朝日「えごま油」の使い切りパック

健康のためにやっている食事療法でも運動でも肝心なことは継続することです。

直ぐに目に見える変化は現れません。

 

でも継続を止めるきっかけになりやすいタイミングとして、旅行や帰省でいつもと違う状況になった時、そして仕事の関係から生活が不規則になった時などが多いと思います。

 

良い習慣を途切れさせるタイミングとは

 

私が健康のためにやっていることの一つは、オメガ3系オイルを毎日摂取すること。

 

主に亜麻仁油ですが、時々えごま油を買う時もあります。

どちらもオメガ3(α-リノレン酸)を50%から60%くらい含有している油です。

えごま(荏胡麻)油について

亜麻仁油(フラックスシードオイル)について

 

続けるコツは習慣にしてしまうことで、私は大抵ランチのタイミングでとるようにしています。

 

でもそんなコツコツやってきた習慣がパタッと途切れるきっかけがあります。

 

それが旅行や帰省の時。

 

私はダイエットで挫折したことが何度かあるのですが、どれもやってきた良い習慣がいったん旅行や帰省で行動パターンが変わることが原因だったと思います。

 

どうしても美味しいものを食べてしまいますし、その後ズンっとモチベーションが下がってしまいます。

 

この辺は心の弱さなんでしょうね・・・。

 

 

携帯に便利な使い切りパックで乗り切る

 

ダイエットは別として、オイルに関しては携帯できる使い切りパックなどを利用して持ち歩くことにより、普段の食事と違う状況(家で食べれないとか)であっても続けることが可能になります。

 

朝日「えごま油」の使い切りパックの1包

 

 

 

現在うちにあるのが朝日「えごま油」(3g入り)の使い切りパック。

 

さすがに旅行に瓶(ボトル)のまま持ち歩くのは難しいので、こういったタイプのものが重宝しますよね。

 

これならば、簡単に旅行先に持って行っていくことができます。

 

朝日「えごま油」の使い切りパックの栄養成分表示

↑一日の摂取目安(3g)が1パックに入っています

 

旅行先や帰省先で出てくる美味しい食事にかけるのはちょっと・・・と思う方も、朝食に飲むジュースに入れたり、ヨーグルトにまぜたりやしやすいのではと思います。

 

私も実家に帰省した時には、朝食に食べたヨーグルトにまぜて食べました。

 

職場に持っていってランチの時にとるのにも便利。

「健康のためにとっている」となれば、同僚にもあまり違和感を持たれないのでは?

 

もちろん外出時だけではなく家にいる時でも使いやすいと思いますよ。

 

ボトルからかけると時々ドッと出てしまうということがありますが、使い切りならそんなことはありません。

 

量る必要もないですし、衛生的だし酸化も防げますしね。

 

今回ご紹介したのはえごま油ですが、亜麻仁油の使い切りパックもあります。

 

 

全てのメーカーで使いきり(ミニパック)を出しているわけではないので、お気に入りのオイルが手に入らないかもしれませんが、旅行時だけと割り切ってしまえばなかなか使い勝手が良いと思います。

 

良い習慣を途切れさせない一つの手段としておすすめです。