アリーガを卵かけご飯にかける

ここのところ食べていなかった卵かけご飯を久しぶりに食べました。

 

最近お気に入りのアリーガという亜麻仁油。

 

加熱調理OKということで、私も今まで調理メインで使ってきました。

 

今まで作ったのは、豚丼、チャーハン、野菜炒めなど。

 

アリーガは結構こってり系の料理にも合うと思う。

偶然ですが全てお肉を使った料理でした。

 

でもきっとお魚料理に使っても問題ないどころか、もしかしたらお魚の方が親和性が高いかもしれません。

 

そんな中、オイル生食の基本である「かける」、「まぜる」でさらに生食の王道である卵かけご飯にアリーガを使ったらどうだろうと。

(久しぶりに卵かけご飯を食べたくなっただけですが)

 

そんなわけで今回は卵かけご飯にアリーガをかけて食べてみました。

 

 

アリーガとは独自の技術により加熱調理が可能になった画期的な亜麻仁油です。

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

加熱調理に使ってもオメガ3が壊れないだけではなく、味の違和感も感じないし加熱時のオメガ3オイル独特の臭いもほとんどありません。

 

これによりリノール酸(オメガ6)メインだった今までの調理用の油を楽々とα-リノレン酸(オメガ3)に変えられるのではと期待。

 

そんなアリーガですが、もちろん今まで通り生食として食べてもOK。

 

卵かけご飯にはクセのあるオメガ3オイルでも大丈夫なのは何度も食べて知っています。

 

今回も全く問題ないだろうということでさっそく作ってみました。

 

アリーガを入れた卵かけご飯

↑卵と醤油、そしてアリーガを入れて混ぜる

 

ご飯に生卵と醤油を落としてアリーガを入れるとフワッとかすかに草原の香り(→私が勝手にそう言っているだけ)がします。

 

決して強い香りではないのですが「あら?どこからか自然の風が・・・」と、一瞬思うような感じ?

 

ちなみに私は卵かけご飯をよく混ぜるタイプ。

 

卵の白身がハッキリ分かる状態で軽く混ぜる方もいると思いますが、私は白身と黄身がしっかり混ぜ合わされた方が好きですね。

(絵的には混ぜる前の画像の方がキレイだったかも・・・)

 

この辺はお好みで。

 

そして味はどうかというと、黄身のコクが一段とグレードアップして美味しいのなんのって!

 

食べてみると分かりますが、アリーガの味はナッツに近いコクがあるのが特長です。

 

そのまま飲むと少し苦味があるのですが、醤油と混ぜることで苦味は全くといっていいくらいどこかへ行ってしまいました。

 

そしてコクだけが残る。

 

それが美味しさの秘結。

 

他の亜麻仁油でも卵かけご飯は十分美味しかったのですが、どちらかというと亜麻仁油のクセが消えただけで喜んでいた私。

 

アリーガは卵かけご飯をワンランク美味しくしてくれた、ある意味、影で支える調味料的な役割を果たしてくれたような気がします。

 

加熱調理に使えるというだけでかなりポイントが高いオメガ3オイルでしたが、美味しさの点でも私の好みに合っていたようです。

 

良かったらみなさんもお試しください。

 

参考記事

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