otomiが投稿した記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

投稿者:otomi
脂質が少ないタピオカ、でもその食べ方本当にヘルシーなの?
脂質が少ないタピオカ、でもその食べ方本当にヘルシーなの?

最近のタピオカブーム、スゴイですねぇ。

 

タピオカってずいぶん前にも流行りましたけど、どうして今またこんなに爆発的に人気になっているのでしょうか。

(なんかの陰謀!?)

 

昔は白くて小さめのタピオカがメインでしたが、最近は大きめのブラックタピオカ(カラメル色)が主流ですね。

 

うちの子供もタピオカドリンクが大好き。

どこかに出かけて売っていると必ずといっていいほど飲みたがります。

 

タピオカってモチモチした食感が日本人の味覚に合っているのでなんとなくこのブームもわからなくはないのですが、それだけで食べても正直それほど美味しくはないですよね。

 

つまりタピオカって他のものと一緒に組み合わせることで真価を発揮する食品ってことでしょうか。

 

ちなみにタピオカ自体の脂質をチェックしてみれば、確かに少ない。

 

タピオカの原材料はキャッサバという芋ですから、主な栄養は炭水化物。

 

ただしドリンクに入っているような茹でたタピオカですと炭水化物自体も減少しているし、脂質はほぼゼロ。

 

栄養的には微妙ですが、低脂肪で腹持ちも良いため「タピオカってもしかしておやつには最高なのでは?」と思ってしまいます。

 

ダイエットをしている人も注目していることでしょう。

 

でもやたらと甘い飲み口の良いドリンクと合わせたりしているとかなりの高カロリーになってしまいそうですよね。

 

うちの子供もタピオカミルクティーが大好物なんですよねぇ。

でもドリンクだから糖分を摂っている意識が薄くなっています。

 

最近のタピオカドリンクを見てみると値段が500円くらいでかなり量が多いですよね。

 

ブラックタピオカが下の方に沈んでいますが、たぶん大さじ1~2杯くらいでしょうか?

 

大半が甘いミルクティーなどですからかなりの糖分摂取になるはず。

 

確かに脂質だけを見ると意外とヘルシーじゃない?って思うのですが、こんなドリンクを頻繁に飲んでいたら糖分の摂りすぎになってしまいそうです。

 

つまり太るもと。

 

これだったらフルーツと一緒に食べるとか、キャビアみたいにグラスに入れて黒蜜をほんのちょっぴりかけて食べるとかの方がいいかも。

 

またタピオカも食べすぎると消化不良を起こす人もいるようです。

 

くわえて原材料は芋だけだと思っていると増粘剤や香料・甘味料などの添加物が意外と入っています。(原材料をチェックしてみると分かります。)

 

少し食べる分にはあまり気にすることもないでしょうが、最近のブームに乗って食べすぎは控えた方がいいかも。

 

あとは太いストローで思いっきり吸い込んで気道に入り窒息しないようにくれぐれもご注意くださいね。

 

炒ったえごまの実と納豆を混ぜたら最高に美味しく絶好調の日々を送る
炒ったえごまの実と納豆を混ぜたら最高に美味しく絶好調の日々を送る

今は梅雨の時期。

 

私が一番嫌いな季節で毎年この時期にはよく体調を壊します。

 

ですが今年は全くもって絶好調!

 

少し前の記事でも書きましたが、毎日のように納豆を食べる日が続いています。

オメガ3入り納豆を一か月食べてみた感想

 

上記の記事では納豆にアリーガという亜麻仁油を入れて食べていましたが切らしてしまったので常備しておいたえごまの実を炒って入れてみました。

 

これがなんとも美味!

 

プチプチの食感、そして炒った香ばしさが納豆のイヤな臭いやネバネバの不快さを緩和してくれます。

 

そう、私は納豆がもともと嫌いなのです。

 

どうやって納豆の不快さを軽減するかは私のテーマなのですが、軽く炒ったえごまの実を加えて食べるのは大成功でした。

 

えごまの実を入れた納豆

↑大さじ1杯のえごまの実を入れます

 

あえてすってはいません。

 

粒のままのえごまを加えることで「よく噛む」ことを意識してやっています。

 

納豆もえごまの実もよく噛むことが大事。

噛むことで栄養を効率よく十分に摂ることができます。

(本当に一口50回くらい、一粒ひとつぶをつぶすように噛んでる!)

 

それにしても納豆とオメガ3の組み合わせは本当に良いですね。

 

最近の私の昼食はこの組み合わせが日課になってきました。

 

一番目立って感じているのは「便秘の緩和」ですが、それ以外にも「これもそうかな?」と思うことがいくつかあります。

 

まずは風邪を引かなくなったこと。

 

梅雨の時期になると、たいていまず子供が風邪を引きます。

これはもう毎年と言ってもいいくらい恒例行事となっています。

 

5月の暑い時から急激に気温が変化したりしますよね。

 

そこで一発風邪を引いちゃうのですが、その時たいてい私はうつっていました。

 

いくら対策をしてもダメな時はダメ。

 

案の定、6月に入ると子供は今年も鼻風邪にかかったのですが私はうつりませんでした!

