カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オイル日記

魚(オメガ3)を食べると鬱(ウツ)にならないは本当か?

ちょっと前のニュースで「魚を食べると鬱(うつ)病のリスクが半減する」といったものがありました。

 

このような情報は以前からよく言われてきたことで、その理由としては魚に含まれているオメガ3系脂肪酸、つまりDHAとかEPAなどが脳細胞を活性化するからということらしいです。

 

特にDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の健康維持に必要と言われています。

 

DHAは実際、脳の内部にたくさん存在していますが、脳には通って良い物質を振り分ける、いわば入国審査というか関所みたいな機能があると言われており、DHAはそのゲートを突破できる脂質です。

 

(ちなみにEPA自体は脳に入ることはおそらくできませんが、体内でDHAへも変換されるのでどちらもとった方がいい)

 

そこであくまでも私感ですが、とりあえずDHAやEPAの作用を考えると脳に良いだろうというのは間違いなく、おそらくうつ病に対してもある程度の期待はできるのではないかと思います。

 

ただし過剰な期待は持たない方がいいかと。

 

今まさに重度のうつ病にかかっていらっしゃる方がDHAを積極的に摂り出したからと言って半年後に完治するとかそういったものではないと思います。

 

更に言えば、普段から毎日のように魚を食べている方が絶対にうつ病にならないかと言えばそういうわけでもない。

 

人間の体は千差万別、一つの事だけで体の状態が決まるわけではないのですよね。

 

私も、もしDHAを一定量毎日摂れば半年後に近視が治るよ!と言われたら、きっと一日も休まず嬉々としてとるでしょう。

 

だけど実際は改善する人もいれば、そうならない人もいる。

 

ならなかったとすれば、それはDHAだけの問題ではなくにも何か原因があるのでしょう。

 

じゃあ無駄なのかといえば、決して無駄ではないと思いますが。

 

何も起こらないというのは、とてもポジティブに考えれば「これ以上悪くはなっていない」、「現状は維持できている」と言ったことかもしれない。

 

ただ人は何か事を起こした時には目に見える結果を求めてしまいがちです。

しかもできるだけ早く実感したい。

 

そこで「ああ、やっぱりムダだったなあ」となるのか「目に見えないリスクを減らせているかもしれない」となるのかは人それぞれ。

 

私も「オイル改革」なんて言って、日々オメガ6からオメガ3にできるだけ移行していっていますが、視力が1.5になった!みたいに劇的に改善したわけではありません。

 

ただ受けた健康診断では何も問題なく、毎日元気に過ごすことができている今、こういったことは「超・長距離マラソン」だと思ってやっていこうと決心しています。

 

もう一つ肝に銘じていることは、あまり極端に偏らないこと。

 

「これがイイ!」となると、ばっかり食べではありませんが、そればかりに集中してしまうこともありますよね。

 

でもそうすると今まで受けていた他のメリットを失うかもしれません。

 

例えば、今回のように「魚を食べるといいらしい」→「よし毎日魚だけを食べよう!」となると、もしかしたら肉から受けていたメリットがなくなり今まで感じなかった不調が出てくるかもしれません。

 

「基本は何でもまんべんなく食べる」、その中で「改善したいことを意識したメニューを多目にとり入れる」、しかし「効果を期待しすぎたり急ぎすぎたりしない」ってくらい気長な生活がいいのかなと思っています。

 

もっとも現在、急を要する病気にかかっている方は、こんな悠長なことを言ってられないのでお医者さんの指示にしたがってください。

 

それ以外の方は、健康維持または「防ぐ」といった意味で日々食生活の改善なり運動を実施していけばいいと思います。

 

ただしうつ病の方は「これがいい」と思ってもなかなか行動にうつせないと聞きます。

 

でもご家族の方が徐々に魚料理を多くしてあげるとか、DHA・EPAのサプリが飲めるようでしたら(飲んでいいのか医者に確認してから)さりげなく出してあげるとか。

 

氷の上に乗せた魚

 

 

家族の協力のもと、できることはあるかもしれません。

 

とにかくうつが治るかどうかは別にして、DHA・EPAをとること自体は多くの人にとって、そして心身の健康維持にとって悪いことじゃないとだけは言えると思います。

 

参考文献:DHAびっくりデータ(矢澤一良)、目にも良く効くDHA(鈴木平光)

 

秋深し~新物オリーブオイルは何にしよう

紅葉

まだ「秋深し」まではいかない9月現在。

 

しかしそろそろオリーブオイルの新物に意識が向き始める今日このごろです。

 

近年、南半球の優秀なオリーブオイルがたくさん出回ってきて嬉しい限りですが、オリーブオイルといえばやっぱり今でも圧倒的に北半球ではないかと。

 

