カテゴリー:亜麻仁油を使ったレシピの記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:亜麻仁油を使ったレシピ

アリーガ(亜麻仁油)をかけた卵かけご飯が美味し過ぎるのですが・・・

アリーガを卵かけご飯にかける

ここのところ食べていなかった卵かけご飯を久しぶりに食べました。

 

最近お気に入りのアリーガという亜麻仁油。

 

加熱調理OKということで、私も今まで調理メインで使ってきました。

 

今まで作ったのは、豚丼、チャーハン、野菜炒めなど。

 

アリーガは結構こってり系の料理にも合うと思う。

偶然ですが全てお肉を使った料理でした。

 

でもきっとお魚料理に使っても問題ないどころか、もしかしたらお魚の方が親和性が高いかもしれません。

 

そんな中、オイル生食の基本である「かける」、「まぜる」でさらに生食の王道である卵かけご飯にアリーガを使ったらどうだろうと。

(久しぶりに卵かけご飯を食べたくなっただけですが)

 

そんなわけで今回は卵かけご飯にアリーガをかけて食べてみました。

 

 

アリーガとは独自の技術により加熱調理が可能になった画期的な亜麻仁油です。

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

加熱調理に使ってもオメガ3が壊れないだけではなく、味の違和感も感じないし加熱時のオメガ3オイル独特の臭いもほとんどありません。

 

これによりリノール酸(オメガ6)メインだった今までの調理用の油を楽々とα-リノレン酸(オメガ3)に変えられるのではと期待。

 

そんなアリーガですが、もちろん今まで通り生食として食べてもOK。

 

卵かけご飯にはクセのあるオメガ3オイルでも大丈夫なのは何度も食べて知っています。

 

今回も全く問題ないだろうということでさっそく作ってみました。

 

アリーガを入れた卵かけご飯

↑卵と醤油、そしてアリーガを入れて混ぜる

 

ご飯に生卵と醤油を落としてアリーガを入れるとフワッとかすかに草原の香り(→私が勝手にそう言っているだけ)がします。

 

決して強い香りではないのですが「あら?どこからか自然の風が・・・」と、一瞬思うような感じ?

 

ちなみに私は卵かけご飯をよく混ぜるタイプ。

 

卵の白身がハッキリ分かる状態で軽く混ぜる方もいると思いますが、私は白身と黄身がしっかり混ぜ合わされた方が好きですね。

(絵的には混ぜる前の画像の方がキレイだったかも・・・)

 

この辺はお好みで。

 

そして味はどうかというと、黄身のコクが一段とグレードアップして美味しいのなんのって!

 

食べてみると分かりますが、アリーガの味はナッツに近いコクがあるのが特長です。

 

そのまま飲むと少し苦味があるのですが、醤油と混ぜることで苦味は全くといっていいくらいどこかへ行ってしまいました。

 

そしてコクだけが残る。

 

それが美味しさの秘結。

 

他の亜麻仁油でも卵かけご飯は十分美味しかったのですが、どちらかというと亜麻仁油のクセが消えただけで喜んでいた私。

 

アリーガは卵かけご飯をワンランク美味しくしてくれた、ある意味、影で支える調味料的な役割を果たしてくれたような気がします。

 

加熱調理に使えるというだけでかなりポイントが高いオメガ3オイルでしたが、美味しさの点でも私の好みに合っていたようです。

 

良かったらみなさんもお試しください。

 

参考記事

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ

 

 

 

micoco飲むグラノーラに亜麻仁油を追加して飲んでみた

亜麻仁油とmicoco飲むグラノーラ

オメガ3がとれる「micoco飲むグラノーラ」を飲んでいます。

 

「micoco飲むグラノーラ」には既に亜麻仁の粒が入っていますが、そこに愛用の亜麻仁油を足して飲んでみたので味の感想などをレポートしたいと思います。

 

グラノーラとオメガ3オイルとの相性

 

私はオメガ3系脂肪酸として亜麻仁油やえごま油をほぼ毎日とるようにしているのですが、その中でもグラノーラに亜麻仁油をかけて食べるという方法がお気に入りです。

 

そもそも(食べる)グラノーラとオメガ3系オイルの相性はピッタリだと思います。

 

グラノーラの甘味と無糖のプレーンヨーグルトのおかげでクセのあるオメガ3オイルが全く気にならなくなるどころか、まろやかさが加わってとても美味しくなります。

 

micoco飲むグラノーラ」には既にオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)が含まれているチア種子(チアシード)と亜麻仁が入っています。

 

それでも十分かと思いますが、既に開封してある亜麻仁油を消費すべく(オメガ3系オイルはあまり日持ちがしません)、今回「micoco飲むグラノーラ」に亜麻仁油を混ぜて飲んでみることにしました。

 

 

micoco飲むグラノーラに亜麻仁油を入れる

 

今回入れる亜麻仁油はこちら

「感想・口コミ」イタリア産有機アマニオイルを購入、味はどう?

