本物のエキストラバージンオリーブオイル

私もそうであるように、きっとオリーブオイルを試してみたいという方にとっての最終目標とは、いかにして本物のエキストラバージンオリーブオイルを手に入れることができるかということだろうと思います。

 

それくらい本物のエキストラバージンオリーブオイルというのは手に入りにくいと言っても過言ではありません。

 

ただスーパーに行って棚に陳列してあるエキストラバージンオリーブオイルという表記のボトルから購入すればいいわけではないのです。

 

残念ながらこれには理由があるのですが、そのあたりの事情から簡単にご説明したいと思います。

 

>>私のお気に入りエキストラバージンオリーブオイルはこちら

 

 

日本で本物を手に入れることが難しいワケとは?

 

難しいと言われるエキストラバージンオリーブオイルの見分け方ですが、そこまでややこしくなっている原因の一つに、「日本で売られているオリーブオイルの表記が信頼できない」ということがあげられます。

 

傷ついた日の丸

 

そもそも私達は「ただ100%のエキストラバージンオリーブオイルが欲しい」だけです。

 

しかし、実際に日本のお店で並んでいるエキストラバージンオリーブオイルの8割から9割は偽物だという説もあります。

 

どうしてこんなバカげたことになっているのかといえば、日本にはエキストラバージンオリーブオイルという表記自体に明確な基準・規定がないという現実があります。

 

日本では、エキストラバージンオリーブオイルの品質に関しては「日本農林規格(JAS規格)」において規定を設けています。
食用植物油脂の日本農林規格 – 農林水産省(PDFファイルです)

 

オリーブ油について「 オリーブ特有の香味を有し、おおむね清澄であること」そして 「酸価は2.0以下」であるという(とてもボヤけた)判断基準が提示されているだけです。

 

これではIOC(国際オリーブ理事会)が決めた国際基準の「酸度0.8%以下で味香りともに全くの欠陥がない(ソムリエによる官能検査)」といったこととかけ離れているのが分かります。

 

加えて「表記」そのものには特に「罰則」がありません。

 

つまり最悪の場合、エキストラバージンオリーブオイルがほとんど入っていないものまでがエキストラバージンオリーブオイルとなっているかもしれない!?ということです。

 

日本だけじゃない!真っ黒なグローバルオリーブオイル業界

 

それならイタリアとかスペインとかオリーブオイル大国からの輸入品を購入すればいいのでは・・・って思います。

 

しかし残念なことに外国産でも本物のエキストラバージンオリーブオイルではない可能性があると言います。

 

・検査の方法がいい加減

・真っ黒な利権がからんでいる

・不透明な流通ルート

・他のオイルとの混ぜ物が存在する

 

そんな中でいったいどれが本物でどれがニセモノかなんて、日本で慎ましく暮らしている私達一般人の、しかも素人がどうやったら分かるというのでしょう。

 

私はそのような実情を知ってから、一時はオリーブオイルを購入するのは止めた方がいいのかも・・・とさえ思うようになりました。

 

シェフでも見分けがつかないことがある!?

 

自分の家で本物のエキストラバージンオリーブオイルを手に入れるのが難しいなら、レストランに行けば本物のエキストラバージンオリーブオイルを食べることができるかもしれない。

 

そう思いませんか?

 

チェーン店なら分かりませんが、ちょっと高いイタリアンレストランに行けばきっと一流のシェフがいて最高級のエキストラバージンオリーブオイルを使っているに違いないと。

 

イタリアン

 

しかしそうとは言い切れないといいます。

 

ただ高級レストランだからとか、しっかりしたシェフがいるからというだけでは、本物のエキストラバージンオリーブオイルを使っているという証拠にはなりません。

 

それほど本物のエキストラバージンオリーブオイルを見極めるのには勉強や訓練が必要だということなのでしょう。

 

味が気に入れば本物じゃなくてもいいのでは?

 

そんな不透明なエキストラバージンオリーブオイル業界ですが、もし味の気に入ったものが見つかれば、別に本物のエキストラバージンオリーブオイルじゃなくてもいいのでは?

 

どっちみち素人が本物かどうかって分かるわけないし。
美味しいか不味いかなんて個人の好みの問題でしょ?

