少し前に秋刀魚の塩焼きを食べたのですが、夫と子供がお腹を壊してしまいました。

私は何ともないなかったのですが、一種のアレルギーかなんかなのでしょうか。

 

秋刀魚の塩焼き

 

夫は秋刀魚だけでなく、サバの塩焼きでも過去にお腹を壊したことがあります。

 

ちなみに食物アレルギーは持っていないはず。

魚に関しても、生や煮て食べるものはなんともなく、ただ塩焼きの時だけ起こる現象のようです。

 

焼き魚が嫌いなわけでもありません。

ただ合わないということみたいです。

 

ノロウイルスのような激しい症状はなく、渋り腹が続くといった感じみたい。

夫が「この症状は焼き魚を食べた時のだ!」と言っていました。

 

子供も完全に治るのに10日以上もかかってしまいました。

食欲はあるのに食べるとお腹がゴロゴロしてくる。

 

長引いたので病院にも連れていったのですが、取り立てて酷い症状ではないのと、原因の特定はできないということで、単に胃腸の薬を貰ったのみでした。

 

二人が同時に調子が悪くなったので、一瞬私の料理で食中毒を出してしまったか!?と焦りましたが、夫の過去の事例とともになんとなく突き詰めていくと、どうやら秋刀魚の塩焼きではないかということに。

 

でも塩焼き限定でお腹が痛くなるってこと、あるのでしょうか。

秋刀魚の油が焼いたことで変化してしまったのでしょうか。

 

ちょっと調べてみても分からなかったです。

 

秋刀魚といえばDHA・EPAが豊富な魚。

 

旬の時期などにはできれば積極的に食べたいものですし、定番といえばやっぱり塩焼きかなって思っていたのですが。

 

子供は基本的に魚が好きではありません。

ありがちですが骨がイヤみたいで、どうしても肉を好みます。

 

学校給食を食べるようになって、少しづつ逃げられない状況になり(笑)、魚も少しだけ食べられるようになりました。

 

甘辛く煮た魚は比較的大丈夫なので、私もつい魚を食べてもらうために煮魚中心に作ることが多くなり、あまり塩焼きというものを食べさせたことがありませんでした。

 

それでも今まで食べてきた「ホッケの塩焼き」や「サバの塩焼き」などには反応しなかったのです。

 

うーん、ちょっと分かりません。

 

秋刀魚のDHA・EPAは生か煮付けで摂るようにしましょうかね。

 

二人とも魚に関してはちょっと残念な体質のようです。

親子なので似てしまったのでしょうか。

 

そういえばノロにかかったのも夫と子供だったな。

私は二人の看病にあけくれて、しかも子供の吐しゃ物にモロに触れてしまったのに、なりませんでした。

 

腸の性質が関係しているのかもしれません。