おっとっとのパッケージ全体

森永製菓の「おっとっと」。

軽い食感でお好きな方も多いと思います。

 

子供のおやつはもちろん、大人のおつまみにもなりそうなおっとっとの油脂成分を調べてみました。

 

ノンフライと書いてあった

 

子供がお友達からもらってきたおっとっと。

 

調べてみると、「おっとっと」と一口に言っても色々なパッケージに入っているものがあるようです。

 

今回もらってきたのは「おやつパック」という5袋が繋がっているもの。

 

ふと見ると「ノンフライ」という文字が。

 

おっとっと「ノンフライ」表示

 

こういったスナック菓子でノンフライだというのなら子供のお菓子としては良いのでは・・・、第一かつては私も結構食べていたお菓子だったので非常に興味が湧いてきました。

 

森永「おっとっと」の油脂成分をチェック

 

それでは早速、森永製菓の「おっとっと」の油脂成分を見てみることにしたいと思います。

 

おっとっとの原材料名

 

残念ですが「ショートニング」と「植物油脂」が入っていました。

 

「ノンフライ」という表示で喜んでしまったのですが、どうやら「揚げていない」からと言って油脂を使っていないわけではないということです。

 

確かにこれで揚げていれば、更に(おそらく)植物油脂が使われるはずですので、「ノンフライ」であることはありがたいことではあります。

 

でも原材料には二種類もの油脂成分が使われているので、油脂成分を気にしている人にとってはあまりおススメできるお菓子ではないかもしれません。

 

ここは「ノンフライ」の文字に踊らされることなく(森永さん、すみません)、しっかり原材料名をチェックした方がよさそうです。

 

おっとっとのげ栄養成分表示

 

おやつパックは一袋10g。

 

一回のおやつにちょうど良い量ですが、それで脂質が1.2gというのは多いのか少ないのか。

 

一概には言えませんが、気になる人は決して無視できない数値かもしれません。

(カルシウムが27mgとれるのは嬉しいですが)

 

おっとっと

 

うすしお味の他に「コンソメ味」と「極みだし醤油味」があるようです。

(2017年4月現在)

 

私はうすしお味しか食べたことがないのですが、中が空洞になっていることもあってか、とても軽くていくらでも食べれそうなスナック菓子です。

 

つい食べ過ぎてしまいそうですが、ノンフライとなっているからと言って油断して食べすぎない方がいいかもしれません。