ブロッコリーに亜麻仁油和風ドレッシングをかけたところ

我が家のドレッシング&マヨネーズ改革の一つとして今回はアマニ油で和風のドレッシングを作ってみることにしました。

 

亜麻仁油の和風ドレッシングのレシピ

 

我が家で作る「亜麻仁油の和風ドレッシング」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・亜麻仁油・・・大さじ1

・醤油・・・大さじ1

・砂糖・・・大さじ2分の1

・酢・・・大さじ1

・タマネギ・・・4分の1

・亜麻の種子(粒)・・・適量

 

作り方

 

1.タマネギをすり下ろし1分~1分半ほどレンジでチンしよく冷まします。

 

すり下ろしてレンジでチンしたタマネギ

 

2.亜麻の粒はそのままでもいいですが、簡単にすっておくとより香ばしさが出て美味しくなります。

 

亜麻仁をすり鉢でする

 

3.冷めたタマネギと他の材料とよく混ぜたら完成です。

 

ブロッコリーで食べてみた

 

今回、夕食のサラダにかけるために亜麻仁油の和風ドレッシングを作りましたが、まずは味見としてシンプルにゆでたブロッコリーにかけて食べてみました。

(一番上の画像)

 

私が使った亜麻仁油は紅花の有機亜麻仁油ですが、そのままだと少しクセを感じるタイプのものです。

紅花「有機亜麻仁油」を買う

 

ですが今回はタマネギと醤油の風味がほどよくカバーしてくれていました。

(タマネギはいいと思う)

 

そしてダブル亜麻仁ということで、亜麻の種子を入れてみました。

こちらの香ばしさもプラスされたのでなお美味しさが際立ちました。

 

しかし上記の分量ですと、若干甘味があるドレッシングが出来上がります。

そして子供は「美味しいけど少し味が濃いね~」なんて言っていました。

 

この辺は、もうお好みでバンバン調整してくださいね。

私も味見をしながら少しづつ加えていきました。

 

また今回使った亜麻の粒(種子)はこちらになります。

リグナン入り「ニップン ローストアマニ粒」を食べた感想

 

もちろんゴマでもいいと思いますが、今回は家に亜麻仁があったので使ってみました。

 

ローストした亜麻の粒は非常に香ばしく美味しいのですが、粒のままですから消化は良くありません。

亜麻仁は消化が悪い!一番良い食べ方を考える

 

なので今回はすってみました。

こうすることにより消化も悪さも解消し、更に風味が増して美味しくなります。

 

もしそのまま粒状で使う場合はよく噛んで食べるようにした方がいいでしょう。

 

またタマネギは辛味を緩和するためにレンジで少し加熱しましたが、亜麻仁油は熱に弱いので念のため混ぜる時はタマネギがしっかり冷めてからにした方がいいと思います。

 

亜麻仁油の和風ドレッシングの保存期間はどのくらい?

 

亜麻仁油はオメガ3系のオイルで酸化しやすい油です。

 

開封した亜麻仁油は冷蔵庫で保存して約1か月以内に使い切るようにというのが定説ですが、今回は手作りしたドレッシングですので、私はその都度使う分だけを作るのがベストだと思います。

 

もしくは翌日くらいでしょうか。

(だから面倒でやりたくなかったのよね・・・→本音)

 

もちろん保存する場合は密閉できる容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。