亜麻の種子

亜麻仁油とは、亜麻の種子から取ったオメガ3系のオイルです。

黄色っぽい色をしていてα-リノレン酸を多く含んでいます。

 

亜麻仁油の成分

 

日本食品標準成分表で亜麻仁油の成分を見てみると、α-リノレン酸の含有量は次のようになっています。

 

α-リノレン酸・・・57000mg(57g)

(可食部100g当たり)

 

この通りオメガ3であるα-リノレン酸をたくさん含んでいることが分かります。

ちなみにえごま油は58000mg(58g)ですから、ほぼ同じ含有量と言えるでしょう。

 

その他、リノール酸が14000mg(14g)、オレイン酸が15000mg(15g)となっています。

 

脂肪酸以外の成分でいえば、ビタミンEが約40mg、そして女性ホルモンに似た働きをするという「リグナン」というファイトケミカルも含まれています。

 

亜麻仁油のおススメポイントとえごま油との違い

 

亜麻仁油のおススメポイントとしては、もちろんα-リノレン酸を多く含んでいるということが第一に挙げられます。

 

血液がサラサラになりたい

脳細胞の健康を維持したい

アレルギーやガンといった病気の対策したい

 

そんな人におすすめなのがオメガ3系脂肪酸、その一つがα-リノレン酸です。

 

亜麻の種と亜麻仁油

 

その含有量はえごま油と並んでトップレベル。
オメガ3系オイルを摂取したい人には、効率よく摂れるオイルとしておススメです。

 

加熱には向かないので、ドレッシングなどそのまま生の状態でいただきます。
私はヨーグルトにかけて食べるのがお気に入りです。
亜麻仁油とヨーグルト~かけただけで味検証

 

そしてもう一つ、上記に挙げました「リグナン」というファイトケミカル。

 

植物エストロゲンであるリグナンは、体内で女性ホルモンに似た働きをするため、女性ホルモンが減少することで発症するさまざまなトラブル対策に有効と言われています。

 

特に欧米では、更年期障害やPMS(月経前症候群)、骨粗しょう症などの方には人気のようで、オイルが苦手でもサプリメントで摂取する人も多いのだとか。

 

どちらかというと女性特有の疾患に向いていますが、女性ホルモンを調整した方がいいとされている男性のトラブルというものもあります。

 

こんなケースにもリグナンを含む亜麻仁油はおすすめできるでしょう。

 

※リグナンを含まない亜麻仁油もあります。購入する際にはリグナンが入っている商品かどうか確認した方がいいと思います。

ショック!亜麻仁油にリグナンは含まれていない!?

 

α-リノレン酸を摂取するという意味では、えごま油とほぼ同じ含有量ですからどちらを選んでも構わないと思います。

 

後は味の好みやそれ以外の成分をチェックして決めるというのも一つの方法です。

 

上記のような悩みを抱える人は亜麻仁油を、アレルギー疾患を持っている人はロズマリン酸やルテオリンというアレルギーの緩和が期待できるえごま油を、といった選択肢もあります。

 

それぞれに特徴やメリットが多少違いますから自分の体調に合った、そして目的により近いオイルを選んでみてください。

 

とりあえず亜麻仁油は多くの人の健康維持におすすめできるオイルだと思います。

 

参考文献:読むオイル辞典 YUKIE

 

参考記事
えごま(荏胡麻)油について