先日のバレンタイン、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

うちの子も張り切ってバレンタインチョコを作る予定でいました。

 

本人は友チョコだけと言っていますが、本命がいるのかいないのかは・・・まあ聞かないでいることにしましょうw

 

レシピは去年のこちら。

高カカオチョコレートでトリュフを作ろう!(バレンタイン企画)

 

高カカオチョコレートや植物油脂の入っていないチョコレートを使った美味しいトリュフです。

 

昨年とても好評だったので、今年はこれに少しアレンジを加えたより見栄えの華やかなものを作ろうとしていました。

 

作るのはバレンタインの前日(つまり13日)の夜、早目の夕食を済ませてからのはずでした・・・が。

 

 

「お腹痛い!」

 

 

夕食後、子供が突然腹痛を訴え苦しみだしました。

 

ちょっと汚い話ですが、何度もトイレに駆け込むはめに。

 

うーん何でだろう・・・。

食べ物で思い当たることもないのですが・・・。

 

念のため熱をはかってみましたが完全な平熱です。

 

吐き気はないようなので、ノロでもなさそうだし・・・。

 

しかしこの状態でひと様にあげる予定のお菓子を作るのはマズイですよね。

 

何かの菌の入ったチョコレートなんて想像したくもありません。

 

ということでチョコレート作りを中止することにしました。

 

子供は「えー!!何でよ~」なんて言っていましたが、万が一のことがあったらどうするの!という母の説得に最後はしぶしぶ納得してくれました。

 

少し遅れちゃうけど後日作って渡せばいいのでは?という話もしたのですが、子供も最近はすごく忙しく習い事を含めて数日間はチョコレートを作っている時間はありません。

 

じっ、じゃあホワイトデーに作ったら?という母の提案にも、全く気が乗らなくなってしまったようでした。

 

今回は張り切っていたからなあ・・・。

(やっぱり本命がいたのか!?)

 

しかしバレンタイン当日には数名のお友達から友チョコをもらった(全部手作り)ので、やっぱりホワイトデーにお返しをしないといけません。

 

その時に気が向いたら作るでしょうし、もうやる気がなくなっていたら市販のものをあげることになるでしょう。

 

うちの子、やる気がみなぎっている時は寝食忘れるくらいなのですが、一度それが切れてしまうともうダメなんです。

困りますね・・・。

 

ちなみに父親に渡したのがこれ。

 

ラッピングした明治高カカオチョコレート

↑常に我が家に常備してある高カカオチョコレート

夫もよくつまんでいるのですが・・・

 

 

急遽感が半端ないですよね・・・。

これで莫大なお返しをもらえるなんて・・・ねぇ。

 

ところで後日、子供が「そういえばあの腹痛、昼間にパ〇コ食べたからかも」と言い出しまして・・・。

 

え!?

 

実は13日、学校から帰ってきてから近所のスーパーに足りない材料を買いにいったのですが、その時喉が渇いたからとパ〇コを購入して2本一気に食べたらしい。

 

あんた、2月のこの寒い時期に・・・。

 

こういうのを自業自得というのではないだろうか。

 

とりあえずインフルエンザもはやる時期、うちの子以外にもやっぱりバレンタインを棒に振った子がクラスで数名いたそうです。

 

それにしても義理チョコ、友チョコ、〇〇チョコ・・・。

最近では過剰傾向に反動がきてやめる風潮も出てきましたね。

 

来年はどうなることやら。