カテゴリー:おすすめなえごま油の記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

主にエキストラバージンオリーブオイルとDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強していく様子を紹介するブログ

カテゴリー:おすすめなえごま油

国産をお探しなら亜麻仁油よりえごま油がいいかも

えごまの葉と実

国産の亜麻仁油を探していて分かったのは純国産の亜麻仁油が非常に少ないといこと。

 

それと比較して、えごま油は国産のものも多いようです。

 

今回は国産のえごま油をご紹介したいと思います。

 

えごまは日本でも古代からあった

 

えごまはシソ科の植物です。

葉っぱを見ればそれはまさに青シソです。

 

えごまの葉っぱ

 

えごまは日本に古代からあったようで縄文時代の遺跡からも見つかっています。

 

有名な「縄文クッキー」にもえごまが入っていたそう。

 

今でも日本の各地で栽培されていますが、主に東北や長野あたりが有名なようです。

 

私の近所でもえごまの種が売っていましたから、いつか機会がありましたら栽培してみたいですね。

 

このように亜麻と比較してえごまは日本に古くから定着して栽培されてきたもの。

 

ゆえにえごま油も純国産のものが手に入りやすいと思います。

 

ただ注意することが一つ。

 

亜麻仁油もそうですが、栽培からボトリングまで全てを日本国内でやっている「純国産」のものと、外国で栽培されたえごまを日本国内で搾油するといった半分(?)国産というものもあります。

 

もし純国産をお探しのようでしたらこの点をよく確認してくださいね。

 

 

国産だけにとらわれず製造方法などもチェックして

 

国産というと身近な存在ですし安心感があるため国産にこだわっている人も多いと思います。

 

ただ国産だからと無条件で信頼するよりは、油の質にも注目し製造方法などにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

・産地はどこか?

・油の搾油方法は?

・熱は加えているか?

・農薬は使われているか?

 

えごま油はオメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸が非常に多いことが最大のメリットですが、非常に熱に弱いという欠点があります。

 

できたら国産かどうかと同時に、搾油方法や精製の有無などもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

どうせならできるだけ農薬を使わないで栽培し、低温圧搾(コールドプレス)など熱を極力加えない搾油方法、そして未精製のものが望ましいと思います。

(ただし風味のクセが強くなる傾向にあります)

 

純国産のえごま油をピックアップ

 

ここではいくつか純国産えごま油をご紹介したいと思います。

 

黄金の油【島根県】 【奥出雲町】【低温圧搾一番しぼり】 純国産えごま油50g

 

農薬や化学肥料を使用しないで栽培したえごまを丁寧に絞ったえごま油。

低温圧搾で濾過なし、成分もそのままです。

 

 

国産えごま油 【岐阜県産】 飛騨えごま100% 生搾り 【ご注文後に搾油するから新鮮】

 

農薬不使用の飛騨えごまを100%使用しています。

注文を受けてから搾油するというこだわりっぷり。

もちろん低温圧搾です。

 

 

肥後製油 きくちの生搾りえごま油 45g

 

熊本県の菊池地区の黒えごまだけを使用しています。

無農薬で一切熱を加えていません。

 

 

まとめ

 

えごま油も亜麻仁油もα-リノレン酸の含有量はほぼ同じ。

 

ポリフェノールの種類などに違いはありますが、オメガ3(α-リノレン酸)を目的とするならばどちらもあまり変わらないと思います。

 

もし国産のものにこだわるのなら亜麻仁油ではなくえごま油に切り替えるというのもありかもしれません。

 

参考記事

えごま(荏胡麻)油について

亜麻仁油(フラックスシードオイル)について

 

 

 

オフィスに旅行にオメガ3オイルの使い切りパックを

朝日「えごま油」の使い切りパック

健康のためにやっている食事療法でも運動でも肝心なことは継続することです。

直ぐに目に見える変化は現れません。

 

でも継続を止めるきっかけになりやすいタイミングとして、旅行や帰省でいつもと違う状況になった時、そして仕事の関係から生活が不規則になった時などが多いと思います。

 

良い習慣を途切れさせるタイミングとは

 

私が健康のためにやっていることの一つは、オメガ3系オイルを毎日摂取すること。

 

主に亜麻仁油ですが、時々えごま油を買う時もあります。

どちらもオメガ3(α-リノレン酸)を50%から60%くらい含有している油です。

えごま(荏胡麻)油について

亜麻仁油(フラックスシードオイル)について

 

続けるコツは習慣にしてしまうことで、私は大抵ランチのタイミングでとるようにしています。

 

でもそんなコツコツやってきた習慣がパタッと途切れるきっかけがあります。

 

それが旅行や帰省の時。

 

