魚の缶詰二つ

避難グッズのチェックを定期的にしているのですが、先日非常食用の缶詰の補充をしました。

 

それを見ていて、缶詰を有効に活用すればDHAやEPAを手軽にとるための選択肢になるのではと思いました。

 

今回は非常食ですので味のレヴューはできませんが、購入してきた魚の缶詰のオメガ3量(DHA・EPA)をチェックしてみたいと思います。

 

魚缶にはオメガ3(DHA・EPA)がこんなにも

 

今回購入した缶詰のDHA・EPAの含有量(100gあたり)はこのようになっています。

 

SSK「うまい秋刀魚味噌煮」

↑SSK「うまい秋刀魚味噌煮」

 

SSK「うまい秋刀魚味噌煮」の栄養成分表示

 

DHA・・・0.57~1.51g(570mg~1510mg)

EPA・・・0.30~0.81g(300mg~810mg)

 

 

マルハ「いわし蒲焼」

↑マルハ「いわし蒲焼」

 

マルハ「いわし蒲焼」の栄養成分表示

 

DHA・・・1936mg

EPA・・・1212mg

 

 

あけぼの「さけ」

↑あけぼの「さけ」

 

あけぼの「さけ」の栄養成分表示

 

DHA・・・850mg(100gで計算)

EPA・・・969mg(100gで計算)

 

こうやってみると、DHAやEPAの含有量がかなり高いというのが分かります。

 

一日の目標値を缶詰一つ食べるだけで軽く達成できちゃうのでは?

 

また今回は買わなかったのですが、亜麻仁油やえごま油が使われている魚の缶詰もありました。

 

まさにオメガ3祭りですね。

 

しかも味も付いているためそのまま食べれるし、安いし、長期保存OKだし・・・なんだこれ缶詰ってかなり優秀かも・・・と今更ですが思いました。

 

これなら高いサプリメントを買わなくても缶詰の方が良いんじゃない?

ふと思いましたが実際のところどうなんでしょう。

 

缶詰は料理ができない人の強い味方

 

缶詰のメリットとして「開けたら食べれる」という手軽さがあります。

 

サプリと違ってちゃんと「おかずとして食べれる」っていうのも満足感があって嬉しいですよね。

 

特に料理ができない人、忙しくて作れない人にとってはかなりのお助けアイテムでしょう。

 

柔らかく煮てあるので骨まで食べれることもいいですよね。

 

つまりDHAやEPAはもちろんですが、魚の栄養を丸ごととれるってこと。

 

この点では家庭料理以上かもしれません。

 

単身赴任のお父さんや一人暮らしを始めた学生さん、料理が大変なご年配の方など、栄養が偏りがちな人は缶詰を上手に利用している人もいると思います。

 

リメイク料理に使う

 

毎日料理をするご家庭でもDHAやEPAをとる一つの手段として缶詰を食べるというのはありかもしれません。

 

ただ個人的には缶詰の独特の味だったり臭いが気になることがあります。

 

そんな時、そのまま食べずに他の料理にリメイクするといいかも。

 

ツナのパスタ

 

料理の材料として缶詰を使うとメニューの幅も広がりそうです。

 

缶詰の問題点はある?

 

缶詰で普段とりずらいDHAやEPAを上手にとる、とても素晴らしいなあと思ったのですが、缶詰ならではの注意点というのはないのでしょうか。

 

というのも缶詰はよく有毒成分が流れ出ている・・・なんて話を聞いたことがあるからです。

 

それは「BPA(ビスフェノールA)」というもの。

環境ホルモンの一つのようです。

 

BPAは缶やプラスチック容器などから溶け出します。

 

特に酸味の強いトマト缶やツナ缶などからこの成分が出ているようです。

 

缶詰は非常に便利なアイテムですが、やっぱり自然のものを食べることには叶わないってことかもしれません。

 

よく調べてできるだけ余計なものが入っていない(またはできるだけ少ない)ものを選ぶというのも大事ですよね。

 

これは缶詰だろうとサプリだろうと他の加工食品だろうと同じです。

 

私個人としては、トマト缶もごくたまには使うし非常食として缶詰は持っておいていいと思っています。

 

でも毎日食べ続けるというのはやっぱりやめた方がいいのかも。

 

この辺のことは各自ご判断ください。

 

わが家では主に非常食として、賞味期限間近になった時リメイクした缶詰料理を食べる、こんな感じになりそうです。

 

でも古くなった缶詰の方がBPAが多く出るそうで・・・。

 

非常食なんですがね。

なかなか上手くいきませんねぇ。

 

それにしてもDHA・EPA量が非常に高い缶詰・・・惜しいなあって思ってしまいます。