月見草_2

月見草という花があります。

 

待宵草(マツヨイグサ)とも言われますが、どちらにしてもとても幻想的というか情緒的というか美しい名前ですよね。

 

その名前から簡単に連想できるように日が沈むとともに咲き朝日が昇るころにはしぼむ花です。

 

そんな月見草の種からとったオイル、美容に関心のある人には有名ですが、実は少ないながらも食用もあります。

 

今回はそんな月見草オイルについてご紹介していきたいと思います。

 

月見草オイルの成分を見てみよう

 

月見草オイルの成分をチェックしてみたいと思います。

 

・リノール酸・・・70~72%

・γ-リノレン酸・・・10~11%

・オレイン酸・・・7.9%、その他

 

このようにリノール酸の含有率が高いオメガ6系のオイルとなりますが、特長はむしろ「γ-リノレン酸」です。

 

γ-リノレン酸は母乳にも含まれる脂肪酸ですが、分類的にはこちらもオメガ6系脂肪酸になります。

 

 

月見草オイルは女性に人気?

 

月見オイルは女性には結構知られているオイルです。

 

というのも上記にあげたγ-リノレン酸によって以下のようなことが期待できると言われているからです。

 

・PMS(月経前症候群)、更年期障害の緩和

・女性ホルモンのバランスを調整する

・生活習慣病対策

・アトピー性皮膚炎対策

 

マッサージ用のオイルとして、または気になる所に塗るためのオイルとしてごく一般的に販売されています。

 

 

女性向けのサプリメントもあります。

 

 

またあまり多くはないですが食用オイルもあります。

 

↑酸化に非常に弱いため加熱には向かない、生のままいただくオイルです

 

 

私が摂取しないシンプルな理由

 

上記のように女性に嬉しいオイルではありますが、やはりリノール酸の量が多すぎるという点が非常に気になりますね。

 

そして「γ-リノレン酸」もオメガ6であり、そもそもリノール酸から体内で生成することができる脂肪酸です。

 

「γ-リノレン酸」から生成される「ジホモγ-リノレン酸」に抗炎症性作用があることから注目されているようですが、結果的に「ジホモγ-リノレン酸」から「アラキドン酸」(→反対に炎症を起こす物質を作る)が生成されるので、オメガ6を過剰摂取している現代ではあまり効率が良いとは感じません。
リノール酸は悪?どんな食品(油)に含まれるのか?

 

おそらくこのことから、少なくても食用として月見草オイルを摂取することは今後もなさそうです。

 

女性特有のトラブルを考慮するなら、私の場合亜麻仁油の方をチョイスしたいと思います。

亜麻仁油(フラックスシードオイル)について

 

ただし月見草オイルと亜麻仁油を比較して、どちらがよりメリットが大きいかは、個人によって違いますので各自で判断してくださいね。

 

参考文献:「読むオイル事典」YUKIE