キユーピー ゼロ ノンコレステロール

私が今、何とかしようともくろんでいるのがマヨネーズです。

うちの家族はマヨラーというほどではないのですが、やはりないとクレームがきます。

 

そんなマヨネーズですが、もちろん原材料には植物油脂成分が入っています。

 

キューピー「ゼロ ンコレステロール」について

 

取りあえず、今うちにあるのはキューピーさんの「ゼロ ノンコレステロール」(上記画像)という商品です。

 

 

この商品を選んだのは以下を読んでいただければ分かりますが、一応家族の健康を考えているっていう気持ちだけは理解していただけると思います。

 

そんな「ゼロ ノンコレステロール」の製品の特徴を見てみます。

 

「ゼロ ノンコレステロール」の製品の特徴の記載

 

まずはコレステロールがゼロだということ。

「スーパークリティカル製法」なる卵のコレステロールを除去する方法を用いているそうです。

 

しかし卵のコレステロールうんぬんに対する常識は変わり、今や「卵は一日一個まで」の時代ではなくなりました。

 

つまりコレステロールというのはそもそも体内で調整されるので、あまり食べ物でどうにかしなくても良い的な傾向になりつつあるようです。

 

ですが、取りあえずコレステロールに関して医者から何か注意されている方にとっては良いのかな?って思います。

 

そしてカロリー。

50%減です。

 

キューピー「ゼロ ノンコレステロール」の栄養成分

 

「マイクロエマルション製法」なるものによって、植物油脂が従来の半分になっても口当たりなどが変わらないよってことが売りのようです。

 

全く馴染のない製法ですが、これだけ見ると個人的には歓迎する技術のような気がしています。

 

とにかく実際に食べてみた感想としても普通のマヨネーズと特に変わりがないように思います。

 

一応こちらの商品の原材料をチェックしてみます。

 

キューピー「ゼロ ノンコレステロール」の原材料名

 

当然、植物油脂は入っているのですが、これが従来より半分の量になっているってわけですよね。

(メーカーさんのホームページを見ると、どうやら菜種油や大豆油を使っているようです)

 

と言っても半分になって結果どの程度の量になったのかは分かりません。

半分になっても原材料第一位をキープするなんて、やっぱりマヨネーズっていうのは油の塊だってことなのですね。

 

確かにマヨネーズといえば卵(黄身)とサラダ油とお酢を混ぜるっていう印象が強いです。

 

やっぱり油がたっぷり入った調味料には違いありません。

 

各メーカーのアイディアマヨネーズ

 

ちょっぴり身体に良くないイメージが出来てしまっているマヨネーズですが、昨今の健康志向を受けてでしょうか、各メーカーからアイディア性の強い商品が販売されています。

 

私が購入したキューピーの「ゼロ ノンコレステロール」もその一つ。

 

その他にも一例として次のような商品が販売されています。

ただし、しっかりと商品説明を確認してから購入しないと後からこんなはずでは・・・ということにもなりかねません。

 

自分の体調に合った商品を見極めるためによくよくチェックしてみてください。

 

↑BOSCOエキストラバージンオリーブオイルを使ったマヨネーズ風のドレッシング
他になたね油と大豆油も入っている

 

↑原材料にアマニ油が入っているマヨネーズ
ただしアマニ油オンリーではなくなたね油も入っている

 

マヨネーズ、手作りしてみようか

 

各メーカーさんの企業努力のたまもの商品もいいですが、油を厳選できるという点で、やはり一番良いのは手作りのマヨネーズだということは間違いないでしょう。

 

ただ手作りだと保存方法や保存期間などで難しいこともあると思います。

 

うちのマヨネーズ使用頻度と照らし合わせて、どのくらいの量を一度に作るかを決めていきたいと思います。

 

また亜麻仁油やえごま油を使うのか、オリーブオイルを使うのかも合わせて決めていきたいと思います。

 

そしてもちろん同様にドレッシングも計画していきたいと思います。

 

これを常に手作りできるようになると、家族みんなのオイル生活が良い方向へ向かうのでは・・・と思っています。