 

 

オーガニックで無精製の良質な亜麻仁オイルですが、そのままではやはりクセがあるので何かに混ぜるといった摂り方をしています。

 

シェイカーにmicoco飲むグラノーラと亜麻仁油を入れる

 

シェイカーで通常の「micoco飲むグラノーラ」を作る際に、一緒に亜麻仁油を加えてよく振っていきます。

 

亜麻仁油とmicoco飲むグラノーラをミックスしてグラスについだところ

 

今回は牛乳200mlを使用しています。

 

見た目は亜麻仁油を入れない通常版よりも少し黄色っぽいかな?という程度。

 

あまり変わらないと思います。

 

 

味は?違和感はないの?

 

micoco飲むグラノーラ」に亜麻仁油をプラスすると味はどうなるのか、実際に飲んでみました。

 

結果、味はほぼ変わりません!

 

やはりきな粉の味がメインで亜麻仁油のクセはほとんどありませんね。

 

これならまったく問題なく飲めそうです。

 

ただし時間をおくと少し分離(亜麻仁油がほんの少し上の方へ浮いてくるような感じ)しますので、できれば混ぜながら飲んだ方がいいと思います。

(底にも少しグラノーラが溜まっていますのでよく混ぜて飲んでください。)

 

亜麻仁油やえごま油、もしくはチアシードオイルなどオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)を追加する場合は、あまり無理をせずそれぞれ自分に合った量を調整してくださいね。

 

既に入っていることと(チア種子と亜麻仁)、良質の油でも多ければいいというものではありません。

 

あまり取り過ぎると太る原因にもなります。

 

私も普段は大さじ1杯くらいとることもありますが、今回は小さじ1杯にしておきました。

 

詳細は公式サイトから↓

micoco飲むグラノーラ

 

 

 

煮卵に亜麻仁油を和えて食べる

煮卵と亜麻仁油

みなさんは煮卵、作りますか?

私は最近よく作るようになりました。

 

理由は亜麻仁油をかけて食べるから。

 

亜麻仁油を毎日とるために、色々と工夫して合うものを探しています。

 

そこで今回は煮卵に亜麻仁油をかけたり和えて食べることについて記事にしたいと思います。

 

煮卵の亜麻仁油和えレシピ

 

我が家で作る「煮卵の亜麻仁油和え」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・卵・・・3個

・めんつゆ(2倍濃縮)・・・100ml

・亜麻仁油・・・適量

 

 

作り方

 

1.ゆで卵をお好みの硬さで茹でます。

(今回は8分くらい茹でました)

 

2.ジップロックにゆで卵と麺つゆを入れてしっかり閉じます。

 

3.そのまま半日から一日ほど冷蔵庫でしっかり漬け込みます。

 

煮卵3つ

↑これは半日くらいでやや薄めです

 

4.煮卵を半分に切って亜麻仁油をかけたり、もう少し細かく切って和えるようにしてもいいと思います。

 

半分に切った煮卵

 

刻んだ煮卵に亜麻仁油をかけたところ

 

 

煮卵のしっかりした味で亜麻仁油のクセが消える!?

 

まあ煮卵というか味付け卵(漬け込み卵)ですね。

でもこれが一番簡単だし失敗がないと思います。

 

もう少し半熟のトロッとしたのがお好みのようでしたらゆで時間などを調整してください。

 

煮卵の特徴として味が濃い目というのがあります。

 

このしっかりした味と卵のまろやかさが実は亜麻仁油ととても合うと思います。

 

ちなみに今回使った亜麻仁油はこちら↓

「感想・口コミ」イタリア産有機アマニオイルを購入、味はどう?