収穫量がケタ違いです。

 

さてどんな国のどんなオリーブオイルを味わおうか。

 

お気に入りはこのブログでも紹介しているのでチェックしますが、新規開拓もしたいし・・・。

 

オリーブの収穫

 

オリーブオイルに限りませんが、オイルはやっぱりフレッシュなのが一番です。

 

残念ながら私は搾りたてのオリーブオイルを飲んだことがありません。

いったいどんな味がするのでしょう。

 

だからいつか自宅にオリーブの木を植えて自家栽培したいのです。

 

地産地消!いつか自分で育て搾ってみたいのだ

(この記事を公開したのが一月一日の元旦という・・・。)

 

まあとにかく現在の我が家は庭と呼べるスペースといえば猫の額ほど、残念な感じしかしません。

 

オリーブの大樹を眺めながら朝に搾りたてのオリーブオイルをぐい飲みするなんて夢のまた夢なわけです。

 

そのうちヨーロッパ旅行にでも行って・・・いやその前に小豆島に行って・・・。

 

オリーブ栽培の盛んな地では祭りなんかもやっているのでしょう。

 

上手く農家の方と交流を持ち、あわよくば朝一の搾りたてを・・・。

 

オリーブオイルをたらす

 

子供が成人して手がかからなくなったら気ままに一人旅でもして瀬戸内海に行こう。

 

そして搾りたてのオリーブオイルを飲ませてもらおう。

(あてもないが)

 

現状は10月から11月に家を空けるなんて到底ムリだし(どの時期もムリなんですが)、今は店頭に「新物入荷しました!」のPOPが出るのを待ちます。

 

ちなみに小豆島町の公式サイトでは、オリーブやオリーブオイルのイベント情報が結構載っています。

 

今年(2017年)のオリーブ収穫祭は10月1日(月曜日)~11月30日(木曜日)のようです。

 

ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

その他にもたくさん楽しいイベントがあるようですし宿泊案内などもあります。

 

さすがにヨーロッパまでは、という方も瀬戸内海でしたら行けるかも?

 

また九州でもオリーブ栽培は急速に普及しているようです。

 

東洋一のオリーブアイランドを目指しているらしい九州。

 

私、九州も好きです。

 

旅行行きたいです。

 

日本のオリーブ農家のみなさま、どうかがんばってください。

 

きっと日本人の精密さや職人気質、完璧主義なところがオリーブ栽培と合っているような気がします。

 

とまあ、勝手なことを書いていますが、いつか「日本全国オリーブの旅」や「先取り!今年の新物オリーブオイルの味を追う!」なんてのを企画し、旅をしてみたいです。

 

そのころまでこのブログをやっていれば・・・たぶん嬉々としてレポートしていることでしょう。

 

夏休みの子供のお昼メニューに活躍したのはお餅だった

網で餅を焼いたところ

さて、夏休みも無事に終えた今日このごろ。

 

親の立場として振り返ると、いくつか大変だったことがありました。

 

まずは子供の宿題。

 

自分で計画を立てて管理し、全てを期日内に終わらせてくれれば何も問題はないのですが、やっぱりそうもいかず。

 

自由研究などを中心にまだまだ親の助けがいるわけです。

(一人で全部やる子もいるのでしょうが・・・)

 

そしてもう一つ、以前も書きましたが子供のお昼ご飯。

夏休み、それは子供のお昼ご飯に悩む日々

 

これは母親としてはなかなかメンドウくさいというのが正直なところ。

 

そんな中、四苦八苦してなるべく体に悪そうな加工食品を避け、「見えない油」をなるべくとらないようなメニューを考えていました。

 

そんな中、意外と登場回数が多かったのがお餅。

 

お餅といえばお正月を中心とした冬っぽいイメージがしますが、我が家では結構年中食べたりします。

 

お餅はカロリーはそれなりにありますが、脂質はほとんどありません。

 

お餅って「炭水化物」の代表のようなものだから、私のような40代がたくさん食べると太る心配がありますが、半端ない活動量のうちの子(小学生)ならそんなこともなさそう。

 

わが家は夜はほぼ白いご飯を出すのでお昼ご飯にまで白飯を出すとかなりイヤな顔をされます。

 

そんな時、麺類やパンもいいけれどお餅もかなりイイと思うんです。

 

麺類やパンですと原材料に油を使っているものも多いですが、お餅には油脂は入っていないはず。

(餅菓子などはちょっと分かりませんが・・・)

 

ということで我が家ではよくお昼にお餅を主食として焼いてあげていました。

 

一番好きなのは磯部餅。

 

磯部餅

↑大き目の海苔ではさむのが我が家流。

 

そしてもう一つ、きな粉餅ですが、我が家らしく一つプラスして作っています。

 

それは亜麻仁油。

 

きな粉に亜麻仁油をかける

 

きな粉に亜麻仁油と、今回は黒蜜を加えて混ぜました。

 

きな粉・亜麻仁油もち

 

亜麻仁油を加えたことでかなりきな粉がしっとりしてしまいましたが、ちょっとこれ、最高の美味しさなんでですけど!

