スプレータイプのホイップクリーム使ったことある?

スプレー缶に入ったホイップクリーム、使ったことありますか?

 

私はまだ子供が小さかったころに何度か使ったことがあります。

 

ママ友とパーティをしようと計画してケーキを作ろうとした時のこと。

一人のママ友が「面倒くさいからこれ使おう!」と買ってきたのがザーネワンダーホイップクリーム。

 

 

チョコ味と2タイプがあったはず。

一番最初にママ友と使ったのは通常の白いほうでしたが、その後便利だなあと思ってチョコレート味も購入したことがあります。

 

当時は近くのKALDIに売っていました。(今もあるのかな)

ノズル部分を手でプッシュするとちゃんとホイップ状で形よいクリームが出てくるのです。

 

メリットとしてはもちろん泡立てる必要がないってことが一番かな。

ホイップクリームって泡立てるの大変じゃないですか。

洗い物も出ないし楽チンです。

 

それと日持ちがするということ。
開封後でも冷蔵で保存すれば約1か月間は使用可能です。

だいたい1回で全部使い切ることがなかったので長期保存できるのは結構ありがたかったです。

 

その後、たとえばホットケーキやトーストに乗せたりして食べていました。

(子供も喜んだし)

 

何より子供にも扱えるのがいいかも。

クリームを出す時に子供の力だとうまく出ない時もあるのですが、コツが分かると難なくできるようになります。

 

味はどうかというと、割とサッパリタイプなんです。

でも植物性ホイップクリームよりは手作りの純生ホイップクリームに近いと感じたので私は個人的にはこちらの方がだんぜん好み。

 

食感はよりエアリー感があるって感じ。

軽いし甘さも控えめです。

 

なんだか良いことばっかりみたい、じゃあ楽だしもうこれで毎回やろうか・・・でもその前にどんなものが入っているのか確認です。

 

乳脂肪分は26%、予想以上にちゃんとしている!?

(チョコ味は24%)

 

でもこの割合ですとあまりホイップ用には向かないので(30%から48%がホイップ用に向いているらしい)、そこで添加物をチェック。

 

亜酸化窒素、乳化剤、安定剤(カラギナン)、他・・・。

 

「亜酸化窒素」って聞きなれないなあと思って調べてみるとなんと笑気ガスだって!?

 

歯医者さんで使っているとかなんとか?

麻酔効果があるとか聞いたことがあるけど極少量だから問題ないということで入っているようです。

 

「カラギナン」ってのも聞きなれない。

 

調べてみると紅藻類から抽出された「多糖類」だそう。

安定剤や増粘剤としてよく使われているみたいです。

 

一応天然のものから作られているのですが、国によっては規制しているところもあるみたいです。

このブログはあまり添加物を掘り下げていませんが、気になる人は詳しく調べてみるのをおすすめします。

 

個人的にはやっぱり楽チンになっているものには何か仕掛け(もちろんそれが全て悪いことを意味するわけではありませんが)があるのかなと感じます。

 

割り切って使うのも良し、ただし私は今は使っていません。

 

実はこれには理由があって・・・。

添加物がどうこうというわけじゃないのがどうかとも思いますが。

 

実はだいぶ昔、まだまだ私が油にも添加物にもあまり関心がなかったころ。

 

ママ友から紹介されたこのスプレータイプのクリームを使って子供と手作りケーキのデコレーションを楽しんでいました。

(この時はチョコタイプを使いました)

 

出来上がったかわいい手作りケーキ。

フルーツもたっぷりのせてすごく美味しそうにできました。

 

父親の帰りを待っている間に冷蔵庫に入れていたのですが、しばらくして冷蔵庫を開けてみると・・・。

 

クリームぺっちゃんこ!!

 

乗せたフルーツも同時に沈んで形が総崩れしてしまいました。

 

私のやり方が下手すぎたのか。

スプレータイプの限界なのか。

それとも他のメーカーさんだったら大丈夫なのか。

今は改良されてそんなことないのか。

 

よく分かりませんが時間が経つとヘナヘナとヘタれたクリームに子供が号泣しましてそれ以降使うのをやめてしまいました。

 

結局また食べる直前にそれぞれがクリームを出して食べたというお話です。

 

その後はハンドミキサーのお力を借りて本当の純生クリームを材料に作っておりますです。

 

参考記事

生クリームってどんなもの?店にいくと色々種類があるので調べてみる