植物プランクトン

DHAやEPAをとりたい人は多いと思いますが、いくつかの理由で上手にとれない人がいるのも事実。

 

そこでそんな人を中心に最近注目度が高まっているのが植物由来のDHA、いわゆる「ボタニカルDHA」というものです。

 

ボタニカルDHAとは?

 

「ボタニカル」とは、「植物の」という意味です。

 

最近は「ボタニカルシャンプー」など植物を原材料とした商品がたくさん売られていますよね。

 

ボタニカルDHA、つまり植物由来のDHAということですが、DHAやEPAと言えば主に魚に含まれているため動物由来のものなのでは?と思われるかもしれません。

 

でも魚のDHAやEPAはもともと植物プランクトンが持っているα-リノレン酸が動物プランクトンの体内に入ることによってDHAやEPAに変換されたものだと知りました。

DHAやEPAってどこからきたの?海の食物連鎖は凄かった

 

そこで更に疑問。

 

α-リノレン酸はDHAやEPAのようにオメガ3系脂肪酸ではあるけれど、DHA・EPAそのものではありません。

 

植物(プランクトン)の体内にある時はα-リノレン酸、動物(プランクトン)の体内に入ることによってDHAとかEPAに変換されるとすれば、結局動物由来しかないのでは?などとチンプンカンプンな私は思ってしまいます。

 

そこで調べていくうちに分かったこと、カギとなるのがラビリンチュラ類という微生物でした。

 

ボタニカルDHAについては、甲南大学の本多大輔教授のもとで非常に研究が進んでいるようです。

 

海の食物連鎖の過程では、「植物プランクトンのα-リノレン酸→動物プランクトンがDHA・EPAに変換→魚が食べて蓄積」といったルートが言われてきました。

 

でもそれだけではないようです。

 

海の中には「ラビリンチュラ類」という微細藻類に属する生物がいて、その一部にDHAを作りだすものがあるということ。

 

それを動物プランクトンや魚が摂取することで蓄積されていく(ラビリンチュラループ)ルートがあるのだそうです。

 

その微細藻類が持っているDHAこそが「ボタニカルDHA」であるという事。

 

一応ラビリンチュラ類は昆布やワカメの仲間と定義づけられています。

 

海藻

 

また培養可能であることから魚だけにたよる必要がなくなり、魚を食べられなかった人もDHAを摂取することができるということになります。

 

それにしても海の中の微生物って、植物でありながら動物っぽい特徴を持つものがあるのですね。

ミドリムシもそんな感じです。

 

ラビリンチュラ類の詳細に関しては甲南大学の研究サイトに載っています。

 

私も読みましたが、ちょっと難しくこれ以上説明ができそうにありませんので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

 

植物由来だと何がいいの?

 

そもそも魚は私達人間同様、体内でDHAやEPAそのものを作ることはできません。

 

魚もまたエサを食べることによってその体内にDHAやEPAを「蓄積」させていっているだけです。

 

だから小さい魚より大きい魚の方がたくさんDHA・EPAを持っているケースが多いのですが、蓄積するものが有効な成分だけとはいかないのです。

 

つまり大きい魚ほど、メチル水銀のような有害物質も多く持っているということ。

 

すると魚を食べる時はDHAやEPAだけではなくこういった人体にとって有害な物質も一緒にとってしまいます。

 

だから妊婦さんや赤ちゃんには注意と言われるのですね。

 

そこで最近非常に注目度がアップしているのが植物由来のDHA「ボタニカルDHA」というわけです。

 

ボタニカルDHAのメリットは主に次のようなものがあります。

 

・魚に蓄積されている有害物質をほぼ含まない(赤ちゃんや妊婦さんにおすすめ)

・ベジタリアンなど魚が食べられない人でもOK

・魚アレルギーの人でもOK

・α-リノレン酸のように変換率を考えなくて済む?

 

アメリカでは赤ちゃんの粉ミルクにもボタニカルDHAが使われているそうです。

 

そして上記のようなメリットがあるとすれば今までDHA・EPAを摂取できなかった人にとってはかなり嬉しいですよね。

 

私も植物由来のDHA(ボタニカルDHA)、ぜひとってみたいです。

 

これからもどんどんボタニカルDHAの研究は進んでいくと思います。

 

今、話題の植物性のDHA。健康家族のDHA&EPA

 

 

実際にボタニカルDHA・EPAを試した記事はこちら↓

海藻由来「かしこく摂りたいDHA&EPA」のメリットはこれ!