ドラム缶(油の廃棄のイメージ)

油の廃棄に関してはそれぞれの自治体の指示にしたがってください。

 

その上で一般的で簡単な油の捨て方というものを見てみたいと思います。

 

固める

 

油を捨てる方法で一番メジャーなものは凝固剤を使う方法ではないかと思います。

 

 

基本的な使い方として、油が冷めないうちに凝固剤を投入し、冷めると油が固まるという仕組み。

 

そのまま可燃ゴミとして捨てられます。

 

油の量に対する使用目安量があるので、ケチらずにその通りに入れましょう。

 

わたしは量が少なかったのか、中途半端に固まって上手に捨てれなかった経験が複数回あります。

 

みなさん、画像のようにキレイにフライパンの形に固まってとれるのでしょうか。

(私が不器用なのか・・・)

 

でも確かに簡単だし、しっかり固まれば一番手間なくキレイに処理できそうです。

 

吸わせる

 

私が最近使ってみたのがこちら。

 

 

こちらは冷めた油に使う吸収材です。

 

吸いとるんです一個

↑こっ!これは・・・

 

冷めた油に浸すと、一個で130mlの油を吸収できるというもの。

 

吸いとるんですに油を吸わせたところ

↑なるべくたっぷりと

 

吸い取ったらビニール袋などに入れて捨てるだけです。

 

捨てる時にどうしてもポタポタとしずくが落ちてしまうのが欠点といえば欠点。

 

油の量にもよりますが、揚げ物などですとおそらく一度に複数個(5個以上の場合も)使うことになると思います。

 

家にあるものを利用する

 

上記のような商品を使わなくてもご家庭にあるアイテムで処理できる場合もあります。

 

新聞をとっているご家庭でしたら、クシャクシャにしたり破いたりして吸収性を高め、十分に冷めた油を吸わせます。

 

私もたいてい新聞紙を利用しています。

 

ただし油の海に新聞紙の島が浮くというほど油の量が多い時にはやめた方がいいかも。

 

外側は丈夫なビニール袋を二重にするなどで漏れないようにし、しっかりと縛ります。

 

縛る前に「水」も入れておくと自然発火を防げるので安心です。

 

もし牛乳をパックで購入しているご家庭でしたら、保管しておけばお金のかからない油の廃棄ができるでしょう。

 

牛乳パックの中に新聞紙を詰めて冷ました油、そして水も一緒に流し込みます。

 

牛乳パックにより油の廃棄

 

最後に牛乳パックの口をがっちり密閉します。

(布のガムテープかビニールテープがおすすめ)

 

牛乳パックの強度はなかなかですから、これが一番スマートでお金のかからない捨て方かもしれません。

 

油を捨てる時の注意点

 

当たり前ですが、面倒だからと流しから油をザっと捨てるのはNG。

 

環境を汚染しますし、排水管が劣化したり詰まったりする原因にもなります。

 

排水として流すタイプの油処理剤もあるようですが、おすすめできません。

 

【東京都消費生活総合センター「排水として流すタイプの油処理剤」(PDF)】

 

9.都民の皆さまへのお願い

「流すタイプの油処理剤」を食用油と混ぜて下水道に流すことはやめましょう。

食用油は、できるだけ使いきり、残った食用油は新聞紙等にしみ込ませるなど、ごみとして捨てるよう心がけましょう。

 

また夏場など暑い時期は自然発火のおそれもあります。

 

専用の商品を使う場合には使用方法をしっかり読む、自分で処理する場合には上記に書いた通り「水」を入れるなどの対応をした方がいいでしょう。

 

 

別の角度からの対処法

 

揚げ物などの場合、油はある程度多めの量を使った方が美味しくそして上手にできることがあります。

 

とは言え、まったくの目分量で必要以上に油を入れるのはちょっと待った!

 

食材や調理法に対する油の適量をしっかり把握し、できるだけ余分な油を使わないようにするというのも大切です。

 

本来ならできるだけ少ない単位で油を購入し、新鮮な状態で早めに食べ切る・使い切るのが理想的。

 

その方が酸化も防げるし健康上のメリットもありますが、揚げ物などで大量に使った油は保管して何度か再利用した後に廃棄するというご家庭も多いでしょう。

 

「捨てる油」はどうしても出てしまいます。

 

ベタベタして処理が面倒な油ですが、やっぱり環境のことを考えるのは大切。

 

自治体の指導や推奨されている捨て方をするのが一番です。