亜麻仁の種子を初めて購入してみて、その意外な美味しさにビックリするとともに、外の殻の硬さが気になりました。

 

亜麻仁の殻(外皮)は非常に硬くて、かみ砕こうとしても歯の隙間から逃げていくものも多いと思ったからです。

 

亜麻の種子を丸ごと食べると、食物繊維やリグナンもまとめて摂取できることからもしかして亜麻仁油として食べるよりもいいのではないかと思ったのですが、肝心の消化吸収が悪いとなれば話は別です。

 

はたして亜麻仁の消化状況はいったいどの程度なのでしょうか。

 

日本アマニ協会に質問してみた

 

亜麻仁の消化吸収率がどのくらいなのかよく分からなかったので、日本アマニ協会さんに質問してみました。

日本アマニ協会

 

日本アマニ協会さんは、一般の消費者に向けてアマニの普及と正しい知識の提供を目的として設立されているそうです。

 

それでは遠慮なく・・・ということでさっそく「お問い合わせ」からメールを送ってみました。

(ご返答いただきありがとうございました。)

 

質問はもちろん「アマニの消化吸収率はどのくらい?」ってこと。

 

すると以下の内容の答えをいただきました。

 

アマニの外の皮はやはり硬いため、そのままの状態で食べるならできるだけしっかり咀嚼しないとそのまま体内を通過してしまうそうです。

 

胃袋

 

ですから、消化吸収を第一に考えるならやっぱり「粉末(パウダー)」の方が良いということでした。

 

ああ、やっぱりそうですよね・・・。

なんとなく予想はしていましたがやはりあの殻はなかなか手ごわいようです。

 

できれば消化吸収率をパーセンテージにてご回答いただきたかったですが、残念ならがそこまではお答えいただくことができませんでした。

 

一見硬いような殻でも案外消化されるタイプの食材もあるかもしれませんが、アマニに関してはそうではないってこと。

これだけはハッキリしました。

 

また、私が購入した粒タイプも粉末タイプも亜麻仁油同様やはり酸化は早いようです。

 

開封後の保管は冷蔵庫か冷凍庫がおすすめとのこと。

 

もちろんできるだけ早めに食べ切ってしまうのが良いということでした。

この辺の目安は亜麻仁油と同じでいいのではないでしょうか。

 

粒や粉末も長期保存しておくと酸化して魚臭がしてくるのかもしれません。

(ちょっとやってみようかな・・・)

 

酸化と手ごろさの葛藤・・・

 

ここからは私の主観が入ります。

 

例えばゴマの吸収率が悪いのは有名で、そのまま食べるとやはり消化されずに排出されてしまうといいます。

 

そこでスリゴマの登場となるわけですが、スリゴマはイリゴマ(粒のまま)と比べると酸化しやすいため、一番良いのはイリゴマで買ってきて家でするのがベストだと聞いたことがあります。

 

実際私も家でゴマダレやゴマドレを作る時はイリゴマを買ってきてすり鉢ですっていました。

 

つまりこれってアマニも同じことなのでは?

 

アマニは本来は酸化しやすい食物。

でも皮が硬いということは、ある意味内部の栄養素がある程度空気に触れずに守られている状態ではないかと思うのです。

 

ですから粉と粒を比較すれば、粒の方が酸化から守られているのでは・・・。

この辺はあくまでも私の推測ですが。

 

もしそうだとすると、一番良いのはアマニの粒を買ってきて食べる度によくすり潰すってことなのでは・・・。

 

すり鉢

 

私が嫌いで苦手な作業ですね・・・。

 

まとめ

 

亜麻仁の摂り方で一番効率の良い方法を考えてみましたが、結局「絶対コレ!」っていう結論は出せませんでした。

 

ただオイルとして食べるなら「一番搾り、コールドプレス、未精製のもの」を選ばないと栄養が減ってかつ余計な副産物が含まれる可能性があります。

 

また亜麻仁の粒を食べるなら、食べる分だけよくすり潰すか、粒が口内で逃げ回るのをひたすら追いかけてよく噛み砕くということが大事になってきます。

 

そして粉末(パウダー)を食べるなら、より保存方法に気を使い早目に食べ切るというのが良いと思いました。

 

どのタイプの亜麻仁を食べるかは、それぞれお好みや調理法、何を優先させるかによって選ぶということになるでしょうか。

 

ちなみに私はこれから色々なタイプのものを試そうと思っています。

(まだ粉末食べていないし)

どれが一番自分に合っているのか、探っていきたいと思います。