ココア

最近子供が便秘ぎみです。

 

ちょうど夏休みに入ったあたりからでしょうか。

 

そこで今回はオリーブオイルを入れたココアを飲ませてみました。

 

子供の便秘、原因は狂ったリズム?

 

うちの子供はあまり便秘をすることはありませんでした。

 

ですが長期旅行などでリズムが狂った時に一過性の便秘になることはあったため、今回も夏休みに入ったことが原因かなと思っていました。

 

アイスを頻繁に食べたり冷房をガンガンかけるので体が冷えたのもよくなかったと。

(筋金入りの暑がりです・・・)

 

とは言え、特に薬を飲むほどではなく、なんとか生活の中でリズムを戻し改善するように努めてきました。

 

普段はこれで元にもどっていました。

 

ところが今回の便秘は今までより治りが悪いようで、秋となった今でもあまり順調ではないみたい。

 

そこで秋から冬にかけてピッタリなオリーブオイルの入ったホットココアを作って飲ませてみました。

 

 

オリーブオイル入りのココア

 

オリーブオイル入りのココアは松生恒夫さんの本を読んで以前から知っていました。

 

 

オリーブココアはココアとオリゴ糖とオリーブオイルを混ぜ合わせて飲むというもので、オリーブオイルをそのまま飲むのが難しいお子さん向けかなと思います。

(もちろん大人が飲んでもOK。)

 

オリーブオイルの量は大さじ1杯が目安ですが、お子さんの年齢や体調によって調整してもいいかと。

 

お湯でもいいですが、お子さんの場合ミルクで作るとよりマイルドに美味しくなるので喜ぶかもしれません。

 

また豆乳でも作れます。

 

我が家では純ココア大さじ1をハチミツ大さじ1で練ってから、半分お湯、半分温めた牛乳を入れました。

 

ココア

 

この分量が一番好みに合っているようです。

 

オリゴ糖ならさらに便秘には良いようなので、もしある方はオリゴ糖の方がいいかもしれません。

 

そして最後にエキストラバージンオリーブオイルを小さじ2杯ほど垂らしました。

 

オリーブオイルを入れたココア

 

見た目は「なんだこの油ギトギト感!?」と思うかもしれません。

 

スプーンでさらっと混ぜただけではどうしても上に浮いてきてしまいます。

 

ですが基本的な味はココアです。

 

オリーブオイルの風味も残りますが、だいぶ薄まると思います。

 

オリーブオイル好きには残念かもしれませんが、あまり得意ではない人には持って来いでしょう。

 

飲んでみると油感はやっぱりありますが、見た目ほど気持ち悪い感じはないです。

 

おそらくココアの濃厚な風味が全てに勝っているからだと。

 

うちの子は最初「何これ!?」と警戒していましたが、思いのほか飲みやすく喜んで飲んでいました。

 

注意事項としては、もし豆乳で作る場合は熱くし過ぎると固まってくるのであまり温めすぎない方がいいでしょう。

 

さらにオリーブオイルが入ると油膜により熱さが持続するので、飲む時に注意した方がいいかも。

 

特に小さいお子さんにあげる時は温度管理には気を付けてください。

 

 

いつ飲んだ?飲んでどうなった?

 

取りあえず数日間、連続で出しました。

 

我が家は夕食をかなり早い時間にいただくので、その後少し経ってテレビを見たり宿題をしている時など(眠る1~2時間くらい前)に飲みました。

 

飲むタイミングについては朝がいいという話も聞きますが、うちの子の場合は朝はイヤだというのでこの時間にあげました。

 

結果、2日目の朝の朝食後、子供曰く「スルッと行った!」と。

 

もっとも運動したり生活リズム(時間)を整えたりと色々やったのでどれが良かったのかは分かりませんが、きっとオリーブオイルも一役買ってくれたのではと思っています。

 

その後、なんとかリズムも元に戻ったようで順調な毎日を過ごしています。

 

それにしてもうちの子がオリーブオイル好きでよかった。

 

オリーブオイルは薬とは違いますし過信は禁物ですが、食品として穏やかに働いてくれるのならとても嬉しいですよね。

 

小さいお子さんにもあげられますが、油は油ですし好みもありますからあまり無理はさせないでください。