日本の蒸し暑い夏。

 

最近では40度を超えることも当たり前?なほどの灼熱ぶりです。

 

一番気を付けたいのがやっぱり熱中症。

 

命にもかかわることですから、水分と塩分の体内バランスを崩さないように気を付けたいものです。

 

そしてもう一つはやはり夏バテ。

 

一度夏バテしてしまうとほんの少し行動するのも辛くなってしまいます。

 

そこで対策ですが、主に食事に気を使う方も多いのではと思います。

 

夏の食事パターンとして、思い切りアッサリ派になる人と夏バテしないように油っぽい料理を意識してとるコッテリ派の人に分かれるのではないでしょうか。

 

私は夏の暑さが大嫌いでどちらかというとアッサリ派。

 

好きなのはソーメンです。

 

そうめん

 

生姜とともに食べるのが大好きな人間です。

 

反面、夫はコッテリ派。

 

夏でもスパイシーなカレーを食べたがります。

 

どちらもそれぞれメリットがあると思いますが、どちらかに偏り過ぎるとやっぱり夏バテを増長してしまうことがあるようです。

 

例えばアッサリ派。

 

水分や冷たいものの摂り過ぎは胃腸の働きを悪くすることがあるかも。

 

そしてコッテリ派。

 

油の摂り過ぎで胃腸が疲れてしまうかも。

 

しかも油料理を意識してとる場合、その質にもこだわらないと違った意味で健康に問題が出てくることがあります。

 

リノール酸やトランス脂肪酸たっぷりの揚げ物などを毎日ガッツリとるのはちょっと待った方がいいかも。

 

そこで我が家では今年の夏はぜひあっさり料理にオメガ3オイルをかけて食べるという方法を意識して実行していきたいと思います。

 

オメガ3って加熱料理には適さないというデメリットがあるのですが、これが逆に真夏に食べたいあっさりヒンヤリ料理にはむいているのかなと思います。

 

つまりあまり熱を加えることがなくそのままかけるだけで食べることができるといったタイプの料理は夏にピッタリかなと。

冷奴

↑亜麻仁油やえごま油を醤油とともにかけて・・・

 

加熱に不向きなオメガ3を上手く利用して夏バテ対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

とは言え、油は油ですからくれぐれも摂り過ぎないように注意してください。