亀田のカカオ×玄米の袋

亀田製菓から発売された「70%カカオ×玄米」というお菓子の成分調査です。

 

なかなか興味をそそられるコンセプトでしたので購入してみました。

 

亀田製菓の「カカオ×玄米」の油脂成分をチェック

 

亀田製菓から発売された「カカオ×玄米」の原材料と成分をチェックしてみたいと思います。

 

亀田のカカオ×玄米の原材料

 

どうやらチョコレートと玄米生地の割合は1:1のようです。

(亀田製菓のホームページより)

 

結構チョコレート率が高いってことですよね。

 

亀田のカカオ×玄米の栄養成分表

 

脂質は高めですが、不明な植物性油脂はなさそうなのが嬉しいポイントです。

 

食塩はほどんど含まれず、ポリフェノール(チョコレートのもの)が250mg含まれています。

 

食物繊維が2.0g(正確には1980mg)含まれているのも特長です。

 

 

「70%ハイカカオ」プラス「乳酸菌」!

 

使われているチョコレートは70%というハイカカオ。

 

そして最大の特長が「植物性乳酸菌k-1」。

 

亀田製菓が研究開発したお米由来の乳酸菌なのだそうです。

 

一袋あたりに10億個も入っているそう。

 

なんだかグ〇コのビ〇コみたいですね。

(あれは何億でしたか・・・)

 

ハイカカオ、玄米、ポリフェノール、食物繊維、そして乳酸菌。

注目度が高いものばかりです。

 

これらの嬉しい成分で健康を気にしている方にも食べてもらそうなお菓子です。

 

 

和のテイストが美味しい~味の感想

 

亀田のカカオ×玄米一枚

 

一枚一枚がとても軽くて薄いです。

 

亀田の製品らしく和の生地(お米のクラッカー)にチョコレートがコーティングされています。

 

食べてみると1:1の割合が量だけではなく味の面でも良いバランスを保っているのが分かります。

 

玄米が香ばしく、その上にカカオ70%のチョコレートがしっかりとかかっている状態。

 

「和」のテイストに高カカオチョコレートの風味が不思議なほどピッタリです。

 

高カカオらしく甘さは極力控えめですが、ほろ苦さもそれほど強くなくとても食べやすい感じ。

 

生地はものすごく軽く一袋食べてもお腹に溜まる感じはありません。

(・・・って全部食べたんか!)

 

それでも144kcalという低カロリー。

 

最近よくあるしょっぱい系とチョコレートの組み合わせ(ポテトチップスや柿の種など)の一つとも言えますが、実際は塩分はあまり感じずおせんべいの香ばしさが際立っています。

 

ヘルシーなお菓子の一つとして、ちょっとした息抜きに摘まんでみてはいかがでしょうか。

 

日本茶と一緒にいただくとほっこりできるようなお菓子です。