 

偶然じゃないの??と思われるかもしれませんが(実際は偶然かもしれませんが)、私は「オメガ3納豆のおかげ!」とかなり喜んでいます。

 

そして仕事に行っていても家で家事をしていても体がキツイと感じることが少なくなっているような気がするんですよね。

 

この辺は本当に自分だけにしか分からない「感覚」というものなので、文章にするのもなかなか難しいのですが・・・。

 

とにかく簡単に言ってしまうと、

 

 

絶好調!

 

 

ってことです。

 

願わくばこのままあの過酷な夏の日々も乗り越え、いや、どんな季節だろうが、どんなウイルスが流行しようが「関係なし!」と自信を持って言えるようになりたいです。

 

そしてできれば家族みんなでそうなりたいものです。

(なかなか食べてくれないんですよね・・・納豆。)

 

参考記事

プチプチ感が美味すぎるえごまの実チョコレート

簡単で驚くほど美味しい五平餅~えごまの絶品タレでいただく

 

 

妊娠線はオリーブオイルで対策~注意点はある?
妊娠線はオリーブオイルで対策~注意点はある?

妊娠してお腹が大きくなってくるとできる「妊娠線」。

 

一度できてしまうとやっかいな妊娠線を作らないために専用の商品が売られています。

 

でも専用の商品って意外といいお値段なんですよね。

実は私も妊娠中にクリームを使っていたのですが、高かったという記憶があります。

 

そんな中、オリーブオイルも妊娠線対策になるという話が。

 

今回は妊娠線にオリーブオイルは使えるのか、また何か注意点はあるのかを調べてみたいと思います。

 

妊娠線とは?

 

妊娠線とはお腹が大きくなってきた時に急激な体形の変化に皮膚がついていけないことからできる断裂した線のことです。

 

干ばつ

 

一番できやすいのはお腹まわりですが、お尻や太ももや胸、その他の部位にもできることがあります。

 

妊娠した時だけではなく急に体重が増えた時などにもできますが、この場合は「肉割れ」と言われます。

 

妊娠線は最初は赤っぽく色がついて見え、その後時間が経つと段々と白っぽい色になって多少めだたなくなります。

 

ですが線自体は自然に消えるということはほぼなく一生残ってしまうことも多いです。

 

妊娠線対策グッズにはどんなものがある?

 

一度できてしまうととてもやっかいな妊娠線、どうせお腹が大きくなるのは間違いないのですからできれば事前に対策しておく方がいいでしょう。

 

一般的には妊娠線予防のクリームやオイルなど専用の商品がたくさん販売されています。

きっと使ったことがある人もいることでしょう。

 

妊娠中ですからお肌が敏感になっていることもあるし、当然体に悪影響のある成分が含まれるものは使えません。

 

ほとんどがその辺を考慮した商品が販売されていますが、体質によっては合わないものもはあるかもしれません。

 

使ってみてかぶれなど何かトラブルが発生したらすぐに使用を中止します。

 

また心配の方はお医者さんに相談してから使うのが一番確実かもしれませんね。

 

ナチュラルマーククリームお徳用サイズ470g

 

 

妊娠線にオリーブオイルが使える?注意点も

 

絶対にできたくない妊娠線ですが、オリーブオイルでも対策できると言われています。

 

妊娠線の原因は急激な体形の変化ですがその他に「乾燥」も大敵です。

 

オリーブオイルの他にも対策できるオイルはいくつかありますが、オリーブオイルは「オレイン酸」がメインの油です。

 

オレイン酸はお肌との親和性が高くまた保湿パワーにも優れているのが特長。

乾燥が大敵の妊娠線には適したオイルと言えます。

 

ただしどんなオリーブオイルでもいいかといえばちょっと注意点もあります。

 

食用のオリーブオイルはおすすめできません。

できればスキンケア用のオリーブオイルを使用します。

 

食用の場合いくら質が良くてもお肌にとっては刺激となるような成分や物質が混ざっていることもあります。

 

というのも食用オリーブオイルは風味を大事にするためあえて「ろ過」しないものも多いので、お肌に使うには適さないのです。

 

マッサージ用のオイルなどが一番いいでしょう。

生活の木 有機オリーブオイル・エキストラバージン 70ml

 

このように比較的低価格で購入できる商品もあります。

 

スキンケア用であってもすべての人にとって合うかどうかは分かりません。

お肌につけてみて何かトラブルが起きた場合にはすぐに中止してください。

 

まとめ

 

