3月15日は「オリーブの日」らしい

朝、某テレビを見ていたら「今日はオリーブの日です!」という言葉を耳にしました。

 

オリーブの日なんてものがあったのですね。

 

詳細はよく分からなかったためちょっと調べてみると、確かに今日(3月15日)はオリーブの日なのだそうです。

道の駅「オリーブ公園」のHP

 

昭和25年、時の天皇(昭和天皇)が小豆島をご訪問されました。

 

その時に昭和天皇が自らオリーブの種を蒔かれたそうです。

 

その後発芽し立派に成長したとのこと。

 

その種を蒔かれた日が3月15日であったということ。

 

実際に「オリーブの日」と制定したのは昭和47年だったそうですが、結構な歴史があるのですね。

 

しかし天皇陛下が関係されていたとは・・・。

 

できれば陛下の木(って呼んでいいのかな?)に実ったオリーブの実やオリーブオイルを味わってみたいものです。

 

きっと現地では色々とイベントなどを実施しているのでしょう。

 

簡単には行けない距離に住んでいる私としては残念であります。

 

しかし今、この時期のオリーブの木はどんな感じなのでしょうか。

 

たぶん枝だけ?

 

きっと秋の収穫に向けて今がスタートラインというところでしょうか。

 

いつか私もオリーブを栽培してオリーブの実を自分で収穫・搾油したいと思っているのですが、なかなか近い将来というわけにはいきません。

地産地消!いつか自分で育て搾ってみたいのだ

 

世界のオリーブ歴史はとてつもなく古いことを考えると日本のオリーブの歴史は明治あたりが始まりですからまだまだ新しいとも言えます。

 

とは言え、日本人は鎖国をしていた江戸時代から180度転換して開国しあっという間に欧米諸国に追いつきました。

 

これをオリーブに置き換えることは違うかもしれませんが、ある意味、日本におけるオリーブの歴史がまだまだ新しいとしても、一度栽培し始めたらあっという間に最高級のオリーブの実とオイルを作り上げてしまうのでは・・・。

 

というかもう既に小豆島あたりを中心に素晴らしいオリーブオイルが出来ているのですが。

 

ただし如何せん、まだまだ量が少ないのと同時に高い・・・。

 

最近では四国や九州の他にも群馬あたりでオリーブの栽培が盛んになっているというニュースを見たばかりですが、個人的にはとても嬉しいことです。

 

とにかく国内産の素晴らしい品質のオリーブオイルが手頃な値段で買えるようになってほしい。

 

そう思わずにはいられません。