バターチキンカレー

加工食品の中でも、なかなかやめられないものの一つに市販のカレールーがあります。

我が家はバーモントカレーがお好みの家族で、今までずっと使い続けてきました。

 

きっと今後も全廃することはできないと思うのですが、「見えない油」対策として少しでも削減できたらと思い、今回はバターチキンカレーを手作りしてみることにしました。

 

どうしてカレーを一から手作りするのか?

 

バターチキンカレーですと、油はもちろんバター(飽和脂肪酸)を入れるわけですから油の削減にならなにのでは?と思うかもしれません。

 

ですがバーモントカレーの原材料を見てみると、ちょっと気になる油が使われています。

家の中は本当に見えない油であふれていた

油の塊?それでもバーモントカレーを使う理由とは

 

それはパーム油。

パーム油に関してはあまりよくない情報もあり、気になっていたのでした。

 

そもそも牛脂豚脂混合油も含めてかなりの量の油が使われているようですし(原材料表示のトップ)、家で作れば油の量も自分で加減できるということになります。

 

実は以前も本格派カレーを家で作ってみたことがあります。

ですが使い慣れないスパイスをたくさん買ってこないといけないですし、なかなか大変だった記憶があります。

 

バターチキンカレーは比較的シンプルな材料で美味しくできるカレーですし、スパイスの量を調整すれば子供向けの味でもあるため、主婦としては非常に作りやすいと思います。

 

バターチキンカレーのレシピ

 

我が家で作るバターチキンカレーのレシピをご紹介します。

 

材料(3~4人分)

 

・鶏肉(もも・むねミックス)・・・合計400g

・プレーンヨーグルト・・・100g

・玉ねぎ・・・1個

・人参・・・1本

・バター・・・30g

・牛乳・・・200ml

・トマトペースト・・・400g(トマト缶なら1個)

・カレー粉・・・大さじ2杯

・パプリカパウダー・・・小さじ1杯

・シナモン・・・少々

・塩・・・小さじ1杯

・砂糖・・・大さじ2杯

・すりおろし生姜・・・小さじ1杯

・すりおろしニンニク・・・小さじ1杯

・しょうゆ・・・小さじ1杯

・高カカオチョコレート・・・1欠片

 

作り方

 

1.鶏肉は食べやすい大きさに切ってヨーグルトとカレー粉(材料の半分)と混ぜて数時間冷蔵庫に入れしっかり漬け込みます。

 

鶏肉にヨーグルトとカレー粉を絡めたところ

 

2.バターで生姜とニンニクを軽く炒め、そこにすった人参と細かくみじん切りにしたタマネギを入れてさらに炒めていきます。

 

玉ねぎと人参を炒めているところ

 

3.タマネギが透き通ってきたら、残りのカレー粉、パプリカパウダー、シナモンを入れて軽く炒め、その後トマトペーストを入れてひと煮立ちさせます。

 

トマトペーストを入れて煮る

 

4.鶏肉をヨーグルト液とともに加え15分程度弱火で煮込みます。

(時々フタを開けて混ぜないと焦げるかも)

 

5.牛乳、塩、砂糖、しょうゆ、チョコレートを加えさらに弱火で10分煮込んだら完成です。

 

鶏肉を入れて煮込む

 

バターチキンカレーとライス

 

今回はトマトがペースト状(瓶入り)になったものを使いました。

お好みですが、固形(カット含む)のトマトよりもペーストの方が使いやすいです。

 

人参は入れなくてもいいのですが、この辺はやはり栄養を考えて入れてみました。

すっているので人参が入っていることは分からないかもしれません。

 

隠し味としてしょうゆと高カカオチョコレートを1個入れてみました。

味にコクが出たと思います。

 

明治チョコレート効果70

↑明治チョコレート効果カカオ72%

 

また鶏肉ですが、私はいつもももとむねの混合で作りますが、お好みで大丈夫です。

 

できるだけ長くヨーグルトとカレー粉に漬け込んだ方が味が染みて美味しくなります。

ただし冷蔵庫の中がカレー臭で満たされないように、しっかりラップをするか、ジップロックなど密閉できるアイテムで漬け込んだ方がいいでしょう。

 

牛乳の代りに生クリームを使えばよりコクが出ます。

今回は残っていた牛乳で作りましたが問題なしです。

 

バターチキンカレーはマイルドで子供向けだと思いますが、カレー粉大さじ2杯ですとちょっとお子さんには辛いかもしれません。

ご家族の年齢や好みによりスパイスの量や種類は調整してくださいね。

 

本当はナンを用意したかったのですが、ナンで更に油をとるのもちょっと・・・と思いライスにしました。

 

今回作ったバターチキンカレーを食べた家族の感想は「味は合格」でも「少し辛い」でした。

(カレー粉は大さじ2杯使いまいした。)

 

大人二人にはちょうど良かったですが、小学生の子供にはちょっと辛かったみたい。

オレンジジュースを飲みながら、それでもおかわりして食べていました。

 

今度は少しスパイスを減らして作ってみたいと思います。

 

余談ですが、午前中からチキンの仕込みをしていたため、リビングに干していたタオルにカレーの香りが付いてしまいました。

 

部屋中にスパイスの風味がただよいますので、洗濯物は別の場所に移動した方がよさそうです。