α-リノレン酸がとれるオイルとして、これまで主にえごま油と亜麻仁油をとってきましたが、今回とあるスーパーでチアシードオイルを見つけたので購入してみました。

 

チアシードオイルとは?

 

チアシードオイルとはご存知の通り、チアというシソ科の植物の種子を搾ったオイルになります。

加熱できるオメガ3オイルはあるの?

 

チアシードといえば、「これさえ食べていれば他に何も食べる必要がない」なんて言われるほどのスーパーフードです。

(ホントかは別にしてw)

 

そんなチアシードを搾ったオイルですが、何が凄いってα-リノレン酸の含有量が非常に多いということです。

 

たとえばα-リノレン酸を多く含むと言われているオイルのおおよその含有量を比較してみます。

 

・亜麻仁油・・・57%

・えごま油・・・58%

・サチャインチオイル・・・50%

・チアシードオイル・・・60%

・カメリナオイル・・・38%

※メーカーによって含有量に多少の違いがあります

※カメリナオイルは厳密にはオメガ9系オイルに分類されます

 

この通り、α-リノレン酸の量としてはチアシードオイルが一番多くなっています。

この他にもビタミンE、ケルセチン・ミリセチン・ロズマリン酸などといったファイトケミカルも含まれると言われています。

 

今回私が購入したのはケータックプランナーズのチアシードオイルです。

(上記画像参照)

 

ケータックプランナーズといえば、私はグレープシードオイルも購入しています。

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

 

ケータックプランナーズは主に南米で生産された農産物から作った油やお茶などを販売している会社です。

 

今回購入したチアシードオイルもチリ産でコールドプレスになります。

こちらもグレープシードオイル同様コレステロールはゼロです。

 

コレステロールゼロの表示

 

チアシードオイルの栄養成分表示

↑α-リノレン酸含有量「60%」となっています

 

また、加熱時の注意が記載されているところを見ると、一応加熱はOKということだと思います。

 

加熱時の注意事項の表示

 

ただし表現を見ると、あまり高温で長時間は向かないと読み取れます。

できるだけ生で食べるか、最小限の加熱にとどめる方がいいのは間違いなさそうです。

 

ケータックプランナーズのチアシードオイルは一部のスーパーや輸入品販売店で売っているようですが、ネットですと現在アマゾンなどでの取り扱いはないようです。

(2017年1月現在)

 

購入したい方はこちらから購入するのが確実かもしれません。

チリ・アンデス・クラブ

 

もちろんアマゾン購入できるチアシードオイルもたくさんあります。
アマゾンでチアシードオイルを探す

 

ちなみに私が購入したチアシードオイルは105gで1700円以上しました。

ちょっと高いので継続するとなると考えてしまいます・・・。

 

チアシードオイルを実食!

 

それでは実際にチアシードオイルを味わってみたいと思います。

 

まずチアシードオイルをお皿に出してみました。

 

皿に出したチアシードオイル

 

率直に感じたのは結構色が薄めかなと。

 

現在紅花の有機亜麻仁油を食べつくしたところですが、こちらはかなり黄色っぽかったのに対し、ケータックプランナーズのチアシードオイルはアイボリーに近いような黄色に思えました。

 

次に匂いを嗅いでみました。

他のオメガ3オイルと似ているような似ていないような・・・。

 

決して強烈ではないですが、独特な匂いを少しだけ感じます。

自然な野草、ハーブ、新しい家具の匂い、井草・・・といったものを思い起こしました。

(言葉で伝えるのって難しいですね)

 

これも酸化が進むとなかなかの臭いになるのでしょうか。

開封直後ですからそのようなイヤな感じはせず、個人的には結構好きな香りでした。

 

そして味。

まずはそのまま舐めてみました。

 

味も匂い同様、オメガ3系オイルのえごま油や亜麻仁油と共通するものを感じますが、やっぱり少し違います。

 

クセは多少ありますが、意外とサラッとした印象です。

 

私がこれまで試してきた中では、ニップンの精製してあるアマニ油よりはクセがあるけど、紅花の有機亜麻仁油よりはシンプルな味だと思いました。

 

そして今回もシンプルにブロッコリーと赤いパプリカで食べてみることにしたいと思います。

 

ブロッコリーにチアシードオイルをかけたところ

 

チアシードオイルのみに浸して食べたのですが、あまり苦もなく食べることができました。

 

ただ私はオメガ3系の味に比較的慣れてしまっているので、感覚がマヒしているのかもしれません。

 

はじめて食べた人にとってはどう感じるのか。

市販のドレッシングのように「美味しい!」と感じることはないと思いますが、手作りドレッシングの材料として他の調味料と混ぜてしまえばクセも感じなくなるのではと思います。

 

おそらくヨーグルトに混ぜて食べれば全く問題ないレベル、そのままオイルを飲むのは抵抗があるかな・・・といった感じです。

(飲む人もあまりいないか・・・)

 

ちなみにチアシード(種子そのもの)を食べたことのある方は多いと思いますが、チアシード自体はあまり味というものがなく、水分を含んだあのぷるぷる感が特徴ですが、オイルですから当然そんな食感はありません。

 

そしてなるべく早めに食べないと酸化が進み味も臭いも劣化していく可能性があるのは他のオメガ3オイルと一緒です。

 

メーカーや産地によっても味が違うかもしれません。

 

α-リノレン酸の量も非常に豊富なので、より自分の好みに合ったオメガ3系オイルを探している方は一度試してみる価値はあると思います。

 

参考文献:「読むオイル辞典」YUKIE