パイナップルアメ_1

某お菓子安売り店でセイカ食品の「パイナップルアメ」を発見したので購入してみました。

 

今回はこちらの油脂成分をチェックしてみたいと思います。

 

セイカ食品の「パイナップルアメ」について

 

セイカ食品というと分かる人には分かる、分からない人には分からないメーカーさんだと思います。

 

でも実はほとんどの方がセイカ食品の「あのお菓子」を食べたことがあるか、少なくても見たことはあるはず。

 

それがコレ↓

 

 

そう、ボンタンアメです。

 

駄菓子屋さんや多くのスーパーマーケットで普通に販売していますよね。

 

私も以前ボンタンアメで記事を書きました。

ボンタンアメ(文旦飴)の油脂成分を見てみる

 

セイカ食品さんでは一番の知名度と人気のボンタンアメですが、実は他にもアイスや冷凍食品なんかを販売しています。

 

「南国白くま」というカキ氷は私も大好物です。

 

 

 

 

油脂成分をチェック!

 

今回ご紹介する「パイナップルアメ」はボンタンアメの姉妹品。

 

この他にも数種類ほど姉妹品があります。

 

基本的にはボンタンアメと同じようにもち米や麦芽糖を使ったモチモチ系のソフトキャンディーのようです。

 

パイナップルアメの原材料

 

そして栄養成分の表示がこちら↓

 

パイナップルアメの栄養成分表

 

脂質が「ゼロ」です。

 

何より注目すべきは飽和脂肪酸やトランス脂肪酸、そしてコレステロールの表示がしっかりとあること。

 

今回は脂質がもともとゼロではありますが、日本のお菓子メーカーさん(もちろんお菓子以外の食品メーカーさんもそうですが)の中では、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸、そしてコレステロールなどの表示がされているものはまだまだごくわずかだと思います。

 

原材料も比較的自然なものから作られているので(一部香料などは入っていますが)、基本的に非常に好感が持てるメーカーさんです。

 

 

味はどう?

 

以前紹介したボンタンアメはうちの子はあまり好みではなかったようなので、今回も期待はしていなかったのですが・・・。

 

「美味しい!」とのこと。

 

パイナップルアメ_2

 

ボンタンアメと同じようにオブラートに包まれたソフトキャンディーです。

 

オブラートが苦手なようでしたが、うちの子はパイナップルが大好物。

 

これが良かったのか、なかなか好印象だったようです。

 

そして私も一ついただきました。

 

食感はボンタンアメと同じ。

 

ただし噛むとパイナップルの風味が口いっぱいに広がり確かに美味しいです。

 

ボンタンアメは柑橘系の特徴がほんのりでどちらかと言えば薄い、やさしいお米の味といった感じでしたが、パイナップルアメの方がパイナップル感をより味わえたような気がします。

 

と言っても基本はやはり優しい味です。

酸味はほとんどありません。

 

大きさや食感などが大丈夫な年齢でしたらお子さんのオヤツにもいいのではないでしょうか。

 

多くのソフトキャンディーやキャラメルに植物油脂が入っていることを思えば、こういった優しい味のオヤツを試してみるのも一つの手かもしれません。

 

 

 

↑沖縄産パイナップルを使用した沖縄限定品もあります