三之助の油揚げ

油揚げってそんなに頻繁に買うことはないですが、あるのとないのでは全く違う、おかずの味がひと味もふた味も違ってくる素材だと思います。

 

でもあの油、ちょっと不安になったことはありませんか?

なんだかベタベタしているし身体に悪そうなイメージを持ったことがあります。

 

そこで今回のテーマは油揚げについて。

 

少し手間な「油抜き」のメリットに関しても書いてみたいと思います。

 

油揚げを揚げている油の正体とは?

 

近所のスーパーをざっと見たところ、油揚げも価格的にピンキリで安いものは数十円、高いものだと300円くらいの値段で売っていました。

 

肝心の油もしっかり種類を明記してあるものからただ植物油脂となっているものまで。

 

各メーカーのサイトも含めて確認してみたところ、分かったものでは米油や菜種油などを使っているものが多いように思いました。

 

三之助の油揚げの原材料名

↑三之助(みのすけ)の油揚げの原材料

「菜種油」と明記してあります

 

私は最近三之助の豆腐にハマりまして、本日買った油揚げも三之助を買ってしまいました。

 

三之助の油揚げの説明

 

三之助の油揚げや豆腐は原材料が明確で安心感があります。

 

三之助の豆腐

↑三之助の絹ごし豆腐

喉ごしが良く冷奴として食べると最高です

 

 

油抜きって必要なの?

 

油抜きのメリットはいくつかありますが、主に次のようなことです。

 

・油の鮮度や質が不明のため健康上のリスクを減らすことができる

・カロリーが減る

・油の臭みが減る

・味が染み込みやすくなる

 

油揚げですから、当然油を全部抜いてしまっては意味がありませんが、ある程度油を抜ことで上記のようなメリットがあります。

 

私がしている油抜きの方法はざるにおいた油揚げにたっぷり熱湯をかける方法です。

 

油揚げの油抜きをするところ

 

やかん一杯にお湯を沸かし、裏表均一に丁寧に熱湯をかけていきます。

 

この他の方法として鍋の中でゆがく方法もあります。

 

どちらにしても熱湯の処理をしますから、水気を絞る時は冷めてから行いましょう。

 

ちなみに三之助の油揚げは「油抜きをしなくてもOK」となっています。

使用している菜種油の品質に自信を持っているのでしょう。

 

ただし私自身は菜種油を特に必要ないと判断しているため軽く抜いています。

 

 

油揚げを入れた煮びたしはやっぱり一味違う

 

わが家では頻繁に油揚げを食べることはありませんが、油揚げを入れた料理は確かに美味しいと思います。

 

例えば小松菜の煮びたし。

私の大好物です。

 

小松菜と油揚げの煮びたし

 

油揚げがないと、なんとも寂しい味になりますよね。

 

子供はワカメと油揚げの味噌汁が好きですし、夫はサッとあぶった油揚げが好きです。

 

その他、抱き込みご飯、いなり寿司など油揚げがないと困る料理はたくさんあります。

 

油抜きってほんの少し面倒だなと思うこともありますが、ひと手間かけるだけでやっぱり身体にも美味しさにもメリットがあると思います。

 

特に油の種類がよく分からない場合は油抜きをすることをおすすめします。