よつ葉バターと雪印の無塩バター

「飽和脂肪酸」とは融点(個体が液体になる温度)が高いため、常温では個体の場合が多い脂肪酸です。

バターやラードといった乳製品や肉に含まれる脂などがこれにあたります。

 

でもバターやラードといった動物油脂(飽和脂肪酸)ってなんとなく身体に悪いイメージがありませんか?

でも実際のところどうなんでしょう。

 

飽和脂肪酸はとっていいの?ダメなの?

 

飽和脂肪酸(動物油脂)が健康上良くないという理由で、植物油がもてはやされ今にいたります。

 

でも本当のところ「どうなの??」って思いませんか。

 

もちろん人によって一概には言えませんが、植物油にも良い面と悪い面がある以上、単に「植物油」だからとか「動物脂」だからと一括りにしてしまうのは間違いかもしれません。

 

ちなみに「動物油脂=飽和脂肪酸」ではなく、植物油でもパーム油などは常温で固体であり飽和脂肪酸に分類される油です。

 

農林水産省のホームページを見ると、飽和脂肪酸について次の様に記述しています。

 

飽和脂肪酸は、炭素-炭素二重結合を持たない脂肪酸で、乳製品、肉などの動物性脂肪や近年、我が国において使用量が増えているパーム油などの植物油脂に多く含まれています。

これらも重要なエネルギー源ではありますが、とりすぎると血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増加し、動脈硬化が促進されることが予想されています。

近年の研究では、飽和脂肪酸の摂取量が多い場合に冠動脈性疾患、肥満、糖尿病が問題となることが解っていますが、これらの直接の原因が飽和脂肪酸の摂取であるかどうかは明らかではありません。

飽和脂肪酸を多く摂取するような生活習慣が、心筋梗塞や糖尿病リスクを増加させると考えられています。

日本人の食事摂取基準では、飽和脂肪酸の摂取量が少ない場合にも、脳出血、生活習慣病のリスクを増加させる可能性があると考えられており、目標量の上限、下限がそれぞれ設定されています。

 

過剰摂取すると健康上トラブルが発生することが分かっているけれど、飽和脂肪酸が直接の原因かどうかは分かっていない。

 

なんだか微妙な言い回しですよね。

 

因果関係がハッキリしないけれど、たくさんとると実際トラブルが発生するケースが多いということでしょうか。

 

しかも現在の日本人の食事摂取基準では、飽和脂肪酸が少ないケースも良くないらしい。

 

ということはやっぱりポイントは「摂取量」ということなのでしょう。

 

同ページに掲載されている飽和脂肪酸についての目標量は上限が7%下限が4.5%となっています。

これは総エネルギーに対する割合です。

 

例えば私(30~49歳女性)の一日のエネルギー摂取量を2000kcalとすると、だいたいこんな数値になります。

(脂質1gは9kcalで計算)

 

・上限・・・2000kcal×7%=140kcal、140kcal÷9kcal≒15.6g

・下限・・・2000kcal×4.5%=90kcal、90kcal÷9kcal=10g

 

ちなみに上記の計算で脂質全体の総量を計算すると、一日44~45g程度になります。

(一日の脂質を20%で計算)

 

飽和脂肪酸を上限で摂るのか下限で摂るのか、または不飽和脂肪酸(オメガ3やオメガ6)の割合や量も関係してくるので、それによって実際の数値は違ってくると思います。

 

とんかつにはラード、クッキーにはバターがいい

 

私が動物性油脂(飽和脂肪酸)を調理に使うとすれば、ほぼ100%バターです。

 

現在家にあるのは上記画像の二つのバター。

 

よつ葉のバターで作っているのは、主にスクランブルエッグなど。

スクランブルエッグはやっぱりバターで作らないと美味しくないです。

 

他にもピラフなどの洋食にはやっぱりバターが合いますね。

 

そして雪印の無塩バターは子供とクッキーを作った時の残り。

 

クッキーの型をぬく

 

お菓子作りには無塩バターが一番です。

マーガリンやショートニングではなくやっぱりバターが美味しいですし、トランス脂肪酸の量も違います。

 

私は処理が面倒そうなのでやったことがありませんが、とんかつはラードで揚げるのが一番美味しいと聞きます。

カラッとジューシーに揚がるのだそう。

 

とんかつを揚げる図

 

こんなわけで調理用の油脂としての動物性脂肪を徹底的に廃止するつもりはありません。

 

ただ一つ気になるといえば、魚より肉が多いということ。

これはオメガ3(DHAやEPA)のこともあるから、もう少し魚を増やしていきたいのが本音です。

 

結局、NGなのはトランス脂肪酸か

 

結局、良くないのは「トランス脂肪酸」ってことになるのでしょうか。

 

飽和脂肪酸やオメガ6などは、デメリットもあるけれどそれは量の問題。

全く摂らないのも良くないのです。

 

でもトランス脂肪酸だけは、食べないに越したことはないってことですよね。

トランス脂肪酸に関しては上限値を設定している国はあっても下限値がないのがその証拠。

 

ちなみに日本ではトランス脂肪酸の目安量は設定していません。(2016年現在)

 

今の日本人はあまり問題になるほどトランス脂肪酸の摂取量は多くないため、国もこれといった対策はしていませんが、将来的にはどうなるか分かりません。

 

トランス脂肪酸の中には天然のものもあり、そこまで排除する必要はありませんが、量に関係なくできるだけ摂らないように気をつけるとすればやっぱりトランス脂肪酸ということになるでしょう。