棚に並ぶオリーブオイルの数々

日本国内のお店で一般的に売られているオリーブオイルといえば、主にエキストラバージンオリーブオイルと(ピュア)オリーブオイルの二つになります。

(その他オリーブポマースオイルもあるがあまり見かけない)

 

エキストラバージンオリーブオイルといえば、本物と偽物の区別が非常に難しいのが問題となっていますが、(ピュア)オリーブオイルにはそのような問題はないのでしょうか。

 

(ピュア)オリーブオイルは偽装する意味がない?

 

以前別の記事で(ピュア)オリーブオイルとはどういったものなのかを書きました。

 

精製オリーブオイルにエキストラバージンオリーブオイルをブレンドしてあるもので、酸度は1.0%以下になっています。

 

エキストラバージンオリーブオイルがブレンドしてあると言っても、特に何%の割合で入っていないといけないといった決まりはないようです。

 

つまりほとんど入っていないこともあり得るということ。

逆にエキストラバージンオリーブオイルの風味がない方が料理や調理法によっては好まれる場合もあります。

 

そういった意味ではエキストラバージンオリーブオイルの量に関わらずにほんのちょっとだけ入っていれば(ピュア)オリーブオイルと名乗ることができます。

 

ただし酸度1.0%以下という決まりが厳密に守られているのかどうか、エキストラバージンオリーブオイルが全くゼロであっても(ピュア)オリーブオイルとなっているものがあるのかどうか、オリーブポマースオイルを(ピュア)オリーブオイルと名乗っているものがあるのかは全く分かりません。

 

(ピュア)オリーブオイルはそもそも分類としては精製オリーブオイルですしトランス脂肪酸も入っているはずです。

 

精製するバージンオリーブオイルもエキストラバージンオリーブオイルよりも質が劣ったものです。

 

つまりどっちにしても質の点ではそれなりとみなされているということでしょうか。

 

(ピュア)オリーブオイルがエキストラバージンオリーブオイルのように本物か偽物かといったことで問題になったということはあまり聞いたことはありません。

(実際はあるのかもしれませんが)

 

オレイン酸自体は(ピュア)オリーブオイルでも変わりありませんが、それ以外の成分や質に関してはそもそもあまり期待しない方がいいでしょう。

 

エキストラバージンオリーブオイルの含有量がよく分からない

 

ちなみに実際販売されている(ピュア)オリーブオイルにはいったいどの程度のエキストラバージンオリーブオイルが入っているものなのでしょうか。

 

いくつか調べているうちにエキストラバージンオリーブオイルの含有量が分かる商品がありました。

 

例えばこちら↓

 

カサアルバート ピュアオリーブオイル 1L

↑エキストラバージンオリーブオイルの含有量が30%となっている

 

ざっと見ていった印象としては、エキストラバージンオリーブオイルの含有量をハッキリ明記している商品って意外とないなあってこと。

 

ですから平均してどの程度入っているものなのかよく分かりませんし、他の商品でも30%くらい入っているかどうかも分かりません。

 

実際使ってみて無味無臭の場合はおそらくエキストラバージンオリーブオイルはほとんど入っていないのではないかと思います。

 

参考記事

加熱にオリーブオイルとグレープシードオイル、どっちがいいだろう