ゴキブリは油が好き。

 

これはよく知られた事実です。

 

江戸時代、ゴキブリ(ゴキカブリ)を退治するのに傘を使っていたという話は以前テレビ番組で見たことがありました。

 

昔の傘は紙でできているのですが、雨(水分)をはじくために油のぬった紙を使っていたと。

 

そこで傘を部屋の中に置いておくと、油好きのゴキブリが傘にくっついてくるのでそのまま捕獲、もしくは外に持っていき振り落とすことで駆除していたとかなんとか。

 

なんだかいたちごっこのような気がするのですがね。

 

とにかくゴキブリは油が好きなのです。

 

そしてもしかしたらゴキブリ以外でも油が好きな虫はいるかもしれません。

 

そこで油の保存。

 

どんな油でもしっかり封をして保存することは酸化から守るという面でとても大事ですが、「害虫などが入らないように」という意味でもとても重要なポイントです。

 

おそらく元々のボトルや缶などはしっかりした封ができるようになっているはずです。

 

ですがうっかりフタが曲がっていたりして知らない間にとれてしまっていたなんて悲劇もなくはないはず。

 

冷蔵庫に入れておけばゴキブリの被害には合わないでしょうが、戸棚などに入れておくご家庭の場合は細心の注意をしないといけません。

 

さらに注意しないといけないのは、サラダ油など一度使った油を再利用するために保存容器(オイルポット)に入れておくケース。

 

形態もさまざまでしっかり密閉できるものもあれば、文字通りポットのように注ぎ口が開いているものもあります。

 

また素敵なボトルやポットにあえて移し替えて食卓に置いているケースもあるでしょう。

 

ゴキブリは臭いに敏感ですから少しでも油が漏れていたりするときっと嗅ぎつけてくるでしょう。

 

油にまで到達できなくてもその周りに寄ってくる可能性は大いにあります。

 

ポットに何匹かくっ付いていたなんて、遭遇したら悲鳴ものです。

 

またゴキブリはかなり狭い隙間でも入り込む性質があるので少しも油断ができません。

 

もっともゴキブリが油に落ちてしまうとおそらく窒息して死んでしまうと思いますが、気がつかないでゴキブリが浸かった油で調理するはめになってしまったら・・・。

 

想像しただけで悪寒が走りますよね。

 

特に普段からゴキブリが出るご家庭は注意してくださいね。

 

我が家では、一度使った油を保存していません。

 

これは賛否両論あると思いますが、適切に処理して廃棄しています。

(まあもともとあまり揚げ物をしない家なので。)

 

ちなみに油は油でもヒバ油はゴキブリが嫌う油です。

 

青森ヒバ100%ピュアオイル20mlボトルタイプ

 

ヒバ油は青森ヒバからとれる貴重な油ですが、害虫や雑菌等には非常に力を発揮します。

 

もっともヒバ油は食用ではありませんのでその点はご注意を。