ガラスのコップに入れたエキストラバージンオリーブオイル2

オリーブオイルの保存方法として冷蔵庫(10度以下)に入れるのは適切ではないと言われています。

 

理由は冷蔵庫からの出し入れを繰り返していると、液体と個体という状態変化を繰り返し風味が落ちていってしまうから。
オリーブオイルの最も適した保存方法を書く

 

そこで実際にオリーブオイルを冷蔵庫に入れてみて状態がどうなるのか確かめてみることにしました。

 

エキストラバージンオリーブオイルを冷蔵庫に入れる

 

まずはうちにあるエキストラバージンオリーブオイルを冷蔵庫に入れてみることにしました。
ですが、ボトル一本丸ごと入れるのはちょともったいないので(笑)、キレイに洗ったガラスの器に少量を取り分けて入れることにしました。

 

ガラスのコップに入れたエキストラバージンオリーブオイル1

 

しっかりとラップをして密閉します。
そして冷蔵庫(10度以下に設定)に入れてしばらく放置しておきました。

 

冷蔵庫から出してみると・・・

 

数時間後、取り出してみます。

 

澱が出来たエキストラバージンオリーブオイル

 

澱が出来たエキストラバージンオリーブオイル2

 

見てわかる通り、澱が出来ていました。
つまり個体化しつつある状態なのでしょう。

 

再び室内に置いておく

 

そして室内に置いてしばらくすると・・・。

 

ガラスのコップに入れたエキストラバージンオリーブオイル2

 

澱のない元の透き通ったオリーブオイルに戻りました。

 

味と香りを確かめる

 

そこで香りを嗅いでみましたが、特に変化はないように思います。

 

そして味をみるためパンに付けて食べてみることにしました。

 

今回使ったパンはこちら
パスコの食パン「超熟」

 

余計なものが入っていないシンプルな味の食パンです。
パン屋さんが作ったものには及びませんが、市販の食パンの中では私は一番気に入っています。(マーガリンは入っていますが・・・)

 

これを一口大にカットして
食パンをカットしたもの

 

常温で溶かし元にもどったオリーブオイルに付けて食べてみました。
オリーブオイルに食パンを付けて食べる

 

これまた元のオリーブオイルと同じ味でした。
特に変化は感じられません。

 

私が冷蔵庫に入れて固まらせたのは一回のみ。
さすがにそれだけで味や香りに変化が出るような極端なことはないようです。

 

だから一度や二度、冷蔵庫で保管してしまっても過度に気にすることはないのかもしれません。
ただ最後まで美味しくいただくには冷暗所の方がよりベターだということなのでしょう。

 

おそらく冷蔵庫という特質上、オリーブオイルに関係なく食材を取り出したり入れたりするのに頻繁に開け閉めをすると思います。

 

その際に温度が何度も上下する、それの繰り返しもよくないでしょう。

 

また、固まってしまったオリーブオイルは使いづらく、どうしても室温に置いておいて液体に戻してから使わなくてはなりません。

 

冷蔵庫に入れて保存するということはボトル一本分なくなるまでこれを何度も繰り返すことになります。
そうすると、味や風味の劣化スピードが早まってしまうのでしょう。

 

それなら使う時にサッと使えるような状態(液体)で保管する方が、オリーブオイルにとって最適だということなのでしょう。