オーストラリアの国旗

オリーブオイル新興国であるオーストラリア。

 

でも実はその品質の高さは折り紙つき。

 

もしかしたらオリーブオイル大国である地中海地域の国々よりもより厳しい目の元に作られているかもしれません。

 

そこで今回はそんなオーストラリア産オリーブオイルのおススメ商品をピックアップしてみました。

 

※この記事は随時更新していく予定です

 

グルメ・ラバーズ(Gourmet Lovers)

 

ここ数年、OLIVE JAPAN国際コンテストで数々の受賞歴を持つグルメ・ラバーズのエキストラバージンオリーブオイル。

 

2014年に最優秀賞を受賞しているフラントイオ種のエキストラバージンオリーブオイルは大人気であっという間に売り切れるほど。

 

また、フレーバータイプのエキストラバージンオリーブオイルにも力を入れており、たくさんのフレーバーをお好みで楽しむことができます。

(2017年は「ガーリック&レモン」で受賞しています)

 

オーガニック農場で作られたオリーブの果実を使用しています。

 

酸度は0.2%。

 

グルメ・ラバーズ公式サイト



 

カンガルーポー(Kangaroo paw)

 

南オーストラリア州で125年もの歴史を持つシングルエステート(単一農園)で栽培されているFS-17という品種で作られたエキストラバージンオリーブオイルです。

 

世界一審査基準が厳しいとも言われるオーストラリア。

自国のコンテストで10年以上もの受賞歴があります。

 

熟練した職人たちが最高の風味を出すために究極の収穫タイミングを見計らって収穫すると言います。

 

このあたりの技術は代々受け継がれてきたものであり、125年もの歴史を持つからこそできる技と言えます。

 

酸度は0.4%未満

 

カンガルーポーエキストラバージンオリーブオイル

 

 

体験記事はこちら

 

 

コブラムエステート(Cobram Estate)

 

オーストラリアでのシェアが60%もあるコブラムエステート。

 

こちらも毎年のようにOLIVE JAPAN国際コンテストで金賞を中心に受賞し続けています。

 

2014年にはオヒブランカ種で最優秀賞を受賞しました。

 

オーストラリアのエキストラバージンオリーブオイルで一番認知度が高いのはコブラムエステートでしょう。

 

その品質の高さは当然日本だけではなく世界のコンテストで常に受賞することからも分かります。

 

酸度0.25%以下

 

コブラムエステート取り扱い会社「チェンジングスペース」

 

 

複数の品種からお好きなものをオーダーしてください。