寿司をみんなでつつく

以前も記事にしたことがあるのですが、実家の両親はここ半年ほど生魚を食べていないそうです。

 

以前はお刺身やお寿司が大好物だったのですが、それほどまでにアニサキスを恐れているということでしょうか。

 

生魚はアニサキスが怖い!?DHAとどっちをとる?

 

新年の挨拶に夫の実家にお邪魔し豪華なおせち料理を堪能した後、我が実家にむかいました。

 

そして再びご馳走になったのですが、たまたまお寿司の話になり・・・。

どうやら未だに生魚類は食べていないとうことでした。

 

食べているのは焼き魚がほとんど。

 

まあそれでも魚は食べているわけですし別に深刻な問題はないのですが、ちょっと極端かなと思いまして。

 

このような徹底した生魚排除はどちらかというと父のほう。

 

母はそこまでやらなくても・・・と思っているようですが、何もそれを押しのけて強行するようなことでもないので父に合わせているということでした。

 

アニサキス中毒。

 

糸くずみたいな寄生虫が原因で強烈な腹痛や嘔吐を引き起こすのだとか。

確かにかかりたくはありませんね。

 

ちなみにスーパーなどお店で購入した刺身を食べてアニサキス症にかかる可能性ってどのくらいあるのでしょう。

 

おそらく冷凍処理(-20℃で24時間以上)をしっかりやっていると思うのですが。

 

ただ丸ごとのお魚を購入してきて自分で内臓をとって・・・となると怖いですけど。

(それでも火をしっかりとおせば大丈夫です)

 

私の場合、家族も含めて釣りをしないので、釣ってきた魚を自己流で処理することもないためあまり気にしたことがありません。

 

魚を購入する場合もほとんどが切り身、かろうじて自分で内臓処理をやっていた秋刀魚やイワシなどは家族が食べられないから(お腹壊すので)ほとんど買わなくなり、結果内臓処理もやらなくなって随分と経ちます。

 

私は身近でアニサキス中毒を起こした人はいないので、ちょっとピンとこないのです。

 

それにしても以前は豚肉が半生ピンク状態でも「このくらいの方が硬くなくて美味しいから」なんて言って食べていた(こっちの方が怖いわ・・・)父がどうしてこんなにアニサキス症を恐れているか不思議です。

 

もしかしたらテレビで特集でもやっていてそれを見て強烈な印象を持ってしまったのかも。

 

なんだか人気の芸能人が数名被害にあっているようですしね。

 

まあ年齢が年齢ですし胃腸の病気もやっているため少し神経質になっているのでしょう。

 

それにしてもお寿司を食べなくなるとは・・・。

(だって本当にお寿司が大好きだったのですよ)

 

本来お寿司屋さんはアニサキスの処理をしっかり叩き込まれているため、まず問題ないと聞きます。

 

もっとも100%間違いなく安全かと聞かれたら言い切れないかもしれませんが、そうなるとどんな食べ物でも100%安全はありませんので食べるものがなくなってしまいます。

 

ただ最近は世界中でインチキ寿司屋が増えているため処理の仕方も知らないまま握っているケースはあるかもしれませんね。

 

そうなるととりあえず「生は食べないほうが無難」ということになるでしょう。

 

しかし父はこのまま生魚を食べないつもりでしょうか。

 

ちょっともったいない気がします。

 

今回、別に生魚を食べるように説得したわけではありません。

 

新鮮な魚から良質のDHAやEPAを摂ってほしいですが、焼き魚や煮魚だってとれないわけではありませんので。