 

そうです。その通り。
自分で気に入ったものが一番ですよね。

 

でもエキストラバージンオリーブオイルの良さは味だけではありません。
オレイン酸をはじめ各種ビタミン、ポリフェノールなどさまざまな栄養素が摂取できるというメリットがあるのです。

 

偽物のエキストラバージンオリーブオイルには、私達ができれば摂取したくないトランス脂肪酸が含まれているかもしれません。

 

精製してあればポリフェノールはほとんど期待できなくなります。

 

そんな商品をわざわざ高いお金を払って買うのは・・・どうでしょうか。

 

私なら、できれば避けたいと思ってしまいます。

 

一般的に言われているエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

 

ここで一般的に言われているエキストラバージンオリーブオイルの見分け方をあげてみます。

 

一つの目安になりますので覚えておくといいと思います。

 

黒いボトル

 

エキストラバージンオリーブオイルが入っているボトルはできるだけ黒っぽい色をしたボトルがいいとされています。

 

理由は酸化を防ぐため。
透明の容器は光を受けてオイルの酸化がより早く進み劣化します。

 

もしくはスチール缶のように遮光性に優れたものが良いです。

 

スチール缶は黒い瓶よりも更に光を通さないため非常におすすめなのですが、なかなかお目にかかれません。

明治から続く日本の老舗油屋がボトリングしたスチール缶のエキストラバージンオリーブオイル

 

もちろん、ただ黒いボトルに入っているだけで本物のエキストラバージンオリーブオイルと断定できるわけではありません。

 

しかし「品質管理に対する意識の高さ」をチェックすることはできると思います。

 

価格

 

一番問題なのはミネラルウォーターみたいに大容量の容器に入ったものが「エキストラバージンオリーブオイル」として数百円の価格で売られているもの。

 

ペットボトルに入ったミネラルウォーター

 

さすがにこういったものは本物ではないでしょう。

 

エキストラバージンオリーブオイルなら「1mlあたり最低3円」はするといいます。
つまり最低でも500mlなら1500円、1000mlなら3000円はするということです。
(絶対とは言えませんが)

 

もちろん高ければ高いほど本物だというわけではありません。

でもやはりそれなりの値段がするという実感はあります。

 

そしてそれにはやはり理由があるのです。

 

今までオリーブオイル専門店に言って詳しいスタッフさんに話を聞く機会がありましたが、オリーブの実を育てオイルを搾るまでには驚くほど手間がかかっているというのが分かります。

 

しかもエキストラバージンオリーブオイル(特に外国産)は、輸送費などがよりかかるためどうしても高くなるのです。

 

本物のエキストラバージンオリーブオイルは「ただ運べばいい」わけではありません。

 

出来るだけ早く

酸素や光を遮断して運ぶ技術

 

これらを実現するために、しっかりした輸送方法で品質を保持しなくてはならないため、どうしてもコストがかかってしまいます。

 

よって価格は一つの目安となることが多いです。

少なくても大容量で数百円は避けた方がいいでしょう。

 

ラベルの表記にエキストラバージンオリーブオイルの記載がある

 

本物のエキストラバージンオリーブオイルは、ラベルの表記も当然「エキストラバージンオリーブオイル」となっているはずです。

 

フシコスのスチール缶にあるエキストラバージンオリーブオイルの表記

 

 

しかし問題なのは本物ではなくてもエキストラバージンオリーブオイルの表記があるってこと(泣)

 

でもまあ、とにかく最低限「エキストラバージン」となっていないものは避けましょう。

 

また、表記といえば「有機栽培のマーク」は有機栽培であるかどうかの保証です。

本物のエキストラバージンオリーブオイルであるという保証のマークではありません。

 

素人がほぼ確実にエキストラバージンオリーブオイルを手に入れる方法とは

 

上記のことを読むと、もはやエキストラバージンオリーブオイルとは一生出会えないのでは・・・って思いませんか?

