまり作りません。

 

焼き魚があまり食べられず、煮魚メインの我が家ですが、毎日飲む味噌汁に入れればもう少しレパートリーが増えそうです。

(ちょっと研究してみよう)

 

とにかく冬は暖かい鍋料理や汁ものを有効活用して魚を食べる機会を増やしていこうと思います。