カテゴリー:オイル日記の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:オイル日記

喉が痛いから取りあえずオリーブオイルを舐めてみたら・・・

口を開けているカバ

民間療法というものはたいてい眉唾物だと思いますが、民間療法を全く実施したことがないという人は少ないのではないでしょうか。

 

実は最近オリーブオイルを使って民間療法(?)をやってみました。

 

もちろん根拠は自分だけで他の方がどうなるのかは全く分かりません。

 

3月になってからというもの、どうも喉の調子が悪くなっていました。

 

3月の東京は20度くらいになってみたり再び10度以下になってみたりと激しい温度差を繰り返していました。

 

案の定、若干の体調不良。

 

特に私は喉や気管支系が弱く、今回もまっさきに喉の痛みとなって現れてきたのですが・・・。

 

ハチミツを切らしていた。

 

あ、よく考えてみたらハチミツも民間療法ですかね。

 

私は喉が痛くなるとハチミツを直接舐めたりハチミツ大根(ハチミツにつけた大根のエキスを飲む)を試したりするのですが、これって子供のころ母親がやってくれたことをずっと実施しているのです。

 

実際に劇的な効果があるわけではないのですが、何となく「いいんじゃない?」ってくらいには感じるわけで・・・。

 

のど飴はあまり好きではなく(というより飴そのものがあまり好きではない)、我が家ではたいてい喉のためにハチミツを常備しておくのですが、それをちょうど切らしてしまったということ。

 

で、どうしようかなあ・・・と思っていた時、ふと「オリーブオイル舐めてみようか」と思いつきました。

 

根拠?

特にないんですよね。

 

ただ何となく良さそうだと思ったから。

 

ほら、よく「オイルうがい」って聞きますよね。

 

確かココナツオイルかゴマ油だったと思うのですが、オイルだったら喉の粘膜を保護してくれそうな気がしたので、だったらオリーブオイルでもいいのではってことで。

 

しかもオリーブオイルにはポリフェノールが含まれているし。

 

ポリフェノールの中には炎症にも良さそうなものが確かあったはず。

 

とは言え、喉にとって本当に良いのかどうかは全く知らないままでのトライだったのですが舐めてみることにしました。

 

その量、小さじ半分くらい。

 

私はエキストラバージンオリーブオイルをストレートに飲める人間ですので特に気持ち悪さはありません。

 

それどころか、まずは口に入れてからしっかりまったり時間をかけて喉に流し込みました。

 

すると多少ピリピリ感があったのですが(ポリフェノールのために)、喉の痛みを逆なでするほどでもなくそのまま胃の中に落ちていきました。

 

そしてその結果ですが・・・。

 

なんかね、予想以上にいいんですよね。

 

痛みが消えたわけではないのですが、不快感が緩和したというか、そしてそれがかなり持続したような気がするのです。

 

これはあくまでも気休め程度であり私がそう感じただけなのでしょうけど、個人的には「とっても良い発見をした!」と思いました。

 

これはきっとオリーブオイルをただ単に体内に取り込んだからではなく直接飲んで喉を通過させたのが良かったのかも。

 

舐めたり飲んだりするのが苦手な場合はオリーブオイルうがい(ガラガラぺっと出す)でも良いのかもしれません。

 

 

オリーブオイルが嫌いな人って結構いるのかも・・・

オリーブオイルとサラダ

オリーブオイルに対してとても美味しいと感じている私ですが、もちろんそうは思わない方もたくさんいるのが現実です。

 

日本人の何%が・・・なんてことは知りませんが、私の周りの人達から判断してみても意外とオリーブオイルは苦手という人も少なくありません。

 

 

「それは本物を知らないから」

 

 

とは言えない。

 

いくら本物・最高級のオリーブオイルだとしても、それは必ずしも個人の嗜好を変えてしまう手段にまではならなものです。

 

今まで何度か友人達と話をしている時にオリーブオイルのことが話題になったことがあるのですが(大体は私がふっているのですが)、時にはオリーブオイルが嫌いだという人もいました。

 

その理由としては「風味そのものが苦手」というものが一番多かったです。

 

また「オリーブオイルをかけると料理の味が変わってしまうから」という人もいました。

 

オリーブオイルは風味自体が特長あり調味料としての役目もはたしているという点が他のオイルとは少し違っているのですが、そこがまさにオリーブオイルの良さなわけで、これが好きではないと言われてしまえばもう仕方ありません。

 

そりゃあそうですよね。

 

だって人には好みがありますから。

 

どんな美味しいと言われるものだって全ての人に受け入れられるということはまずありません。

 

ただしそんな方でもオリーブオイルに注目している方はたくさんいます。

 

