コロナ騒動に思う、これを機に生活・食事(油)を本気で見直してみるとか

パンデミック。

 

ある病気(感染症)が広範囲、世界的に流行すること。

 

今回の新型肺炎(コロナウイルス)もそうなりつつあると言っていいのでしょうか。

中国の武漢から発生し今や多くの国で感染者が出ていますね。

 

例えば現在のコロナウイルスよりもっともっと危険なウイルスがあったとします。

感染するとすぐに生命の危機が訪れるとか、その確率が非常に高いとか。

 

そうすれば国の対応もさすがにもっと違っていたでしょうか。

(違っていなかったらマズイ)

 

だから今回のようなウイルスは逆に言うと「たちが悪い」とも言えます。

 

「ただちにどうこうなるわけじゃない」とか「うがい・手洗いをしっかりしてね」とか、そういったことが言えるくらいの余地があるものは、初動を間違えると実は大変なことになりかねません。

 

今回は初動を「間違えた」のかどうなのか。

私にはまったくわかりませんのでこのことには言及しないでおきましょう。

 

ですがこうなってしまった以上、とにかく自分の身は自分で守らないと。

誰も守ってくれません。

 

いまさらですが、こういったことが起こる可能性はいつでもあったわけで。

急に慌てたってどうこうできないことが多いのです。

 

だから災害対策に避難訓練したり非常食を常備したり。

それと同じように体の健康も一夜にして作り上げることはできないものです。

 

例えば免疫力をあげてウイルスや細菌をやっつけようと言ったって、今まで不摂生ばかりして悪玉菌ばかりになってしまっている人の腸内環境を急激に改善するなんてことはかなり難しそうです。

 

加えて食生活。

まあこのブログっぽく「油」を例にしますが。

 

コロナと油をむりやり関連付けるw

まあこじつけでもなんでもいいでしょう。

 

加工食品ばかり食べて「見えない油」や種類不明で質の悪い油ばかり食べていた人が、いったん何かが起きたからといっていきなりそれらをすべてやめて素材から作る食事に変えることがはたしてできるかどうか。

 

なかなか難しいと思います。

 

でももう少し見方を変えるとすると、こういったことが起きた時が改善するチャンス(きっかけ)になると言えるかもしれません。

 

普段の習慣をより良いものに変えるチャンス。

何が間違っていたのかを見直すきっかけ。

 

面倒だから、いつかやろう、今度やろうと腰が重かった人も、「今この時」から少しずつ変えてみることをおすすめします。

 

少しずつ、一歩でも「前へ進む」という行動に出てみると、意外とすすめるもの。

 

あれ?できた!

実は簡単だったのね~って。

 

最初の一歩がおっくうだっただけかもしれません。

 

ただむやみに「怖い!」「どうしよう・・・」ってパニックになるよりも何かを変える(改善する)ことに意識を向けた方がいいかなと思っています。

 

もちろん事態が急変したり最悪になってしまった場合はそんな悠長なこと↑はやってられませんが。

 

事前に危機意識をしっかりもち最優先事項が何であるかは自分の中で確認しておくことも大事ですね。