私はダイエットで挫折したことが何度かあるのですが、どれもやってきた良い習慣がいったん旅行や帰省で行動パターンが変わることが原因だったと思います。

 

どうしても美味しいものを食べてしまいますし、その後ズンっとモチベーションが下がってしまいます。

 

この辺は心の弱さなんでしょうね・・・。

 

 

携帯に便利な使い切りパックで乗り切る

 

ダイエットは別として、オイルに関しては携帯できる使い切りパックなどを利用して持ち歩くことにより、普段の食事と違う状況(家で食べれないとか)であっても続けることが可能になります。

 

朝日「えごま油」の使い切りパックの1包

 

 

 

現在うちにあるのが朝日「えごま油」(3g入り)の使い切りパック。

 

さすがに旅行に瓶(ボトル)のまま持ち歩くのは難しいので、こういったタイプのものが重宝しますよね。

 

これならば、簡単に旅行先に持って行っていくことができます。

 

朝日「えごま油」の使い切りパックの栄養成分表示

↑一日の摂取目安(3g)が1パックに入っています

 

旅行先や帰省先で出てくる美味しい食事にかけるのはちょっと・・・と思う方も、朝食に飲むジュースに入れたり、ヨーグルトにまぜたりやしやすいのではと思います。

 

私も実家に帰省した時には、朝食に食べたヨーグルトにまぜて食べました。

 

職場に持っていってランチの時にとるのにも便利。

「健康のためにとっている」となれば、同僚にもあまり違和感を持たれないのでは?

 

もちろん外出時だけではなく家にいる時でも使いやすいと思いますよ。

 

ボトルからかけると時々ドッと出てしまうということがありますが、使い切りならそんなことはありません。

 

量る必要もないですし、衛生的だし酸化も防げますしね。

 

今回ご紹介したのはえごま油ですが、亜麻仁油の使い切りパックもあります。

 

 

全てのメーカーで使いきり(ミニパック)を出しているわけではないので、お気に入りのオイルが手に入らないかもしれませんが、旅行時だけと割り切ってしまえばなかなか使い勝手が良いと思います。

 

良い習慣を途切れさせない一つの手段としておすすめです。

 

紅花の「有機 荏胡麻油(えごま油)」を購入する

紅花の荏胡麻油

紅花の「有機 荏胡麻油」を購入してみました。
えごま油を買ったのは今回が初めてです。

 

 

近所のスーパーでえごま油をチェックしていたところ、「有機」と「低温圧搾法一番搾り」の文言が目に留まりこちらを選択しました。

 

JAS規格にも合格し遮光瓶に入っているという、なかなか品質に気を使った商品だと思います。

 

紅花荏胡麻油の商品説明文

 

価格は170gで1000円ほど。

 

少し気になる点といえば、原材料のえごまが中国産だということです。

 

紅花荏胡麻油の成分表示と原産地名

 

気になる人はチェックしておいた方がいいでしょう。

私も普段気にする人ですが、今回は見逃してしまいました。

 

ですが国産だから安全とはいえなくなってしまった昨今の日本。

ただ中国産というだけで拒否反応するのも少し違うような気がします。

 

この辺のことは私のブログの主旨からはちょっぴり外れますので、一応「中国産ですよ」という事だけをご報告します。

 

ということで、早速食べてみることにしました。

 

フタを開けて匂いを嗅いでみたところ、かすかな魚臭を感じました。

 

ちなみに、少し前まで使っていたニップンの亜麻仁油に関してはほぼ無味無臭だったので、余計に敏感に感じてしまったのでしょう。

 

それほど強烈ではないので、もしかしたら他のメーカーのえごま油よりはにおいが薄いのかもしれませんが、私の鼻には多少感じたということです。

 

ちょっと舐めてみましたが、やはりかすかなクセを感じました。

(これもニップンの亜麻仁油との比較です)

 

そこでやっぱりこの食べ方だろうと↓(笑)

グラノーラと荏胡麻油

 

今回はカルビーのフルグラにかけて食べようと思います。

(植物油、つまり「見えない油が」入っているので控えめに・・・)

 

グラノーラにえごま油をかけている図

 

この通り、少し黄色がかったオイルです。

 

プレーンヨーグルトと一緒にしっかり混ぜて食べてみると、全然クセを感じません!

 

つまりその程度のにおいとクセだったということ。

私の場合、もしそのまま舐めろと言われればちょっと考えてしまいますが、このように他の素材と合わせてしまえば、全く問題なしでした。

 

グラノーラにヨーグルトをかけ、オメガ3系オイルをかけて食べるのは私のお気に入りなのです。

マイルドになり腹持ちがいいので、昼食はこれで十分満たされます。

 

結論として、紅花の「有機 荏胡麻油」は、味的には全く大丈夫でした。

次回はドレッシングを作って確かめてみようと思います。