インフルが流行らない日々

2020年から2021年のインフルシーズンはある意味衝撃的でした。

 

 

 

インフル、どこ行った。

 

 

 

昨年の秋はインフルとコロちゃんでダブルパンチだったらどうしようと戦々恐々としていました。

 

厚生労働省のホームページで毎年の発生状況を確認してみたらもう一目瞭然。

 

確かにゼロではない。

ゼロではないけど・・・。

 

これもうゼロっていっても問題ないんじゃない???

・・・ってくらい少ない。

 

例年より少ないってレベルじゃない。

逆にどうして(どこで何をやって)インフルエンザにかかったの?って思ってしまうほどパラパラ状態。

 

インフルって一人がかかるとその周りの人の誰かは必ずといっていいほどかかっていくイメージがありますよね。

 

それほど感染力が強いからこそ毎年すごい数の人がインフルエンザにかかりワクチンがあろうと薬があろうと毎年たくさんの方が犠牲になってしまいます。

 

もちろんこんな少なさですから子供の学校でもインフルが出たという話も聞きませんし、私や夫の職場でも同じ。

 

例のヤツがなかったらパラダイスなのに。

 

私は万全を期すためオリーブオイルや納豆などを日々せっせと取り入れ、早寝早起きを心掛けておりました。

 

喉に違和感(痛みかどうかも分からないほど)でも感じようものならぴりっぴりのエキストラバージンオリーブオイルを喉に流し込みました。

(注:私が勝手に信じてやっているだけで科学的根拠は分かりません)

 

するとどうでしょう。

おどろくほど健康で絶好調な日々をすごすことができたのです。

 

インフルエンザにも当然かからず、幸運なことにあのウイルスにやられることもなく、気が付いてみれば例年よりずっとパワフルな私と家族がおりました。

 

(あ、そういえば子供は一度鼻風邪引いたな。すぐに治ったけど。)

 

私にいたっては鼻水も流さない。

喉の痛みもない。(微妙な違和感が一回出たのみ)

 

これはあれですかね。

 

やっぱりマスクや手洗い効果なの?

ソーシャルディスタンス?

 

それだけであの毎年恐怖とも言うべきインフルが撃退できるとは思えないのですが。

 

やっぱり「ウイルス干渉」(あるウイルスに感染すると他のウイルスに感染するリスクが減る)が起こったのでしょうか!?

 

確かにそうでもないと説明がつかないですよね。

インフルが全くないのではなく微量とは言えかかっている人がいるということはインフルエンザのウイルスは間違いなく我が国にも存在しているわけです。

 

ということは何か理由がないとここまで流行しないなんてことはありえない。

ウイルス干渉だとしたら実はコロはインフルの天敵だったってことになります。

 

で、コロ助が圧勝したと?

 

でもさあ国全体でこれほど劇的な結果がでるってすごくないですか?

そんなにコロ嵐が吹き荒れているの!?

 

インフルエンザを窮地においやるほど猛威をふるっているはずなのに私の身近な人々はみんな難を逃れている。(今のところはですけど)

 

この幸運、今後も続くことを願ってやみません。

 

そしてなんといっても「超過死亡数」が日本で減少しているというこの奇跡!

 

うーん。

この結果をなんと表現したらよいのやら。

お一人お一人をみればお辛い方もいるので・・・。

 

しかしとにかく私自身が今体感しているのは「インフルエンザの恐怖から解放された世界」。

 

毎年恐れていたし自分も子供も夫もかかったことあるので苦しみをしっている。

ふと世間を見ればあの人もインフル、この人もインフルって感じでしたしね。

 

いずれにしても病気はイヤです。

 

今後もウイルスとは共存していかないといけないでしょう。

できればどんなウイルスとも相侵さずお互いに平和に暮らせる日がきてほしいと願うばかりです。