 

でも簡単に、私のような素人でも本物のエキストラバージンオリーブオイルを見極めることができる判断材料があります。

 

それが「世界中で開かれているオリーブオイルコンテストで受賞しているもの」ということ。

 

しかもできればいくつかの違ったコンテストで受賞しているようなものは、エキストラバージンオリーブオイルの可能性が非常に高くなります。

 

全てのコンテストが信頼できる結果を導き出しているかは分かりませんが、日本でいえば「OLIVE JAPAN」という国際コンテストの結果は非常に信頼できると思っています。

 

その根拠は、エキストラバージンオリーブオイルの国際基準に達しているかどうかが厳格に審査されていることと、なんといってもオリーブオイルソムリエによるこれまた厳しい官能検査が実施されているという点です。
OLIVE JAPANのサイトはこちら

 

ただし、もし気になるエキストラバージンオリーブオイルを見つけても、近所のお店ではなかなか手に入らないものです。

 

こんな時はやっぱりネットで探してみることになります。

 

とにかく商品説明を読んで情報を収集しよう!

 

そしてネット通販などをチェックしていると「コンテスト受賞歴は書いてないけど、なんか気になるな・・・」ってオリーブオイルに出会うことがあります。

 

そんな時はあきらめた方がいいのでしょうか?

 

個人的にはそんなことは全然ないと思っています。

 

私は東京都内に住んでいるのですが、幸運なことに有名百貨店やオリーブオイル専門店に気軽に行くことができます。

 

すると詳しいスタッフさんから直接アドバイスをもらい(ダメ元でツッコんだ話を聞き出すこともあります!)、多くの素晴らしいオリーブオイルに出会うことができました。

 

コンテスト受賞歴のあるもの、ないもの、どちらも店頭においてありました。

 

実際、国際コンテストに出品していない本物のエキストラバージンオリーブオイルもたくさんあります。

 

むしろ数的にはそっちの方が多いはず。

 

「コンテストなんて興味ない!」という生産者さんもいるでしょう。

 

もしコンテストで受賞歴はないけれど、ちょっと気になるオリーブオイルがあるという場合は、しっかりと公開されている商品情報を確認することをおすすめします。

 

実際にお店に足を運んでエキストラバージンオリーブオイルを買える人はぜひ詳しいスタッフさんから話を聞いてみてください。

 

でもそれができる人って、実は少ないかもしれません。

 

・近くに専門店なんてない

・店員さんに話しかけられるのは苦手

・共働きで忙しくそんなヒマはない

 

こんな方が多いと思います。

 

そこでネット通販で購入を検討される場合は、やっぱり面倒でもしっかりと商品の詳細を読んでみてください。

 

 

・どこのどんな人が作っているのか

・どんな思いで作っているのか

・栽培から商品化まで誰がどんなルートでやっているか

・どんな種類の実を使っていてどんな特徴があるのか

・国際基準はクリアしているか

 

 

オリーブの青い実

 

 

店頭に並んでいるオリーブオイルの瓶をただ眺めるよりも、ずっと多くの商品情報を得ることができると思います。

 

メーカーさんや生産者さんが提供する情報と、上記で説明した判断材料やエキストラバージンオリーブオイルの国際基準に照らし合わせてみましょう。

 

そしてしっかりクリアしているものを選びましょう。

(日本のJAS基準ではダメですよ!)

 

そして「これなら!」って思えたなら、そこで購入すればいいと思います。

 

まずは「最少容量」のものを購入して、実際に味を確かめてみるというのも手です。

 

私もお店で購入する時もネットで購入する時も、一番量の少ない単位(たいてい100mlから200mlくらい)をまず購入してみます。

 

気に入ったらリピーターになるのも良し、新たなオリーブオイルを探すのも良しです。

 

まとめ

 

私が一人の消費者として望むのは、ただ「本物のエキストラバージンオリーブオイルが欲しい!」という、ただそれだけです。

 

みなさんも同じだと思います。

 

ただ安いという点だけを油に求めるのなら、きっとこの記事には興味を持たれないでしょう。

 

美味しくて、そして健康のためにもなる、そんなエキストラバージンオリーブオイルだからこそこんなにニーズが高まっているのに、業界でそれに応えられていない現状にもどかしさを感じます。

 

エキストラバージンオリーブオイルと言っても、風味や味にはさまざまなバリエーションがあります。

 

それを味わう機会をもらい自分のお気に入りのエキストラバージンオリーブオイルを自分の舌で見つけたい。

 

本当にそう思います。

 

>>私が使っているエキストラバージンオリーブオイルはこちら

 

 

参考記事

【フシコス】神宿るオリーブオイルを初体験!率直にレビューしてみた