不明な油や添加物が入っていないとホッとする日々

加工食品を食べなければいい話なのですが100%排除するのもなかなか困難になっている今日このごろ。

 

それでも裏面の原材料なんかを見るクセだけはしっかりつきました。

 

これは良い習慣だと思っています。

 

実際に見てみると思ってもいなかった発見があったりするもの。

(割と悪い意味で)

 

素直によく分からないものといったらやっぱり食品添加物。

 

そして別な意味でよく分からないのが単に「植物油脂」ってなっている油。

 

最近はやっぱりこの二つに対する警戒感もあって分からないと調べるようになりました。

 

当然ですが食品添加物はなるべく体に入れない方がいい。

 

もちろん安全ってなっているわけですが極力取り込まない方がいいのです。

 

植物油脂の方もたぶんとらない方がいい油の確率が高いでしょう。

 

そうなるともう食べていいのって素材だけじゃないかって思う時があります。

 

きゅうりをポリポリとか。

肉を焼くとか。

 

でもその素材だって飼料や肥料なんかで色々問題があるわけですよね・・・。

 

しかも有機だってねぇ。

 

基準の甘さや肥料の作成方法によっては・・・ですよ。

 

こうなるともう食べるものがなくなっちゃいますね。

 

そんな中でも時々加工食品でも「お!」って思うようなものもあるわけで。

 

榮太郎のこだわりぜんざい_1

 

榮太郎のこだわりぜんざいの原材料

 

グラニュー糖なんて体にいいのか~って思いますが、とりあえずとてもシンプルな原材料にホッとしたわけです。

 

カロリーは1個で212kcal。

 

脂質は0.3gです。

 

もちろんこれだってケチはいくらでもつけれます。

 

しかも体に気を使うなら甘いモノ食べるなよーーっていう根本を言われれるとぐうの音も出ないのですが。

 

でも記号や番号でつけられたような名前の添加物なんかが入っていないだけで割と安心しちゃうわけです。

 

この原材料を見た時に「これなら買ってもいいのでは・・・」と思ってしまったのです。

 

油もね。

 

和菓子系は油なんか入っていないかと思いきや、いえいえまったくそんなことはないのですよね。

 

上記のような純・和菓子はまだ確立は低いですがジャンル不明な和洋菓子はかなりの確率で油が入っています。

 

そんなこんなで毎日少しずつ体に蓄積されているんだろなあ・・・。

 

少しずつ少しずつ。

 

そしてある日、その時がくるわけです。

 

でも原因や因果関係なんてつきとめられません。

 

少しずつ少しずつ。

 

やっぱりちょっぴりの意識改革はした方がいいと思う。

 

それだけで何かが(良い意味で)違ってくるという願いを込めて。