カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

  • 加工食品の油脂成分を調査

カテゴリー:加工食品の油脂成分を調査

明治ミルクチョコレートに植物油脂が入っていないワケ

明治ミルクチョコレート

先日、明治ミルクチョコレートには植物油脂が入っていないことを記事にしましたが、いったいどうして「ミルクチョコレートだけ」に入っていないのかということを疑問に思っていました。

 

そこで今回、明治のお問い合わせ窓口に電話をしたところ、回答をいただいたのでご紹介したいと思います。

 

ブラックチョコレートとミルクチョコレートのポリフェノール量

 

まずお答えをいただいたのはポリフェノールの含有量。

 

こちらが明治ミルクチョコレートのポリフェノール量になります。

 

明治ミルクチョコレートのポリフェノール含有量表示

 

カカオポリフェノールが1枚(50g)につき410mg。

 

それに対し明治ブラックチョコレートのポリフェノール量は1枚(50g)につき700mgとなっています。

 

カカオポリフェノールは、血管や脳の健康、そしてメンタルの安定などに有効なのではと言われており、最近ではカカオポリフェノールの恩恵にあずかろうと高カカオのチョコレートを食べているという人も多いと思います。

 

ですがカカオが多くなってしまうと、どうしても滑らかさや口溶けがイマイチという状態になってしまうそう。

 

そこでブラックチョコレートに植物油脂を加えることによって滑らかさを実現しているということでした。

 

ではハイミルクとホワイトにはなぜ植物油脂が?

 

でもここで新たな疑問。

 

だったらどうしてハイミルクチョコレートとホワイトチョコレートにも植物油脂が入っているのでしょう。

 

ホワイトチョコレートに関しては原材料に「カカオマス」すら入っていません。

 

ここでいったん電話を切ってお調べいただけることに。

そして、いただいた答えは次のようなものでした。

 

”明治ミルクチョコレートにはあえて植物油脂を入れていません。

なぜかというと、明治ミルクチョコレートは限られた原材料だけで作った「ピュアチョコレート」であるということを売りにしています。”

 

つまり純粋(ピュア)なチョコレート本来の風味を楽しんでもらうことをコンセプトとしているわけですかね。

 

そして、

 

”ハイミルクチョコレートとホワイトチョコレートに関しては、その製品の特性上口どけや滑らかさといった風味がより必要なチョコレートとなっています。

そのため植物油脂を加えています。”

 

という回答をいただきました。

 

ふうん・・・なるほど。

 

だったらココアバターを増やせばいいのでは?

 

というところで電話を切ってしまいましたが、その後でもう一つの疑問がふつふつと湧いてきてしまいました。

 

だったらココアバター(カカオバター)を増やせばいいのでは?と。

 

ココアバターはカカオを圧搾して作った油脂で、そもそもチョコレートの口どけや滑らかさを出すために入っているものだと思います。

 

そして明治のどの味のチョコレートにだって既に入っているのです。

 

まとめと感想

 

ここからはメーカーさんへ確認をしたわけではないので、私の個人的な推測としてお読みください。

 

メーカーさんがチョコレートに植物油脂を使う理由、おそらくそれはコストの問題があるのだと思います。

 

ココアバターと植物油脂を比較した場合、ココアバターの方がコストが高く、一枚100円程度の価格にするには植物油脂を使うしかないのかな・・・と。

 

もしくは製造上、植物油脂の方が使い勝手がいいのかもしれません。

 

本場、ヨーロッパのチョコレートには植物油脂が入っていないものがほとんどだと言います。

 

つまりそもそも本当のチョコレートには植物油脂は入らないもの。

 

でも日本のチョコレートにはほとんど植物油脂が入っているので、日本人はその味に慣れちゃっているのでしょう。

 

外国の本物のチョコレートを食べると、いくら高級でも若干違和感を感じる時があるのは、植物油脂がいかに日本で当たり前になっているかという事なのかもしれません。

 

