カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オイル日記

原材料をチェックしても見えない油!結局自分で作るしかない?

コンビニのお弁当

お菓子の油脂成分をチェックしていて思ったことです。

 

森永の小枝カカオ70の油脂成分を見てみる

 

原材料の中には植物油脂の表記がなく「よかった~」と思ったのもつかの間、「ビスケット」の表記に一抹の不安を覚えました。

 

ビスケットの原材料はビスケットのはずがありません。

 

メインは小麦粉でしょうけど、ショートニングなのかパーム油なのかバターなのか、よく分からない何らかの油が入っている可能性が高いですよね。

 

ですが原材料の表記にはそこまで細かい記載がありません。

 

で、思ったのは原材料の表記には色々と「トリックが隠されている」ってこと。

 

このブログは油にフォーカスしているので「見えない油」ということで考えてみますと、原材料の表記の更に奥深いところに「本当の意味で見えない油」が隠されているということに気が付きました。

 

原材料にどう表記してあるか。

 

つまり「素材」の一つ一つを厳密に表記してあるのではなく、既に加工されたものを原材料にしているケースもあるということです。

 

上記の「ビスケット」のように。

 

植物油脂とかショートニングと書いてあれば、原材料の表示を見れば一目瞭然です。

 

しかしこの場合それが困難であること。

 

これではまるで中のデータが見えないフォルダ階層のようですよね。

 

フォルダ

 

パソコンならばクリック一つで中を開けられますが、商品パッケージに記載している状態ですと、もう予想するかメーカーにいちいち確認しないと確かなことは分かりません。

 

まあすでに「植物油脂」という表記も不親切だと感じるのですが・・・。

 

本来ならさらに踏み込んで「パーム油」とか「なたね油」とか油の種類を書いてほしいんですけどね。

 

植物油脂だと大分類すぎるのです。

 

逆に質の良い油(本物のエキストラバージンオリーブオイルなど)を使っている場合にはメーカーさんは必ずと言っていいほどパッケージでアピールしてきますから。

 

単なる植物油脂となっているものは疑いの目で見ざるを得ませんよね。

 

ですが普通に買い物をしてそこまで原材料を見極めて買うというのも、かなりハードルが高い作業になります。

 

とは言え、もう少し勉強していかないといけないなあとも感じます。

 

結局これらの不安を取り除く究極の解決策は「自分で作る」ということだけかと。

 

でもこれがなかなかできない。

 

だって調味料さえも一から作るって、少なくても私には無理そうです。

 

そこまで厳密にすることはできないけれど、加工食品を少しずつ減らしていく努力はやっぱり必要ですね。

 

春休みの子供のお昼・・・おにぎりで乗り切ろう

おにぎり3つ

毎度のことですが悩みます・・・。

給食のありがたさをひしひしと感じています。

 

「今日のお昼ご飯は何?」

 

と聞くのは子供サイドから見ればフツーなことですが母は真剣に悩んでいるのです。

 

朝起きて家族の朝食を作り後片付け・掃除・洗濯をしていると、あれ?もうお昼ご飯作る時間!ってなるわけで・・・。

 

っていうか私、毎回子供の長期休暇に同じようなこと言っていますね。

夏休み、それは子供のお昼ご飯に悩む日々

 

冬休みや春休みは夏休みとくらべると日数が短いのでまだマシですが。

 

でもやっぱり悩みます。

 

ただ栄養のことだけ考えて用意してもクレームくるし。

 

もうね自分で作ってくれるくらい成長してくれれば楽になるのでしょうが、まだ小学生ですから。

 

言葉だけは一人前、しかし行動がまだまだ伴いません。

 

たいていこういった長期休暇に食の質が落ちるケースが多いので気を引き締めるようにしていますが、オヤツも普段より食べるしきっと要らない油も食べてしまうでしょう。

 

それでもありがたいのは、うちの子の場合「おにぎり」が好きなこと。

 

おにぎり?