 

 

これは比較的クセのある亜麻仁油ですが、煮卵と和えると気にならなくなりました。

 

亜麻仁油やえごま油を健康のために毎日とろうと思ってもなかなか続かない原因というのは、主にクセのある味と食べ方のマンネリ化があると思っています。

 

卵が亜麻仁油との組み合わせ例として非常に合うというのは卵かけご飯で分かっていましたが、煮卵(味付け卵)もすごく合うと思いました。

 

卵かけご飯(生卵)みたいに、煮卵を刻んでご飯に乗せ亜麻仁油をかけて混ぜても美味しいと思います。

 

もちろん亜麻仁油ではなくえごま油でもOK。

 

余談ですが、卵のコレステロールはあまり気にしなくても大丈夫みたいです。

 

コレステロールは足りないと体内で生成されますし、食べ物からとると体内での生成が調整されます。

(ただしお医者さんから何か注意を受けている方は別ですのでお医者さの指示に従ってください)

 

とにかく卵と亜麻仁油(プラス醤油系の味)はとても合うと思います。

 

亜麻仁油のクセも気にならなくなりますし、まろやかさが増して何より美味しいです。

 

みなさんも良かったらお試しください。

 

食欲のない朝におススメ、バナナとヨーグルトに亜麻仁油をかける

バナナとヨーグルトに亜麻仁油をかけたもの

亜麻仁油やえごま油を毎日食べたいけれど、なかなか続かないという人が多いのではないでしょうか。

 

加熱にも向かない油ですから、おのずと料理の選択肢も狭まってきてしまいますよね。

 

でも私はそれを逆手に取って飛び切り簡単に食べるようにしています。

 

つまりは「かける」、そして「混ぜる」。

 

やってみると分かりますが、そのままだとクセのある亜麻仁油やえごま油も何かに混ぜるだけでクセが軽減するし、料理にコクが出て美味しくなることが多いです。

 

今回はバナナと亜麻仁油(プラスヨーグルト)、とても美味しく栄養も抜群です。

 

バナナは栄養の宝庫?

 

果物の中でもとりわけ栄養満点なのがバナナ。

 

バナナ3本

 

簡単にエネルギー補給ができてビタミンB類やカリウムといった多くの栄養がつまっています。

 

できるだけ黒い斑点(シュガースポット)が出来たくらいのものが良いのは最近ではよく知られています。

 

よりいっそう栄養価も甘味も増すのだそうです。

 

しっかり熟した方がTNFという腫瘍をやっつける物質が増加するのですが、私はどうにも黒くなったブヨブヨのバナナはあまり好きではありません。

 

でも食べられる人はシュガースポットが出た完熟バナナを召し上がってみてくださいね。

 

その方が絶対お得ですよ。

 

亜麻仁油とバナナの相性はどうか

 

そんな栄養満点なバナナですが、最近は朝食に食べています。

 

食べ方はお気に入りの亜麻仁油やヨーグルトと一緒です。

 

紅花の有機亜麻仁油

紅花 有機亜麻仁油 170g

 

亜麻仁油やえごま油って、食べ方がマンネリ化してしまうこともありますが、何かに混ぜてしまうとたいてい食べれるから不思議です。

 

最初は一口大にカットしたバナナにヨーグルトをかけて食べていましたが、そこに亜麻仁油をかけてみたらこれが大正解。

 

ヨーグルトと亜麻仁油をかけたバナナ

 

バナナ自体がまろやかな果物ですが、亜麻仁油とヨーグルトがさらにマイルド感をアップさせ美味しくなります。

 

バナナの甘味プラスまったり感、ヨーグルトの爽やかな酸味で亜麻仁油のクセはどこへやら・・・。

 

ちなみにヨーグルトなしでバナナと亜麻仁油だけでも食べてみました。

 

亜麻仁油だけをかけたバナナ

 

これでも十分かも。

 

もしヨーグルトが切れていてもバナナと亜麻仁油だけでも十分に美味しく食べられるようです。

 

くるみ(オメガ3)やプルーンをトッピングしても美味しそうなので、今度やってみようと思います。

 

今回はカットしたバナナにかけていただきましたが、バナナスムージーを作って亜麻仁油を入れても美味しそうですね。

 

バナナをそのまま食べるのが好きではないうちの子も、スムージーなら飲んでくれるかもしれません。

 

軽食やオヤツ、そしてダイエット中のストレス軽減に

 

今回のレシピ、食欲があまりない朝にピッタリだと思います。

 

炭水化物、タンパク質、ビタミンやミネラル、そして良質の脂質が一度にとれます。

 

またバナナの自然な甘味がありますので、お子さんのオヤツにもなりそう。

 

ダイエット中でストレスが溜まった人にもおススメです。

 

ただしバナナは南国の果物で身体を冷やす作用があるのだとか。

 

その点だけは人によっては気を付けた方がいいかもしれません。

(うちは真夏に凍らせて食べたりしていますが・・・)

 

そして頻繁に食べるのならできるだけ低農薬や有機のものをチョイスすることをおすすめします。