そんな中、明治のミルクチョコレートには「植物油脂」が入っていないという事実。

これはメーカーさんの企業努力ですかね。

 

明治ミルクチョコレートの銀紙をむいたところ

 

でも明治でできるということは、やろうと思えば他のメーカーさんでもできるはずなのに(ボソっ)。

 

ちなみに高カカオチョコレートなどでは、他のメーカーさんでもちゃんと「植物油脂なし」のものはあります。

 

ところで明治のミルクチョコレート、植物油脂が入っていなくてもちっとも困ることないですよね。

 

むしろ美味しいですよね。

 

私、一番好きなのは明治のミルクチョコレートですが、これってうぬぼれてもいいですかね。

 

どうやら私の「明治・愛」はこれからも続いていくようです。

 

 

 

参考記事

明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる

 

 

明治ミルクチョコレート(板)の油脂成分を見てみる

明治ミルクチョコレート

子供のころから「チョコレいト~は、め・い・じ♪」(CM)で育ってますから、やっぱり今でも潜在意識に「チョコレートは明治」が染みつく私です。

 

余談ですが、私は甘いものが大好きで、その中でも一番好きと言っても過言ではないのがチョコレートなのです。

(今はお菓子全般を控えているのであまり食べていませんが)

 

どんなメーカーのチョコレートも食べてきましたが、そんな中でもやっぱり明治のチョコレートへの愛が深いのは、コマーシャルの影響があるからでしょうか。

 

今回はそんな明治の代表と言える板チョコ(ミルク)の油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

明治ミルクチョコレートの油脂成分をチェック

 

明治ミルクチョコレートの原材料名は次の通りです。

 

明治ミルクチョコレートの原材料名

 

私の愛する明治のミルクチョコレートには「植物性油脂」の表記はありませんでした。

(ココアバター(カカオ豆の脂肪)が入っていますが、チョコレートという製品上入るのが当然とみなし今回は都合よく省略します。)

 

「植物性油脂」が入っていないことは素晴らしいですが、私にとってはある意味ちょっと危険です。

「植物性油脂」が入っていないことをいいことに、甘いものを断っている私の逃げ道になってしまいそう(汗)

 

お菓子をやめている理由は、加工食品の見えない油を断つのには、人体にとって食べる必要がないお菓子を最初に断つのが一番手っ取り早いと思ったからです。

 

最近はお菓子を食べなくてもだいぶ平気でいられるようになりましたが、時々口寂しいこともあります。

 

そんな時、明治のミルクチョコが私を誘惑しそうです。

 

割った明治のミルクチョコレート

↑割りながら無意識に口に持っていこうとした(泣笑)

 

他の味の板チョコはどうだ?

 

ちなみに明治の板チョコは他にも以下のようなものがあります。

 

・明治ブラックチョコレート

・明治ホワイトチョコレート

・明治ハイミルクチョコレート

 

残念ながらこれらすべてに「植物性油脂」が入っていました。

 

ちょっと意外なところでは「明治ブラックチョコレート」にも「植物性油脂」が入っていたこと。

 

勝手に一番入っていなさそうなイメージを持っていたので、個人的には落とし穴でした。

 

ということで「植物性油脂」が入っていないのは「明治ミルクチョコレート」のみ

購入する際には参考にしてみてくださいね。

 

またこれら板チョコシリーズには形を変えた商品(キューブとか)も発売されています。

基本的な原材料は同じと思われますが、念のため気になる人は各パッケージの表示をチェックしてください。

 

他のメーカーの板チョコはどうだ?