私も妊娠中、かなり高いクリームを購入し日々マッサージをしていました。

限られた期間だけだからと思い切って買ったのを覚えています。

 

そのおかげか妊娠線はできませんでしたが、もしその当時オリーブオイルで対策できることを知っていたらそっちを使っていたかもしれません。

 

どんなアイテムを使うか(または使わないか)は個人の自由ですが、お肌や体、そして赤ちゃんに悪影響がないことが大前提。

 

そんな中でオリーブオイルも一つの選択肢になりうるということを知っておいても損はないと思います。

 

オメガ3入り納豆を一か月食べてみた感想
オメガ3入り納豆を一か月食べてみた感想

納豆を健康のために食べる人は多いと思います。

 

私も納豆を本当によく食べますが、実はあまり好きではありません。

それでも食べようと思うくらい納豆にはたっぷりと栄養が入っています。

 

ところで納豆の原材料はもちろん大豆。

ということは含まれている脂質はオメガ6(リノール酸)がメインです。

 

納豆100gには約10gの脂質が含まれていますが、そのうち約5g(半分)がリノール酸になります。

 

オメガ3(α-リノレン酸)は残念ながら1g未満です。

 

だったら納豆にオメガ3オイルをプラスしてしまおう!と。

実際これはかなり良い食べ方じゃないかと思っています。

亜麻仁油と納豆を混ぜて食べる

 

どちらも熱に弱い同士ですし、混ぜてそのまま食べるには相性も良いのです。

 

風味的にもクセがあるオメガ3オイルもさらにクセのある(!?)納豆と混ぜてしまえばかなり欠点が相殺されますw

 

実はここ一か月ほど、納豆にオメガ3オイルを小さじ1杯ほど加えて混ぜたものを毎日食べていました。

 

理由は昼食をなるべく簡単に手早く済ませる必要ができたから。

最近、転職しまして午後から開始の仕事につきました。

 

朝、夫と子供を送り出してから手早く洗濯・掃除を済ませ、その後夕食の下準備してから家を出ます。

 

帰りは6時過ぎになるので、なるべく早く子供に夕食を食べさせるために前もって夕食の準備をしておくのですが、そうすると昼食はなるべく手早く済ませなくてはなりません。

 

そこで納豆ご飯。

 

ご飯は冷凍してストックしておき、毎日納豆1パックにオメガ3をプラスして食べることにしました。

 

ただし納豆は白飯にかけません。

 

私は白飯を納豆で汚す(!?)のがあまり好きではないため、そのまま付属のタレとオメガ3(時にネギプラス)を混ぜた納豆と白飯は分けて食べています。

 

これですとかなり手早く昼食を済ませることができ、かつ栄養的にもまあまあかなと。

(納豆に頼りすぎという気もしますが)

 

慣れない仕事でストレスや疲れもたまるのでしっかり栄養だけはとっておこうと考えた時、納豆が最適ではないかと思ったのでした。

 

毎日食べて飽きないのかと思うかもしれませんね。

確かに毎日「美味しい!」と思って食べているわけではありません。

 

納豆にオメガ3オイルをかける

 

ただ忙しい合間をぬって食べることを第一目的にしているため、あまり味を重視していないということが幸いしているようです。

(かといってマズイわけではありませんよ)

 

そんなこんなでかれこれ一か月。

 

いやいや、なんか調子がいいんですよ。

もちろん納豆とオメガ3のおかげと断定はできないのですがそれしか思いつきません。

 

今まではたいてい仕事や環境が変わった後ってかなり体調を崩す確率が高かったのですが、ピンピンしているんです。

 

ストレスや疲れは毎日感じるのですが、次の日になるとかなり回復しています。

 

しかも毎日のお通じもバッチリ!

納豆もオメガ3もどっちもいいですもんね。

 

心なしかお肌の調子もいい。

「若返る」まではいきませんが気分的に悪くないようです。

 

ちなみに栄養豊富な納豆ですが過剰摂取はNGとされています。

 

あの有名なイソフラボンも一日の上限(約70mg)があるので、他の大豆製品(醤油、味噌、豆腐、油揚げなど)も摂ることを考えると私の場合は一日50gの1パック(約35mg)で十分じゃないかと。

 

みなさんも納豆を食べる時は各自の体調や食生活を考慮して量を決めてください。

 

とにかくオメガ6メインの納豆に負けないように(!?)オメガ3をちょっぴりプラスして食べるのは私には合っていたみたいです。

 

いつまで続けるかは未定ですが、あまりに調子が良いのでもうしばらくはこのままでいきたいと思います。

 

私が使ったオメガ3(亜麻仁油)はこちら

↓  ↓  ↓

 

↑最近はずっとこればっかりです

 

参考記事

【国産VS外国産】おすすめな亜麻仁油はどれ?

証明あり!加熱できるオメガ3・亜麻仁油【アリーガ】口コミ