 

ええおにぎりです。

 

おにぎりと言えば作るのも実に簡単、しかも色々な具を中に入れたり混ぜたりして栄養を強化することも可能なのです。

 

ちなみにおにぎりと言ってもコンビニやスーパーで売っている既製品には時に植物油脂が入っているものもあるので要注意です。

 

マヨネーズなんかを使っている具材だけではなく、ご飯自体に植物油脂が混ざっていたりするので油断はできません。

 

やっぱりおにぎりくらいは自宅で作るべきですよね。

 

ご飯炊いて塩さえあれば不格好でもおぎにりは完成します。

 

作り手の主婦としてはおにぎりはかなりありがたいもの。

 

具をちょっと工夫するだけで、あまり飽きることなく頻繁に食べることが可能ですから。

 

ですから今回の春休みには何種類かのおにぎりを食べさせました。

(さすがに毎日ではありませんが)

 

特にうちの子が好きなのはワカメのおにぎり。

 

ワカメのおにぎり

 

刻んだワカメと塩、あれば白ゴマと鮭なんかも混ぜたりします。

 

それと以前紹介したことがある亜麻仁のおにぎり。

受験生の夜食にピッタリ!亜麻仁と塩のおにぎり

 

醤油が香ばしい焼きおにぎり。

 

オリーブオイルとかつお節のおにぎり。

 

そこにブロッコリーやトマトの野菜サラダやフルーツをプラスしたり、冷凍しておいたおかずの残りなんかを出してしのいでいます。

 

 

寒の戻りにオリーブオイル入りのホットココアがしみる・・・

桜と雪

2018年3月21日春分の日。

 

寒かったですね。

 

東京で桜の開花宣言があったのが17日。

 

この冬は大雪が降ったりとかなり寒さが際立っていたので桜の開花も遅いのでは・・・と思っていたのに蓋を開けてみれば平年よりも9日も早い開花宣言でした。

 

確かに3月になってからビックリするほど暖かくなったのです。

 

うちの近所にある桜も二分咲きくらいになっていて、お花見の計画でもたてようかなあと思っていた矢先。

 

確かに桜が咲いてから雪が降るということは時おり起こるものですが、それでも身体にしみるこの典型的な「寒の戻り」「花冷え」には心底堪えました。

 

朝、起きてみたら雨が降っていて・・・。

 

寒いなあと思いながら室内に洗濯物を干していたところ、ふと窓の外を見るとなんか白い?

 

明らかにみぞれまじりとなっています。

 

家族みんなで唖然とする中、あれよあれよという間に本格的な雪らしきものもまじってきました。

 

まさかの雪かき再び!?

 

結果としては積もるほどではありませんでしたが、これは「雪が降った」と言っていいのではないでしょうか。

 

どうやら箱根あたりではとんでもない積雪だったようですね。

 

暖かい日が続く中での突然の寒さというは本当に堪えます。

体感温度がかなり低く感じる・・・。

 

エアコンで暖房はつけていたのですが、どうも身体の芯から冷えてくるように感じて子供といっしょに凍えていました(笑)

 

そこで作ったのがホットココア。

 

以前も紹介したことがあるオリーブオイル入りのココアです。

子供の便秘~オリーブオイル入りココアを飲んだら・・・

 

子供にはこの記事通り、小さじ2杯、そして私には大さじ1杯のエキストラバージンオリーブオイルを入れて作りました。

(あ、夫は仕事でした)

 

一口コクリ。

温かさがじわじわと身体にしみ込んでいきます。

 

オリーブオイルで膜ができるからでしょう、温かさも持続してくれてなんだかとってもほっこりしますね。

 

身体もですが心も温かくなるような飲み物なのです。

 

最悪の場合、床暖房のお世話になろうと思ったのですが、つけなくて済んだのは明らかに「オリーブオイル入りのココア」のおかげ。

 

それにしても、この雪、やっぱり異常気象なのでしょうか。

 

