グヤーシュ

先日、自由が丘に行った時、ハンガリー料理のお店に入りました。

そこで「グヤーシュ」というハンガリーのスープ(シチュー)をオーダーしました。

 

こちらがそのグヤーシュ。

 

グヤーシュのアップ画像

 

ハンガリーが起源のようですが、ドイツなど近隣諸国でも食べられているようです。

 

牛肉と人参・タマネギなどの野菜を煮込んだもので、味のベースはパプリカパウダー。

 

ハンガリーは「パプリカ」という野菜の品種を作り上げた国で、多くのハンガリー料理にはパプリカが入っているそうです。

 

でもハンガリーのパプリカはあまり輸出していないのか、日本で売られているのを見たことがありません。

地産地消なのかもしれません。

 

今回グヤーシュをいただいたのは、自由が丘にある「キッチン・カントリー」というハンガリー料理のお店。

 

キッチン・カントリーの内部

↑レストラン内もハンガリーっぽい?雰囲気です。

パプリカもつるしてあります。

 

ランチメニューを見ていて、定番ですがやっぱりハンガリーといえばグヤーシュだろうと思いオーダー。

 

ちなみに私はお一人様。

私の他には、一組の家族がいて、後から一人の常連さんぽい初老の男性が入ってこられました。

 

全体的に一人でも入りやすい非常に落ち着いた雰囲気のお店です。

(実際一人で入るにふさわしいお店かどうかとは思いますが、私はいっこうにかまわず(笑))

 

温かいグヤーシュが運ばれてきたので、さっそくいただいてみました。

 

グヤーシュのランチセット

 

もっと濃厚なのかと思いきや、意外とさっぱりしています。

とろみがなくシャバシャバ系でした。

 

野菜もたっぷりでなかなかヘルシーです。

パプリカの香りもしっかり感じました。

 

この他にサラダとライスのセットで1000円程度。

 

なかなか美味しいお味でした。

 

そんなグヤーシュですが、ネットでレシピを見てみると、材料を炒めるオイルはラードが主流みたいです。

 

そういえば、ハンガリーってラードもめちゃくちゃ食べるんでしたよね。

 

とはいえ植物油でも大丈夫。

 

きっとオリーブオイルが合うと思うんだよね。

材料にはトマトも入るし。

 

できたグヤーシュの上に少し垂らしても美味しいのではないでしょうか。

ちょっと自分でも作ってみたくなりました。

 

今回訪れた「キッチン・カントリー」は自由が丘デパートの3階にあります。

ハンガリー料理のお店は珍しいので、機会のある方はぜひ行ってみてくださいね。

 

キッチンカントリー

 

〒152-0035

住所:東京都目黒区自由が丘1丁目28-8

電話: 03-3717-4790

営業時間: ランチタイム 11:30~14:00

ディナータイム 18:00~22:00(ラスト21:30)