 

亜麻仁油のクセを全く感じずに食べることができます。

 

ちょっとお昼ご飯にしては甘めですが、きな粉と亜麻仁油ですからなかなかの栄養が取れると思います。

 

もちろんお昼じゃなくてオヤツとしても絶対おすすめですね。

 

お餅は腹持ちもいいので食べ盛りの子供の「お腹空いた~」とか「足りない~」にも応えてあげられると思います。

 

ちなみに私が好きなお餅の食べ方NO.1は大根おろしと一緒に食べること。

 

すごくさっぱり食べることができるんです。

 

お餅は大根おろしと合わせると消化もよくなるということで、とてもいい組み合わせ。

 

みなさんも色々とお試しください。

(くれぐれも喉につまらないように注意!)

 

それにしても夏休みの昼食、大変でした。

(しみじみ・・・)

 

ペンギンオイルなるものを知って驚愕するも・・・

岩にのるペンギン

ペンギンというとその愛らしい外見から「それを食べる」ということと結びつかない方が多いと思います。

 

私自身、ペンギンは動物園か水族館、そしてテレビなどの映像でしか見たことがないし、もはや観賞動物であり食用なんて考えもつきませんでした。

 

ところが先日、子供とサンシャイン水族館に行って天空のペンギンを見た後、

 

「そういえばペンギンも魚をたくさん食べるんだよね・・・。ということは体内にはDHAやEPA、そしてDPAがたっぷりなんだろうか・・・」

 

という考えが頭をよぎりました。

 

そしてすぐに「何てことを考えてしまったんだ!」と少し後悔。

 

少し前に上野動物園に行った時にやはりアシカだかアザラシを見た時も同じような考えがうかんできたのですが、この時はすでにアザラシなどの海獣が世のDHAサプリメントの原材料になっていると知っていたところから、あまり可哀想という気持ちが起きませんでした。

アザラシをみてオメガ3を思い浮かべる~上野動物園にて

 

アザラシもアシカもカワイイし好きなんですけどね。

 

ペンギンはあのよちよち歩きが反則でしょ。

 

どんなにご老体のペンギンさんでも「カワイイ!」と思えるこの愛らしさ。

 

鳥なのに二足歩行だし、飛べないし、なんだかちょっと人間ぽい(?)ところも親しみの要因ではと思います。

 

しかしペンギンの体内脂肪(たぶんオメガ3?)に対する好奇心はぬぐえず、調べてみると「ペンギンオイル」なるものの存在を知ることに!

 

かつてペンギンから油をとるために乱獲が行われてきたという事実。

 

これは食用オイルをとるというより燃料に使っていたようですが、きっとオメガ3系オイルがたっぷりではないのかなと推測します。

 

現在は数の減少もあり、表向きは捕獲は行われていないようですが、ペンギンの肉やその卵を食べたりする人もいるのだとか。

 

それに引き換え、アザラシは数の増加からカナダなどでは国の管理の元に捕獲をしてオメガ3系サプリの原材料となっています。

 

つまりペンギンとアザラシのあつかいの差は基本的には「数」ってことかな。

(もちろんオイルの質というのもあるでしょうけど)

 

もしアザラシの数が保護対象となるくらい少なくて、ペンギンの数が増えているとしたらその立場は逆転していてもおかしくないのですよね。

 

サンシャイン水族館の「天空のペンギン」

 

これもうね。

 

色々、思うことはあります。

 

可愛いとか数が少ないとかでその生物が生かされるのか殺されるのか・・・。

 

これ考えてしまうともうこのブログの主旨から外れすぎているのであまり触れませんが、ある意味仕方ないんでしょうかね。

 

国や宗教によっても食べていいものは違うし、ある国の常識や価値観で他の国の文化を非難するのも好きではありませんが、どうしてもペンギンは食べたくないなあと思ってしまうのも正直なところ。

 

でも実は身勝手な考えなのかもしれません。

 

もしペンギンオイルで作ったDHAサプリがアザラシサプリ(ハープシールオイル)みたいに普通にあったなら・・・。

 

私は手をだすのだろうか。

 

うーん、難しいなあ。

 

ペンギン好きの子供には「ペンギンオイル」なる話はまだしないでおこう。

 

もう少し大人になってからでいいや。

 

 

↑私が好きなペンギンのアニメ