otomiが投稿した記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

投稿者:otomi
異常気象で食料難がやってくる!?オリーブオイルにも影響が
異常気象で食料難がやってくる!?オリーブオイルにも影響が

アメリカでかなり大規模な洪水が起きているみたいですね。

 

日本ではあまりニュースをになっていないようなのですが(テレビを見ない私が知らないだけ!?)、他の国でも結構洪水のような水害が起きているようなのです。

 

天候はどうにもできない部分もあるのが歯がゆいところ。

しかも水害となると農作物への悪影響が出てくるので非常に深刻です。

 

特に農業国がやられてしまうと世界的な食料難に陥る心配だってあります。

 

もちろんオイルにも影響があります。

 

数年前にオリーブの不作によりオリーブオイルが値上げになるという記事を書いたことがあります。

不作!?オリーブオイル値上げによる影響はどこまで出るか

 

どうやらその後も悪い天候は続きオリーブ、そしてオリーブオイル生産量が激減しているようですよ。

イタリア、オリーブオイル輸入の事態も 異常気象で生産に大打撃/CNN.co.jp

 

オリーブは害虫に弱くそして気象条件も非常に難しい作物なんですよね。

 

なんとあのオリーブオイルで有名なプーリア地方の2500万本のオリーブの木がダメージを受けてしまったと!!

 

この数は相当なものです。

私たち日本の消費者も近いうちにひしひしとダメージを実感するでしょう。

 

日本も水害には毎年苦しめられています。

他人事ではないです。

 

しかしどうもこういった異常気象、なんだか最近これが日常に感じるほど頻繁に起きすぎやしませんか?

 

いったい地球はどうなってしまったのでしょう。

何かの転換期に突入しているのでしょうか。

 

で、やっぱり私の一番の心配ごとはオリーブオイルなのですが、よく考えたら他の植物油脂だって影響が出るはずですよね。

 

亜麻仁油なんかは大丈夫なんでしょうか。

 

・・・なんて油の心配をしている私ってもしかして「のんき」なのか!?

 

もしかして油どころの騒ぎじゃなくなってしまったりして・・・。

 

世界中で農作物がやられてしまうとこれは本格的に食料が足りなくなってしまうのではないでしょうか。

 

今エキストラバージンオリーブオイルをまったりと楽しんでいることが実は夢のような時代になってしまったりして。

 

なんてちょっと考えすぎでしょうか。

 

でも今後、地球丸ごと災害だってないとは言えません。

 

戸棚を開ければ何かしら食べ物が入っている。

お腹がすいたら何かを食べられる。

 

これらがいかに幸せなことか、空気みたいに当たり前になりすぎていてありがたさを忘れている自分がいます。

 

そもそも本格的に飢えたことがない私、そして家族。

 

ちょっと小腹が空いただけでイライラしだす夫と子供は耐えられるのでしょうか。

 

私は自分の皮下脂肪で何とか乗り切れるでしょうか。

(やっぱり私は「のんき」なお花畑脳なのか)

 

過度な取り越し苦労は心身に悪いしあまり悲観的になってもいけませんが、やっぱりある程度の「備え」は必須ですね。

 

参考記事

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

保存食や非常食としての油脂は有りか無しか

 

 

【サンチャゴ】高品質なのに低価格なチリのオリーブオイル【口コミ】
【サンチャゴ】高品質なのに低価格なチリのオリーブオイル【口コミ】

今回はチリのエキストラバージンオリーブオイル「サンチャゴ」(Santigo)をご紹介したいと思います。

 

南半球のオリーブオイルは予想以上に高品質なものがあったりしますが「サンチャゴ」もそんなエキストラバージンオリーブオイルの一つです。

 

低価格なのに高品質な「サンチャゴ」

 

今回ご紹介するのはチリの首都の名前(サンティアゴとも)をそのまま付けた「サンチャゴ」というエキストラバージンオリーブオイル。

 

サンチャゴのラベル

 

取り扱っているケータック・プランナーズという会社は私が以前よく愛用していたチリ産グレープシードオイルでもお馴染みです。

チリ産グレープシードオイル(コールドプレス)を購入する

 

グレープシードオイルはオメガ6メインのオイルなので最近はあまり使っていないのですが、こちらのグレープシードオイルはコールドプレスで質がよく、また無味無臭のためとても使いやすいですよ。

 

あの細長いチリという国はオリーブ栽培にはとても適しています。

 

気候と土地の条件が良く、害虫がほとんど発生しないためとても良質なオリーブが採れるといいます。

 

サンチャゴのボトルの表示

↑収穫から4時間以内に低温圧搾(コールドプレス)

