バンホーテンとふくれん豆乳とフシコスのエキストラバージンオリーブオイル_大

私はこれまでに松生恒夫さんという胃腸科(便秘外来など)の先生の書籍を何冊か読んでいるのですが、この方はオリーブオイルにも大変詳しい方で、便秘治療対策の一つにオリーブオイルを推奨されています。

 

今回は松生先生の書籍を参照して私が作ったオリーブオイルと豆乳を入れたホットココアをご紹介したいと思います。

 

松生先生とは?

 

松生恒夫さんは「松生(まついけ)クリニック」という東京都立川市にある内科・胃腸科(漢方外来・便秘外来)の先生です。

 

便秘治療において大変有名な先生らしく、私は偶然読んだ書籍などからそのことを知りました。

 

腸育をはじめよう_松生恒夫

腸育をはじめよう! 子どもの便秘を放置したらダメ! (講談社の実用BOOK)

↑オリーブオイルにココアを入れて飲むことが書いてあった本

 

オリーブオイルハンドブック_松生恒夫

オリーブオイル・ハンドブック (朝日新書)

↑基本的なオリーブオイルの知識がこれ1冊で・・・

 

松生先生によると、オリーブオイルというのは腸内の潤滑油として働くため、便秘対策には非常におすすめであるといいます。

 

更にオリーブオイルは保温力も高いため、冷え性対策にも期待できるということです。

(サラダ油との比較実験をしていました)

 

ただし精製したオリーブオイルでは保温力はあまり高くはないのだそうです。

 

これにはおそらくポリフェノールが関係しているのでは?ということで、ここでもやはり大事なポイントとして本物のエキストラバージンオリーブオイルが求められていました。

 

今回は松生先生の紹介していたオリーブオイルを入れたココアを、更に私なりにアレンジしたものをご紹介したいと思います。

 

豆乳とオリーブオイルで作ったホットココアのレシピ

 

我が家で作る「豆乳とオリーブオイル入りホットココア」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・豆乳・・・200ml

・エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1杯

・純ココア・・・大さじ1杯

 

バンホーテンとふくれん豆乳とフシコスのエキストラバージンオリーブオイル_小

↑バンホーテンココア、ふくれんの無調整豆乳、そして最近のお気に入りのエキストラバージンオリーブオイル「フシコス」

 

・ハチミツ・・・お好みで

 

作り方

 

1.カップにココアパウダー(とハチミツ)を入れ、温めた豆乳を少しずつ入れてよく混ぜます。

 

2.エキストラバージンオリーブオイルを入れてよく混ぜたら完成です。

 

豆乳オリーブココア

↑よく混ぜる、混ぜながら飲む

 

豆乳は沸騰するくらい熱くすると固まってきますから温度に気を付けてください。

 

大豆って身体を冷やすの?温めるの?

 

今回私は豆乳で作りましたが、豆乳というのは、というか大豆製品というのは身体を冷やすのか温めるのかといった議論が分かれることがあるようです。

 

ただし今回は、ココアもエキストラバージンオリーブオイルも身体を温めるものですし、豆乳自体も温めて作っているので、私的にはアリです。

 

でももし気になる人は豆乳ではなくお湯でも大丈夫ですよ。

私も実はお湯だけココア、ブラックコーヒー代りによく飲むんです。

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

 

時々生姜を入れたりもします。

もちろん牛乳(も冷えには諸説ありますが)でもOKです。

 

また松生先生は甘味料として「オリゴ糖」を紹介していました。

「オリゴ糖」も便秘の人には良いアイテムですよね。

 

今回うちにはオリゴ糖がなかったのでハチミツを使用しました。

 

白砂糖は健康上あまりおすすめできませんが、万が一甘味がない場合は少しだけなら入れてもいいかもしれません。

 

毎日飲むなら、オリゴ糖(なければハチミツ)がおすすめです。

 

今回使ったエキストラバージンオリーブオイルは『フシコス』です。

 

ものすごく歴史の古いギリシャのオリーブオイルなのですが、すごく新鮮で驚くほど軽い感じが気に入りました。

 

少し高いですが、まさしくエキストラバージンオリーブオイルです。

今回はお得なスターターセットを利用してみました。

フシコスの詳しいレビュー記事はこちら

 

ホットココアに入れて飲んでも違和感がありません。

何にでも合うタイプのオリーブオイルです。

 

もちろん本来の風味を楽しむならそのまま飲むのが一番(フシコスはそのまま飲めるほどライトなオイル)ですが、料理に使っても間違いないオリーブオイルだと思います。

 

オリーブオイル入りのホットココアは便秘のお子さんにも飲ませられますが、最初はオイルの量は様子を見ながら加減して無理のないようにしてあげてください。