サバの水煮缶で作ったハンバーグ

魚の缶詰を非常食としていくつか常備するようにしています。

 

魚の缶詰はDHAやEPAの含有量が非常に多いし、価格も比較的安いため手軽に誰でもが栄養をとることができます。

 

缶詰はそのまま食べることができるため、料理ができない方でもそのまま食べられるというのが大きなメリットですよね。

 

しかし今回はそのままでは少し味気ないサバの水煮缶を使って一品リメイク料理を作ってみました。

 

サバの水煮ハンバーグのレシピ

 

今回作ったサバの水煮から作ったハンバーグのレシピをご紹介します。

(参考にしたのはマルハニチロさんの公開レシピです。)

 

材料

 

・サバの水煮缶・・・200g(水分を省いた正味で)

・玉ねぎ・・・2分の1個

・人参・・・4分の1本

・パン粉・・・2カップ

・卵・・・2個

・塩・コショウ・・・適量

・アリーガ(亜麻仁油)・・・大さじ1~2杯(なければサラダ油で)

 

 

作り方

 

1.玉ねぎはみじん切りに、人参はすり下ろします。

 

2.ボウルにサバの水煮と玉ねぎ、人参、卵、塩コショウ、パン粉を入れてよく練り、硬いようなら水煮缶の汁を少し入れて硬さを調整しながら形を整えます。

 

ボウルに材料を入れる

 

材料をこねる

↑サバを手でこねるのは初めて・・・

 

3.フライパンにアリーガ(亜麻仁油)を熱し両面をこんがり焼きます。

 

フライパンでサバハンバーグを焼く

 

 

サバとアリーガでダブルオメガ3

 

非常食として購入していたサバの水煮缶。

 

普段はあまり缶詰は食べないのですが、いざ賞味期限がきた時などにそのまま出しても子供はおそらく食べないのでちょっと工夫してみようと思い、今回のレシピにたどり着きました。

 

サバのDHA・EPAとアリーガのα-リノレン酸のダブル(トリプル?)オメガ3となっています。

 

もちろん缶詰ですからそのままで食べられるのですが、今回のようにハンバーグにすると魚が嫌いな人やお子さんでも食べやすいしおススメです。

 

サバのハンバーグのアップ

 

うちの子も魚嫌いなので、直球よりもこういった変化球(?)をどんどん使っていかないとと考えています。

 

事実うちの子は「え!サバのハンバーグなんていやだ~!」と言っておりましたが、一口食べてみて「何コレ美味しい!」と絶賛してくれました。

 

今回はケチャップをかけて食べましたが、塩コショウで下味も付けているしサバの風味があるのでそのまま何もつけないでも食べることができます。

 

次回は大根おろしで和風に食べてみるつもり。

きっと合うと思います。

 

確かに水煮缶のままで食べるよりは少しだけ手間はかかりますが、作ってみると案外簡単に作れます。

 

サバの水煮缶はそのままですと単調なお味ですのでかえって色々な料理にリメイクしやすいというメリットもありそう。

 

いつもの水煮缶に飽きてしまった方はぜひ挑戦してみてください。

 

ふわっと柔らかくて子供からご年配の方まで美味しくいただけると思いますよ。