アラジンと魔法のランプはどんなオイルを使用?

先日「アラジン」を見てきました。

 

全く期待していなかったのですが、正直かなり面白かったです。

 

映像がとてもきれい。

 

実は私、子供のころ「アラジンと魔法のランプ」が大好きでした。

 

「世界のおとぎ話」がたくさん載っている絵本を持っていたのですが、その中でもとりわけ大好きだったのがアラジンとかアラビアンナイトとか。

 

あのエキゾチックな異国の雰囲気に子供ながらにワクワク感が止まらなかったのを覚えています。

 

そして今回映画を見てふと思ったこと。

 

あのランプって油入れたらどうなるんだろう。

 

ランプに油をさしたらジーニーはどうなっちゃうのでしょうね。

 

油で溺死!?

 

ランプに触れたらジーニーは出てくるんだから、そもそも油を入れるのは無理なのかなw

 

ところであのランプってとっても不思議な形ですよね。

 

魔法のランプ_2

 

とても芸術的で美しい形をしています。

でも私たち(日本人)が思い浮かべるランプってこっち系↓だと思います。

 

一般的な石油ランプ

 

魔法のランプはなんだか水差しみたいな形。

この地域はこういったランプが主流なのでしょうか。

(もしくは昔はこうだったのか)

 

もうおとぎ話の中でしかお目にかかれないかと思いきや普通に売っていますw

 

装飾ライト アラジンライトマジックライトメタル彫刻中空ランプライトポット

 

商品の説明をみると「オイルランプ」として使える他「ティーポット」や「爪楊枝ボックス」として使えるって書いています。

 

やっぱり水差しみたいって思ったのもの当然ですね。

あの注ぎ口から芯を出して火をつけるのだとか。

 

今はこういった商品に使うオイルは専用のものが推奨されていますが、昔はどういったオイルを使っていたのでしょう。

 

やっぱりオリーブオイル?

 

例えば昔の日本では菜種油や魚油で火をともしていました。

 

鯨油もランプに使われていたみたいですが、この地域はオリーブオイルを使っていたような気がします。

(なんとなくそうであってほしい)

 

ちなみに余談ですがWikiを見るとアラジンと魔法のランプの設定について「中国で母親と貧乏暮らしをしていたアラジン」とあります。

(もちろん現在の中国は当時はありません)

 

昔の中央アジア・西アジアは今よりも人種的にも文化的にも中東系とアジア系がごちゃ混ぜになって共存していたはず。

 

今とはまったく違っていたと想像できますが、今のアラジンというと完全に中東の国と人種を思い浮かべますが、実際はもしかしたら少し違うのかもしれません。

 

ランプのオイルの種類と合わせてなかなか興味深いですしロマンを搔き立てられます。