 

板チョコは他のメーカーさんでも同じような商品を販売しています。

そこで代表的なメーカーさんとして「森永」と「ロッテ」を調べてみました。

 

近所のスーパーに行き、実際の商品を目視でチェックしてきました。

するとロッテの以下の板チョコは全て「植物性油脂」が入っていました。

 

ロッテ ガーナミルク

ロッテ ガーナブラック

ロッテ ガーナホワイト

ロッテ クランキー

 

森永の板チョコは見当たらず。(ダースはあった。)

仕方ないので森永のホームページで調べたところ、次の商品にも「植物性油脂」が入っていました。

 

・森永ミルクチョコレート

・森永チョコレート(1チョコfor1スマイル)

・森永ビターチョコレート

 

ちなみにダース3種にも「植物性油脂」が入っていました。

 

結果としては、メジャーなメーカーさんの板チョコでは明治のミルクチョコレートのみが「植物性油脂」が入っていないということでした。

 

この他にも多くのメーカーさんがさまざまな種類のチョコレート(もちろん他のお菓子も)を販売しています。

 

もし少し興味を持たれましたら、原材料をチェックするクセを付けると今まで見えなかったことが見えてくる!?かもしれません。

 

普段、板チョコなんて買わないという人も、バレンタインの時期になると、手作りに板チョコを使う人も多いと思います。

 

そんな時に贈る方の健康を気遣い原材料をチェックするっていうのも良いことではないでしょうか。

 

些細なことでも日々の積み重ねが数十年後に効いてくるかもしれませんよ。

 

ちなみに最近発売されたこちら

明治ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビター

 

「明治ザ・チョコレート 力強い深みコンフォートビター」 です。

これ、本当にガツンと力強いんです。

(あ、食べたのバラしちゃった・・・)

 

50gで200円超えの価格。
そりゃあ「ザ」も付くでしょうよ。

 

明治ザ・チョコレート力強い深みコンフォートビターの原材料名

 

当然「植物性油脂」は入っていません。

 

うちの子と夫、こういう本格的なビター味を好むんです。

それに引き換え私ときたら完全にミルク派。

 

明治ザ・チョコレート」は少しお高いですが、味は本格的なザ・チョコレートです。

普段ゴディバみたいなデパ地下組には手が届かないという人でも、「明治ザ・チョコレート」なら満足させてくれるのではないでしょうか。

 

参考記事

明治ミルクチョコレートに植物油脂が入っていないワケ

 

和光堂 かぼちゃクッキーの油脂成分を見てみる

和光堂のかぼちゃクッキーの外箱

離乳食でお馴染みの和光堂(WaKODO)のかぼちゃクッキーの油脂成分をチェックしてみました。

 

ミルクや離乳食でお世話になり今でもお菓子を買う

 

和光堂さんには子供が赤ちゃんのころ結構お世話になりました。

粉ミルクも買ったことがあるし、外出時の離乳食やお菓子なども購入しました。

 

たしか「いわしせんべい」がお気に入りで、ほぼ毎日のようにせがむからいつも切らしたことがなかったような気がします。

 

小さいころ撮ったビデオにも手に持っているところが映っています。

 

そしてなんと小学生になっても和光堂のお菓子のお世話になっているという・・・。

 

特に子供が好きなのが今回紹介する「かぼちゃクッキー」です。

 

かぼちゃクッキーの内袋

 

幼児用お菓子には違いありませんが、小学生が気に入るのも分かるような気がします。

 

だって40代の私が食べても美味しいですから。

 

ほんのりかぼちゃの風味がして、甘さもしつこくなく、かなり美味しくいただくことができます。

 

かぼちゃクッキーを1本手に持ったところ

 

小学生にもなると、食べるお菓子は大人とほぼ一緒になると思います。

 

でも幼児用のお菓子なら、栄養や成分にこだわったものが多く(全部ではないけど)、意外と栄養補給になったりします。

 

赤ちゃんせんべいなど味のないものはさすがに嫌がりますが、和光堂さんのクッキーやビスケットシリーズなら40代でも耐えうる(しつこいね・・)風味だと思うので、どのお子さんも結構受け入れてくれるかもしれません。

 

うちの子は、この他に「やきいもクッキー」と「バナナクッキー」もお気に入りです。

 

和光堂おかしラインナップ

 

かぼちゃクッキーの油脂成分をチェック

 

それではさっそく和光堂「かぼちゃクッキー」の油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

和光堂「かぼちゃクッキー」の原材料名

 

・・・っ残念ながら「ショートニング」が入っていました。

 

ショートニングとは植物油脂の一種で、サクサク感を実現してくれることからクッキーの原材料になっていることが非常に多いです。

 

このショートニング、何がそんなに問題かと言えば「トランス脂肪酸」です。

ショートニングは製造過程で固形にするために水素を加えた人工的な油脂成分です。

 

ショートニングはマーガリンと並んであまり食べない方がいいと言われるものなのです。

 

どうやら和光堂さんの他のクッキーやビスケットにもショートニングが入っているものがほとんどのようです。

 

恐らく幼児用・一般用関係なく市販されているクッキー類にはこのショートニングが含まれている確率は非常に高いと思います。

 

お子さんにはなるべくトランス脂肪酸を食べさせたくないという方、ご自身も気を付けている方はしっかりと原材料をチェックした方がよさそうですね。

 

さて、和光堂クッキーシリーズ・・・これからどうしようかな。

 

カルシウムや鉄の補給になる点では非常に有難いのですが・・・。

 

たまごボーロの油脂成分を見てみる

たまごボーロ

たまごボーロって、赤ちゃんのお菓子の代表って感じですよね。
口どけが良くてほんのり甘くて美味しいですが、たまごボーロのような幼児用のお菓子の油脂成分ってどうなんだろうと思い調べてみることにしました。

 

たまごボーロの由来

 

そもそも「ボーロ」というお菓子は、江戸時代にポルトガルから伝来されたものです。

 

と言ってもポルトガルでは「ボーロ」とはお菓子(主にケーキ)の総称です。
ですから「カステラ」も言ってみればボーロなのです。

 

日本では卵を原材料に使った丸い形の焼き菓子のことをボーロと呼ぶようになりました。

 

おそらく江戸時代の人々の誤解や省略、思い込みなどが積み重なって、今のような日本式のボーロが出来上がったのではないかと思います。

 

赤ちゃんが食べる「卵ボーロ」の他にも、も少し固めのものや大きいサイズのボーロもあります。

 

たまごボーロの油脂成分をチェック

 

ということで今回は赤ちゃん用の卵ボーロの原材料をチェックしてみることにしました。

 

今回購入したのはこちら↓

キューピーのたまごぼうろ(ボーロ)

キューピー「たまごたっぷりぼうろ」

 

表示のように7カ月ごろから食べることができるお菓子です。
7か月といえば、お座りが出来るころですが、最初の歯が生えるか生えないかといった時期です。
(うちの子は1歳まで生えなかった・・・)

 

つまり歯が生えなくても、口の中に入れると唾液でホロリと溶けていくので食べることができるというわけですね。

 

そんなたまごぼうろの原材料はこちら↓

たまごぼうろ(ボーロ)の原材料

 

非常にシンプルです。
そして油脂成分は入っていませんでした。

 

なんとなくホッとしました。
とは言え、赤ちゃんや幼児用のお菓子でも普通に植物性油が入っているものもたくさんありますから、気になる人は原材料をチェックしてから購入するといいと思います。

 

卵ボーロに関しては、そもそも原材料に油が必要ないのでしょう。
他のメーカーさんの卵ボーロもいくつか見てみましたが、見た限りでは油脂成分は見当たりませんでした。

 

余談ですが、購入した「たまごぼうろ」は夫と私が食べました。
うちの子はあまり好きではないみたい。

 

40代の夫婦が食べても可愛くはないですが、味は誰が食べても美味しい卵ボーロ。
植物油が入っていないお菓子をお探しでしたら、卵ボーロはいかがでしょうか。

 

口どけの良いお菓子ですが、赤ちゃんに食べさせる時はくれぐれも目を離さないようにしてくださいね。