 

サンチャゴは数々の国際コンテストで受賞歴がありますが、日本人に一番馴染みがある「オリーブ・ジャパン」でも2012年と2014年には金賞を受賞、その他の年でも何度も銀賞を受賞しています。

 

そして高品質なのに価格は非常にお手頃。

正直これが最大の魅力の一つなのは間違いなしです。

 

→サンチャゴ 230gの現在の価格

 

実は南半球のオリーブオイルってかなりねらい目ではないかと。

 

オリーブオイルに関して南半球はイタリアやスペインのようなヨーロッパや中東なんかと比較すると新興国です。

 

でも品質の良さや価格のお手ごろさを考えると南半球のオリーブオイルにも注目しておいて損はありません。

 

サンチャゴの味と香りをチェック!

 

サンチャゴは次の3つの品種のブレンドになります。

 

・アルベキーナ

・フラントイオ

・レッチーノ

 

色は黄色系で割と透明感がある感じ↓

 

サンチャゴの色

 

香りは青くさわやかでとてもいいです。

 

味はライト系ではなくオリーブオイルならではの苦みと辛みはしっかりあるのですが、とっつきにくいようなトゲトゲしい印象はないです。

 

たぶん3種のオリーブを絶妙なバランスでブレンドしているからこそなのかもしれません。

濃厚な風味を持っているものもブレンドのメリットかも。

 

本来ならこってりした肉料理にも負けないような強いタイプに思いますが、たぶんあっさりしたサラダやパンでもアクセントになって美味しそうです。

 

お手頃なのに確かな品質と美味しさの「サンチャゴ」、良かったら一度お試しください。

 

ケータック チリ産 エキストラバージン オリーブオイル サンチャゴ 230g

 

参考記事

南半球が狙い目なワケとは?世界のオリーブオイルに目を向ける

 

 

 

朝食やオヤツに~超高カカオチョコを使ったフレンチトースト
朝食やオヤツに~超高カカオチョコを使ったフレンチトースト

90%以上の苦い高カカオチョコレートをおいしく食べるレシピです。

 

カカオが90%以上のチョコレートは食べるには苦すぎますよね。

(80%代までは平気で食べるうちの子供も手をだしません)

 

ところが隠し味として使うとすごく美味しく食べることができます。

 

今回はフレンチトースト。

 

仕上げにかける真っ白い粉糖の代わりに削った真っ黒い高カカオチョコレートを振りかけてみました。

 

参照したのは明治のチョコレート効果を使ったレシピ。

明治の高カカオチョコレートレシピ

 

今回私が使ったのもチョコレート効果の95%です。

 

 

そのままでは食べることができずずっと冷蔵庫の片隅に残っているので、最近では色々と工夫して食べています。

 

フレンチトーストを焼く

↑フレンチトーストを通常通りに焼きます

 

フレンチトーストを作る際には浸す卵液に砂糖を入れるのが定番だと思いますが、今回は砂糖無しで焼いてみました。

 

できるだけ糖分は控えめにしたいと思います。

 

また最後に真っ白い粉糖をかけると見た目的にはすごくキレイですがこれもやめました。

 

ただし仕上げにハチミツを少しだけかけて95%のチョコレートの苦さとのバランスをとりたいと思います。

 

使ったオイルはバター。

 

以前オリーブオイルで焼いてみましたが、こちらはバターよりシンプルな味になります。

オリーブオイルでフレンチトーストを焼いてみた

 

どちらでもお好みのオイルで焼いてください。

 

チョコレートはおろし金で細かく削りました。

 

削ったチョコレートをかけたフレンチトーストのアップ

 

もしかしたら包丁で荒く刻んでも存在感があって美味しいかもしれませんね。

 

95%の超高カカオ、削ったのは少量ですがフレンチトーストの温かさもあってかチョコレートの香りがふわ~っとただよってきてすごく良いアクセントになっています。

 

使った量は食パン1枚に対してチョコレート効果の半個くらい。

 

控え目の量とはいえハチミツの上品な甘さと混ざってちょうどいいです。

 

もしかしたらハチミツもかけずに70%くらいの甘さのある高カカオを削って乗せるのもいいかもしれません。

 

市販のチョコレートソースをかけるよりもこちらの方が糖分も油脂成分も調整できるし、本格的なチョコレート風味をより一層味わえると思いますよ。

 

こんな感じで超高カカオチョコレートは色々と使えることが分かってきました。

 

チョコレート風味を少し味わいたい時のために冷蔵庫に常備しておいてもいいかもしれませんね。

 