特に健康や美容に対する意識が高い人。

 

そんな人達はやっぱりポリフェノールなどには詳しいものです。

 

また地中海式ダイエットなども本当によく知っています。

 

確かにオリーブオイルはポリフェノールを含んでいますし(本物のエキストラバージンオリーブオイルに限りますが)、地中海式ダイエット(健康法)の中の一つとしてオリーブオイルを摂取するのも事実です。

 

ですがオリーブオイルに入っているポリフェノールの量は実はそれほど多くはありません。

 

もし健康のために好きでもないオリーブオイルを使って調理をしていたりサラダにかけて食べている人がいたら、ちょっと待って!と言いたいです。

 

毎日の食事でムリをするほどオリーブオイルの中に含まれるポリフェノールに過大な期待をしない方がいいかもしれません。

 

実は私の友人にも一人、オリーブオイルはあまり好きではないけど地中海式健康法に憧れているためオリーブオイルを買っているという人がいました。

 

「そのうち(味に)慣れるでしょ」と。

 

でもそれって「なんだかなあ・・・」っていう気もします。

 

それなら良質なオリーブ(オイル)のサプリにしたらいいのにって思ってしまいます。

 

黄金のサプリメントの粒

 

水でゴクンと飲んでおしまいですし、ポリフェノールや他の栄養も確実にとれると思うのです。

 

我が家はオリーブオイル大好き一家のため、家族みんなでパンにつけたりして食べていますが、健康のために食べているというより(もちろんその意味もありますが)単に「美味しいから」というシンプルな理由でいただいています。

 

 

でもムリはいけません。

 

健康のために何かやるとなると食事でも運動でも長期戦になります。

手軽で苦痛が少ないということもとても重要になってくるものです。

 

参考記事

【サンオレア】オリーブオイル超えのパワーで地中海式健康を目指す

 

 

3歳児がブラックコーヒー!?と思いきや・・・もっと悪いかも

アイスコーヒー

ちょっとビックリし心配になった話。

そしてお節介を焼いた話です。

 

昨日、あるママ友さんとランチをしてきました。

 

学校の役員の仕事を一緒にしたことがきっかけで仲良くなったのですが、その方と近所のお店に行きお食事をしたのです。

 

その方には3歳のお子さんがいるのですが、その子も同伴。

 

楽しく話をしながらランチをしたのは良かったのですが、ちょっとビックリするような光景を目にしてしまいました。

 

その光景とはその3歳児・・・・ではなくお友達らしい別の3歳児。

 

私達の直後に入店した方にママ友さんのお友達親子がいまして、その連れてきた3歳児の男の子のことです。

 

隣に座ったこともあり私も会釈だけはしてみました。

 

で、問題はその男の子。

 

なんとキッズドリンクバーで持ってきたのがアイスコーヒーでした。

 

それだけでもちょっとビックリですよね。

3歳ですから。

 

でも更にビックリしたのが、それと一緒にガムシロップとコーヒーフレッシュを大量に持ってきたこと。

 

そしてお母さんが当たり前のようにガバガバと入れ始めたではないですか!

 

色はコーヒー牛乳のような・・・というより白に限りなく近い。

(横目でまじまじと見てしまった)

 

ほら私、こんなブログ書いているのでコーヒーフレッシュにはちょっとうるさいのですよ。

コーヒーフレッシュの成分って何?トランス脂肪酸をチェック

 

以前も書いた通り我が家にはコーヒーフレッシュがあることはあるのですが、あくまでもお客様用に購入しているのであって家族は通常使いません。

 

そしていつも賞味期限がきてさようならって感じなんですよね・・・。

 

コーヒーフレッシュはまったくの人工物。

 

かと言ってたまに1個入れるくらいなら目くじらを立てる必要もないのかもしれません。

 

つまり驚いたのはその量です。

 

小さい子供用のカップについだ少しのアイスコーヒーに3個も4個も入れた(かなりガン見)ものですからちょっと衝撃を受けたのでした。

 

ガムシロップも入れたので、おそらくとてもマイルドに仕上がっていると思います。

 

「おいしい?」「おいしい!」という会話が聞こえてきました。

 

で、更に事態は悪い方向へ。

 

「おかわり」をしました。

 

野菜ジュースなど子供が好きそうなドリンクもあったのですが、その子はそれだけをおかわりして飲んでいました。

 

もちろん再びガムシロップとコーヒーフレッシュをてんこ盛りで持ってきて。

 

私の眉間にシワがよっているのに気が付いたのか(いやそうではないと思うけど)、ママ友さんが「○〇くん、コーヒーなんて飲んでるの?すごいね~。」と話しかけました。

 

すると

 

「うん、いつも飲んでるよ。ブラックだと身体に悪いからミルクと砂糖は入れるけどね。」とお母さん。

 

うーんちょっとズレているのか私がうるさすぎるのか・・・。

 

しかしどうにも我慢ならなくなり

 

私「でもコーヒーフレッシュも身体にあんまりよくないからほどほどがいいかもしれないですよ♪」と・・・つい言ってしまいました。

 

「♪」をつけたのはその時の言い方のニュアンスをなんとか表しているということで。

 

私がいきなり話しかけたのでちょっとビックリしていたのですが「そうなんですか?知らなかった。」と返していただきました。

 

ちなみにガムシロップもあまりよくないみたいですしね。

 

さすがにあの量を3歳の子がおかわりをして飲んでいる姿は見ていられませんでした。

(気持ち悪くならないのかなあ・・・)

 

たぶんお節介だったと思いますが後悔はしていません!

 

ちなみにママ友さんのお子さんはしっかりお食事をしてからデザートにバニラアイスを食べていました。

(すごく平和に見えたのはなんでだろう・・・)

 

 

残念なバレンタインになってしまいました

先日のバレンタイン、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

うちの子も張り切ってバレンタインチョコを作る予定でいました。

 

本人は友チョコだけと言っていますが、本命がいるのかいないのかは・・・まあ聞かないでいることにしましょうw

 

レシピは去年のこちら。

高カカオチョコレートでトリュフを作ろう!(バレンタイン企画)

 

高カカオチョコレートや植物油脂の入っていないチョコレートを使った美味しいトリュフです。

 

昨年とても好評だったので、今年はこれに少しアレンジを加えたより見栄えの華やかなものを作ろうとしていました。

 

作るのはバレンタインの前日(つまり13日)の夜、早目の夕食を済ませてからのはずでした・・・が。

 

 

「お腹痛い!」

 

 

夕食後、子供が突然腹痛を訴え苦しみだしました。

 

ちょっと汚い話ですが、何度もトイレに駆け込むはめに。

 

うーん何でだろう・・・。

食べ物で思い当たることもないのですが・・・。

 

念のため熱をはかってみましたが完全な平熱です。

 

吐き気はないようなので、ノロでもなさそうだし・・・。

 

しかしこの状態でひと様にあげる予定のお菓子を作るのはマズイですよね。

 

何かの菌の入ったチョコレートなんて想像したくもありません。

 

ということでチョコレート作りを中止することにしました。

 

子供は「えー!!何でよ~」なんて言っていましたが、万が一のことがあったらどうするの!という母の説得に最後はしぶしぶ納得してくれました。

 

少し遅れちゃうけど後日作って渡せばいいのでは?という話もしたのですが、子供も最近はすごく忙しく習い事を含めて数日間はチョコレートを作っている時間はありません。

 

じっ、じゃあホワイトデーに作ったら?という母の提案にも、全く気が乗らなくなってしまったようでした。

 

今回は張り切っていたからなあ・・・。

(やっぱり本命がいたのか!?)

 

しかしバレンタイン当日には数名のお友達から友チョコをもらった(全部手作り)ので、やっぱりホワイトデーにお返しをしないといけません。

 

その時に気が向いたら作るでしょうし、もうやる気がなくなっていたら市販のものをあげることになるでしょう。

 

うちの子、やる気がみなぎっている時は寝食忘れるくらいなのですが、一度それが切れてしまうともうダメなんです。

困りますね・・・。

 

ちなみに父親に渡したのがこれ。

 

ラッピングした明治高カカオチョコレート

↑常に我が家に常備してある高カカオチョコレート

夫もよくつまんでいるのですが・・・

 

 

急遽感が半端ないですよね・・・。

これで莫大なお返しをもらえるなんて・・・ねぇ。

 

ところで後日、子供が「そういえばあの腹痛、昼間にパ〇コ食べたからかも」と言い出しまして・・・。

 

え!?

 

実は13日、学校から帰ってきてから近所のスーパーに足りない材料を買いにいったのですが、その時喉が渇いたからとパ〇コを購入して2本一気に食べたらしい。

 

あんた、2月のこの寒い時期に・・・。

 

こういうのを自業自得というのではないだろうか。

 

とりあえずインフルエンザもはやる時期、うちの子以外にもやっぱりバレンタインを棒に振った子がクラスで数名いたそうです。

 

それにしても義理チョコ、友チョコ、〇〇チョコ・・・。

最近では過剰傾向に反動がきてやめる風潮も出てきましたね。

 

来年はどうなることやら。