アニサキス_1

子供が夏休みに入ったので、実家に泊まりにいった時のこと。

 

普段はお寿司も用意してくれる両親なのですが今回は無し。

 

そして何となく話が魚のことになったのですが、どうやらここ最近はあまり生魚を食べていないということでした。

 

お寿司やお刺身が大好きだった両親だけにどうしたのだろうと思って聞いてみると、どうやら最近よく報道される「アニサキス」が怖いと。

 

アニサキスとは魚に寄生している寄生虫で、人間に感染すると胃腸に激痛が発生するらしく手術で取り出さなくてはならない事態もあるのだとか。

(※アニサキスの詳細を知りたい人は厚生労働省のサイトで確認してみてくださいね。ただしちょっと衝撃的な画像が掲載されているかも・・・)

 

両親とも胃腸の病気になったこともあり、なかなかの恐怖を感じている様子でした。

 

「最近ニュースになることも多いしどうやら増えているみたいだ」と。

 

実はこれ、統計方法が変更になったために数が増加しているという面もあるようで、本当に以前と比較して感染者が増えているのかどうかはハッキリしていません。

 

アニサキス中毒を防ぐための最善策はもちろん魚を食べないこと。

 

ですが両親はもともとが魚好きですから、さすがに加熱したものは普通に食べているようでした。

(朝食にも母が焼いた塩鮭が出てきました)

 

ただし生魚に関しては食べるのを躊躇しているみたい。

 

刺身や寿司の魚は冷凍処理(マイナス20度以下で一日以上冷凍する)をしていると言いますし、あまり過度に心配する必要はないと言います。

 

でもそれ(冷凍処理)を自分の目で確かめることができなければ生で食べるのが怖くなる人もいるかもしれませんね。

 

しかも輸送技術が発達したのが仇となって冷凍せずに新鮮な魚を提供するところが出てきた可能性もあるとかなんとか・・・。

 

それに神経質だったり虫嫌いの人は寄生虫自体を食べてしまうかもしれないという現実についていけないかも?

アニサキス_2

 

でも魚を生で食べるメリットもあるわけで、なんとも悩ましいところです。

 

メリットとはもちろんDHAやEPAなどの良質なオメガ3系オイル。

 

アニサキスが特に心配な鮭や鯖にはDHAやEPAが多いというなんとも皮肉な現実です。

 

心配している両親にやんわりとオメガ3のメリットもアピールしつつ、あまり「こうすべき!」とか「食べた方がいい!」などと強硬に説得するのも何だか違うような気もしました。

 

世の中「絶対安全」なものはないですから。

 

じゃあ自分はどうするのかと言えば「食べます!」

 

理由は次の通り

 

・自分で釣った魚を処理して食べる機会はまずない

・魚の内臓は基本食べない

・不明なルートの魚を食べることはたぶんない

・新鮮なDHAやEPAをできるだけ摂取したい

・生の魚が大好き

・もちろん焼き魚も煮魚も好き

 

とにかくお刺身やお寿司が好きなんです。

 

新鮮なお寿司

 

取りあえず自分で釣ったりすることもないし、どんな処理をしているか不明な魚を食べる機会もないかなと。

 

どうしても気になる人はいつも購入しているスーパーやお寿司屋さんにどんな処理をしているか聞いてみると安心できると思います。

 

アニサキスが怖いからといって一生お寿司を食べないなんて私には無理!

 

寄生虫(あ、死んでるやつね)も丸ごと食べますとも!

 

全て肥やしにしてやるくらいのつもりでいます。

 

そんな私も基本的には虫嫌いですけど、それ以上に新鮮なDHAとEPAが欲しいのです。

 

それでもどうしても「生魚はイヤだ!」という人は、しっかり加熱処理をした魚やサプリメントからDHAとEPAを摂取することをおすすめします。

 

アニサキスが怖いからとむやみに魚全体を遠ざけてしまうのは、あまりにももったいないし残念だと思っています。