コーヒーや紅茶と高カカオチョコレートでフレーバードリンクを作る
コーヒーや紅茶と高カカオチョコレートでフレーバードリンクを作る

最近、90%以上の苦い高カカオチョコレートを色々なものに加えています。

 

そのまま食べると苦くて食べられなくても、ほんのちょっぴり付け加えると香りもよく味のアクセントになって美味しくなることを発見しました。

 

今回はコーヒーと紅茶。

この二つに高カカオチョコレートを入れてみたいと思います。

 

よくチョコレートフレーバーの紅茶などが売っていますよね。

 

でもあえて購入せずに自宅で作ろうってことです。

 

自分の好みに合った甘さのチョコレートを入れていいのですが、私の場合甘い飲み物はあまり好まないし、だったら苦い高カカオチョコレートを入れてみようかと。

 

また適度に高温の食べ物や飲み物にカカオたっぷりのチョコレートをプラスすると、とにかく香りがすごくいいのです。

 

今回使ったチョコレートはこちら。

 

 

高カカオチョコレートをスーパーで購入する場合、これが一番手に入りやすいでしょう。

 

ただし多少の添加物が入っています。

 

チョコレート効果95の原材料:カカオマス、ココアパウダー、砂糖、乳化剤、香料、(原材料の一部に乳、大豆を含む)

 

もしさらに品質にこだわるなら通販でさがすとこだわりのあるものを見つけることができます。

 

↑原材料は有機カカオマス100%

 

ちなみに以前は高カカオチョコレートだけをお湯で溶かしてチョコレートドリンクを作ったことがあります。

高カカオチョコレートでドリンク作成、ついでにオリーブオイルも

 

これもなかなかの味でしたが、今回はチョコレートの風味だけさりげなく追加するって感じになるでしょう。

 

まずはコーヒー。

こちらは一般的なドリップコーヒーです。

 

まずは熱々のコーヒーにチョコレート効果カカオ95の1粒を半分にカットして入れてみました。

 

明治チョコレート効果を95を半分にしたところ

↑半分に割れるように切れ目が入っています

 

コーヒーの中でチョコレートが溶けたところ

↑底に残っている時はスプーンで混ぜながら飲みます

 

カカオの香りとコーヒーの香りが半分半分くらい。

 

ただしコーヒーの香りも元々強いので、チョコレートのインパクトはそんなにないかな。

二つの香りがバランスよくミックスされた感じです。

 

チョコレートの苦みはほとんど感じません。

気のせいかごく微量に入っている砂糖の甘味さえ感じます。

 

100%だったらそんなことはないのか、それとももしかしたらチョコレートの風味がそう感じさせるのか。

 

そもそも苦いブラックコーヒーですが、それにプラスでチョコレートの苦みが加算されたという印象はないですね。

 

もっとたくさんの量を入れたら分かりませんが、以前チョコレートドリンクを作った時も苦すぎて飲めないということはなかったので大丈夫かと。

 

ほんのり風味が追加されるくらいを目指すのなら半個から1個でいいのではと思いました。

 

砂糖やミルクを入れる習慣のある人は、代わりにミルクチョコレートを入れるのも美味しそうですね。

 

 

次に紅茶。

アールグレーの一般的なティーバッグです。

 

紅茶にチョコレート効果95を入れたところ

 

コーヒーと同じように1粒の半分の量を入れました。

 

チョコの香りはコーヒーより感じます。

味はまろやか、苦味はないですね。
すごく飲みやすいしチョコフレーバーの良さを堪能できます。

 

私は個人的に紅茶の方が好きかな。

でも日替わりでも良いくらいどちらも美味しいです。

 

今まで、お湯だけココア、お湯だけチョコレートドリンクなどを作り、そして今回はコーヒーや紅茶にチョコレートを入れてみました。

それぞれ似ているところもありながら微妙に違っていてそれぞの美味しさがあります。

 

甘い飲み物に慣れてしまうと習慣となって飲まずにはいられなくなりますが、逆に砂糖の入らない飲み物に慣れると、その風味がより一層感じられる利点に気付きます。

 

砂糖中毒から抜け出したい方はこういった飲み物を利用するのも一つの手かも。

また市販の飲み物には植物油脂が入っているものも多いですから。

 

 

ちなみに紅茶もコーヒーもチョコレートフレーバーのものはあります。

 

 

 

手間をかけたくない場合はこういったものもいいと思います。

でも高カカオのチョコレートをちょっぴり入れて飲むのも十分ありですよ。

 

同時にポリフェノールも摂ることができます。

 

参考記事

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット