アレッポの石鹸

「アレッポの石鹼」という有名な自然派石鹸があります。

 

1000年以上も歴史があるこの素晴らしい石鹸を私は使い続けているのですが、実は原材料にオリーブオイルが使われているのです。

 

今回はそんなアレッポの石鹸の使用感をレポートしてみたいと思います。

 

長い歴史を持つ「アレッポの石鹼」とは

 

アレッポというのはシリアの都市の名前です。

古代から非常に栄えた町で、1000年以上も前からアレッポではこの石鹸を作っていたというからとても歴史ある石鹸なのです。

 

アレッポの石鹸の原材料はとてもシンプル。

オリーブオイルとローレルオイル(月桂樹オイル)、苛性ソーダと水です。

苛性ソーダはほとんどすべての固形せっけんの材料ですが、それ以外は二つのオイルのみになります。

 

その他の添加物は一切入っていない超自然派の石鹸です。

 

この地域は地中海に面していて古代よりオリーブや月桂樹の実がたくさん採れる土地でした。

このことから自然とオリーブオイルとローレルオイル入りの石鹸が生まれたのかもしれません。

 

オリーブオイルのオレイン酸は人間の皮膚と非常に親和性が高く、潤いを残しつつしっかりと洗い上げることができるといいます。

 

また、ローレルオイルは殺菌・消臭対策ができると言われており、この二つがミックスされた石鹸は、肌をしっとりとそして清潔に保つのに有益ではないかと思います。

 

アレッポの石鹼は昔ながらの釜焚きで作られています。

そのため過程でできるグリセリンもたっぷり入っています。

グリセリンはお肌の保湿に有効です。

 

そしてなんと、作ってから数年も熟成させるという手の込みよう。

その間にエメラルドグリーンだった色が茶色に変化していきます。

 

アレッポの石鹸の断面図

↑切ると中は美しいエメラルドグリーンをしています

 

アレッポの石鹸はその後ヨーロッパに広がり、今では世界中で大人気となりました。

その使い心地の良さや無添加自然派なところが評価され、日本でも多くの熱狂的アレッポ石鹸ファンがいるのです。

 

ちなみに使っているのはエキストラバージンオリーブオイルではありません。
古代の生活の中から生まれた石鹸ですから、おそらくエキストラバージンオリーブオイルは普通に食べたのではないでしょうか(笑)

残った搾りカスを無駄にせずそこから石鹸を作っていったと思われます。

 

二番しぼりですが、かえって「スクワラン」という成分を多く含んでいます。

「スクワラン」はお肌のダメージ対策に有効と言われていて、多くの基礎化粧品等に使われています。

 

アレッポの石鹼を実際に使ってみた感想(口コミ)

 

私は以前からアレッポの石鹸をよく使ってきました。

実際、今も使っているのですが、主に身体を洗う石鹸として使っています。

 

現在使っているアレッポの石鹸

 

カタツムリではありません。

私が現在使っているアレッポの石鹸です。

 

使っているうちに角がとれてすっかり丸くなってしまいました。

アレッポの石鹸は丸々1個ですと結構大きいので4等分に切って使っています。

 

かなり硬い石鹸なので、切れない時は短い時間レンジでチンする人もいます。

 

この石鹸、夏には溶けやすくドロドロになることがあるので、石鹸置きよりも網に入れてつるしておくといいかもしれません。

常に乾燥させておくのが大切です。

 

冬は硬くて非常に持ちがいいです。

(今は冬なので全然減らないです)

 

泡立ちですが、ただ手で石鹸をこするとこんな感じです↓

 

手で石鹸をこすった時の泡立ち状態

 

あまり泡立ちが良いとは言えません。

ただしこれでも十分に身体を洗うことはできます。

 

もし泡が欲しい場合は、やはり泡立てネットのような網系を利用するのが一番です。

 

石鹸ネット

 

するとこんなに泡立ちます。

 

アレッポの石鹸の泡

 

アレッポの石鹸は洗髪にも利用できるのですが、泡が欲しい場合は一度このようにグッズで泡立ててから洗うといいと思います。

 

通常のシャンプーよりは泡がヘタれますが、洗浄力という点では十分に洗うことができます。

 

いわゆる石鹸シャンプーのようになりますから、その後はクエン酸系のリンスをしたほうがいいと思います。

 

ない場合はお酢でOK。

お酢のニオイがしますが、乾かすころには消えているので大丈夫です。

 

身体(顔も含む)を洗ってみた感想としては、洗い流した直後のサッパリ感が好きです。

 

まるでキュッキュッと音がしそうなほどスッキリします。

ところが不思議なことに、あまりツッパリ感はないのです。

 

サッパリするが突っ張らない。

この違い、お分かりになるといいのですが・・・。

 

匂いに関しては、香料などは入っておらず独特な匂いがいます。

表現は難しいですが、オイル系の匂いに感じます。

 

イヤな匂いかと聞かれれば、私は個人的にはすごく好きな匂いなのです。

が、子供は嫌がります。

とても自然な香りなのですが、きっと好みが分かれるでしょう。

 

オールマイティーで自然派でコスパは抜群

 

アレッポの石鹸は、身体も顔も髪も全て洗うことができます。

つまりやろうと思えば、顔を洗っている延長線で髪の毛も洗えるということです。

 

一つの石鹸でかなり長期間持ちますから、コスパはかなり高いと思います。

 

そしていわゆる「石鹸」ですから、食器洗いにも衣類の洗濯にも使えます。

 

私は普段は食器洗いや洗濯には使っていませんが、イザとなったら使えるので心強い存在です。

 

このようにかなりオールマイティーな、そして天然自然派で人にも環境にも優しい石鹸、それが「アレッポの石鹼」です。

 

アレッポの石鹸はこちら

 

※ノーマルタイプとエキストラタイプはオリーブオイルとローレルオイルの配合量が違うだけです。
ノーマルタイプの方がオリーブオイルが多くしっとりマイルドな仕上がり、エキストラタイプはローレルオイルが多くしっかり洗いたい人により向いています。