明治「チョコレート効果 アソート」

最近は健康志向な世相を反映してか、多くのメーカーで高カカオチョコレートを販売しています。

我が家でも高カカオチョコレートの健康効果を期待して高カカオチョコレートをよく購入してきました。

今回は現在家にある明治の「チョコレート効果 アソート」と森永の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」の油脂成分を含めた原材料をチェックしてみたいと思います。

 

高カカオチョコレートとは

 

高カカオチョコレートは原材料に占めるカカオの割合が高いチョコレートのこと。

でも「〇%以上」という明確な基準はなさそうです。

 

市販のチョコレートを見てみると、およそ50%くらいから高カカオを謳っている印象があります。

 

私個人のイメージとしては70%代のものが高カカオといった感じがします。

味の面でもほろ苦さと甘さの両方を感じることができて美味しいと思います。

 

80%を越えると、とたんに苦味に負けて食べるのが辛くなります。

90%以上になると、もはや「良薬は口に苦し」の域に達してしまい眉間にシワが寄ります。

 

うちの子と夫は80%代まで平気でイケます。

それぞれ無理のない範囲でお好みのものを探してみるといいと思います。

(刺激物ですから小さいお子さんは注意)

 

カカオの産地や種類にこだわりがあるメーカーさんも多いです。

カカオの含有量が同じでも、味の違いもありますので色々と試してみるのも面白いですよね。

 

高カカオチョコレートに関しては、カカオポリフェノールが血管や脳の健康、またはガンに有効ではないかとか、精神安定になるのではとか、色々と言われています。

 

私が食べているエキストラバージンオリーブオイルやオメガ3系オイルもそうですが、摂取すれば全ての人に必ず期待した効果が出るというわけではありません。

 

この辺をご理解いただいた上で、楽しみながら高カカオチョコレートを食べていただければいいのではと思います。

 

明治の「チョコレート効果」の油脂成分をチェック

 

まずは明治の「チョコレート効果」(上記画像)。

今あるものは「アソート」で72%と86%が入っています。

 

そんな「チョコレート効果」の原材料名はこちら

明治「チョコレート効果」の原材料名

 

ココアバターの油脂成分だけであり、植物油脂は入っていません。

乳化剤や香料といった添加物はありますが、一度に大量に食べることがなければ許容範囲?でしょうか。

 

ちなみにカカオポリフェノールの含有量はというと、

 

明治「チョコレート効果」のポリフェノール含有量

 

72%が1枚(5.0g)で127mg、86%が1枚(5.0g)で136mgとなっています。

 

ちなみに私が食べるとしたら72%の方だけ。

86%は子供が一日1枚食べています。

 

森永の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」の油脂成分をチェック

 

次に森永の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」です。

 

森永の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」

 

一つ一つが紙に包まれていてちょっと外国のチョコっぽい(!?)

 

3枚の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」

 

そして油脂成分はというと、

 

森永の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」の原材料

 

こちらも植物性油脂はなし、ココアバターの脂肪ということになります。

 

そしてポリフェノール含有量は

 

森永の「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」のポリフェノール含有量

 

70%で1枚(4.8g)あたりのポリフェノールが108mgとなっています。

 

高カカオチョコレートにも注意点はある

 

植物油脂も入っていないし、健康ブームで人気の高カカオチョコレートですが、他の食品同様たくさん食べたからといって必ずしも身体に良いとは限りません。

 

高カカオチョコレートは高カロリーで高脂肪。

そしてカフェインの量も多いです。

 

ですから毎日たくさん食べるのではなく「少しづつ気長に続ける」といった感じがいいのではと思っています。

 

高カカオでも70%代までは結構甘さも感じますし「お菓子でも身体に良いものだから」とつい食べ過ぎてしまうのは注意した方がいいかもしれません。

 

うちでは子供(やはりチョコレート大好き)のオヤツに買っていますが、だいたい一日1枚~2枚のペースであげています。

 

植物油脂が入った可愛いチョコレート菓子よりはいいのでは・・・なんて思って食べさせています。