一枚のとろべ~

子どものおやつのために「見えない油」がなるべく入っていないものを探しています。

今回は海藻類のおやつについてです。

 

子どももハマる美味しさ~ついつい手がでるとろべ~

 

海藻をたくさん食べる日本ならではでしょうか、海藻を使ったお菓子ってたくさんありますよね。

 

例えば身近なのは海苔の巻かれたおせんべいでしょうか。

おせんべいの嫌いなうちの子でも海苔せんべいだけは食べます。

 

そして何と言ってもまさに海藻そのもののお菓子(いや、おつまみかな)。

 

ソフトおやぶり昆布とろべ~

 

 

そんな中で今回は「とろべ~」をご紹介します。

北海道産の天然昆布を使用しています。

 

こんぶやワカメのおつまみ・おやつって北海道物産コーナーなどではたくさん売っていますが、我が家では(というか子供が)とろべ~が一番好きです。

 

スーパーで手軽に購入できるのも嬉しいところ。

 

海藻おやつと一口に言っても硬さや味付けなど微妙な違いが結構あります。

 

ちょっとしょっぱ過ぎるものや全くと言っていいほど味のない(昆布のみ)もの、また酸っぱいもの。

 

またポリポリとおせんべいのようなのものや非常に硬すぎるものなど食感も色々。

 

そんな中とろべ~は味も食感も我が家好み。

 

とろべ~の特長としてまずその柔らかさ。

2~3枚一度に口に入れてしまっても問題ありません。

 

薄いので(上記画像参照)ペラペラ感があり物足りないという方もいるかもしれませんが、逆にその分よく噛みしめられるためうま味がジュワッと持続します。

 

また味付けに関してもしょっぱ過ぎるということはなく、昆布本来のうま味に調味料が後押ししている感じです。

 

 

とろべ~の原材料を見てみよう

 

とろべ~の原材料を見てみます。

 

とろべ~の原材料

 

昆布の他は調味料等です。

当たり前といえばそうですが、油脂成分は特にありません。

 

とろべ~の栄養成分表

 

不明な油の心配をしなくて良いという点で、我が家では子供のおやつにピッタリだと思っています。

 

ただ一つ、食べすぎはよくありません。

 

というのも手が止まらず場合によっては知らず知らずのうちに一袋食べてしまう人もいるかもしれません。

 

程よい味付けで飽きがこないためついつい手が伸びるのですが、一袋食べると「食塩3g」をとることになります。

 

また消化の点からも一度に大量に食べるのはやめた方がいいかも。

 

おしるこについている塩昆布のように、甘いモノを食べた後に数枚食べるとバランスがいい感じです。

 

うちの子はとにかく海藻全般が大好きなのですが、こうやっておやつに組み込めるのも嬉しいところ。

 

70%の高カカオチョコレートと昆布があれば満足するみたい。

 

最近では毎日5枚くらい食べています。