最近は夏も冬もいつでも異常気象が・・・なんて言葉を聞くことが多いので、何か異常で何が正常か判断がつかなくなってきました。

 

まあなるようにしかならないのですが、個人的には寒いのも暑いのも苦手。

 

春の穏やかな日ができるだけ長く続いてくれるとありがたいです。

 

 

オイルなし~ホワイトデーはフリーズドライ・フルーツでした

フルコレ_フリーズドライ_2 (1)

夫からホワイトデーにフリーズドライフルーツをもらいました。

 

私がバレンタインデーにあげたのはこちら↓

超高級を堪能!プリン研究所のプリンを食べた感想・口コミ

 

別に油の入っていないものを、という指定をしていたわけではありません。

 

でも私がよく油に関して言っているからでしょうか。

 

今回のホワイトデーでのお返しにはオイルはもちろん添加物は一切入っていない「フリーズドライ・フルーツ」を買ってきてくれました。

 

フルコレ_フリーズドライ_2 (2)

↑フルコレ(frucolle)

 

現在どうやら百貨店などで販売しているのみ(?)のようです。

 

きっと会社帰りにどこかのデパ地下で買ってきてくれたのだと思います。

 

・ブドウ

・キンカン

・イチゴ

・ブラックベリー

・パイン

 

以上5種類のミックスバージョンです。

 

もちろん原材料はフルーツのみ。

その他の添加物等は入っていません。

 

これだけで結構な値段すると思う。

 

「フリーズドライ」とはその名の通り食材を急速冷凍した後、真空状態で水分を飛ばして乾燥させたものです。

 

水分がないので長期的に長持ちするのと、栄養の劣化が少ないのがメリットと言われています。

 

宇宙食や非常食として有名ですよね。

 

栄養成分の記載がなかったのですが、おそらくフルーツのビタミン等があまり劣化していない状態で豊富に含まれるのだと思います。

 

脂質はほぼなし、あってももちろん元々の素材の分だけなので問題ないでしょう。

 

一般的にドライフルーツの場合、レーズンなどのように植物油脂が添加されていたりその他の添加物が含まれるものも多いですが、こちらはそんな心配はありませんでした。

 

また食感もいわゆる天日干しのドライフルーツとは違いますね。

 

どちらが好きかは好みが分かれそうですが。

(ちなみに私はどちらも好きです。)

 

フリーズドライフルーツは水分が完全に抜けていますから、非常に軽くサクサク・パフパフした感じになります。

 

フリーズドライのイチゴ

 

上のイチゴなんかは種の一粒一粒までがプチプチしていて口に入れると程よい酸味と甘味が広がります。

 

酸味って抜けてしまいそうな印象でしたが、そのまま残っているためフレッシュ感が味わえるのですよね。

 

また瓶を開けるととても芳醇なフルーツの香りがフワッと広がります。

 

私が一番気に入ったのはキンカン。

 

フリーズドライフルーツ_キンカン

 

もう美味しいのなんのって。

 

ちょっとほろ苦いのですが、柑橘系の爽やかさをこれでもかと味わえました。

 

ブドウは濃厚な甘さが際立ちます。

 

ただね、キッチリたっぷり詰めてくれるのはありがたいのですが、瓶から出す時にイチゴが大きすぎて出てこない(笑)

 

多分一定の角度で出し入れしないとひっかかるのでしょう。

 

爪楊枝をそおっとさして出しましたがちょっぴり欠けてしまったのは残念。

 

フリーズドライフルーツはそのまま食べても美味しいですが、紅茶などに浮かしてフルーツティーにしたりシリアルやヨーグルトにトッピングしても美味しいです。

 

まさに自然そのままなので子供のおやつにも最高ですよ。

 

軽すぎてお腹の足しにはならない感じですが、非常食のオヤツとしてあってもいいかも。

 

癒し要素も満載でストレス軽減しそうな気がします。