otomiが投稿した記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

投稿者:otomi
近ごろ胃もたれが辛いために天ざるを食べない
近ごろ胃もたれが辛いために天ざるを食べない

私の好物に天ざるというものがありますw

 

えび、なす、ししとう、舞茸などなど。

考えただけで食べたくなります。

 

私、麺類といえばとにかくお蕎麦が好きなのですよ。

で、天ぷらも好きなので外食(ランチ)などでよく天ざるを注文しておりました。

 

最近は自粛生活で外食もままなりませんが先日久しぶりに外食する機会があり・・・。

嬉々として天ざるを注文しました。

 

暑い時期になると余計に冷たいお蕎麦をつるつるっといただきたくなりますよね。

で、おともとして天ぷらがまた実に美味しいのです。

 

もちろん大変おいしくいただき満足して帰宅したのですが、その数時間後、どうにも膨満感がとれません。

 

夕食にひびいてしまいました。

 

これ、単に年齢が原因じゃない(40代後半になります・・)のか。

 

でもなぜなのか、トンカツをガッツリ食べてもほぼ平気です。

同じ油ものなのに・・・。

 

天ざるや天丼を食べると胃もたれが来てしまうというと、やっぱりあれか、トンカツはキャベツがポイントなのでしょうか。

 

真相は分からないままですが私は好物の天ざるを食べるのが最近少し怖くなっております。

 

油物をたくさん食べるわけではない我が家、もしかしたらあまり慣れていないのかな。

でもそれだとトンカツでもなるはずだし・・・うーん分からん。

 

天ざるってわざわざ天ぷらを揚げてまで家では作りません。

よって天ざるを食べる時はほぼ100%外食。

加えて私の中では天ざるはランチであり決して夕食といった感じではないのです。

 

なので当面は天ざるを食べることもなくなりそうです。

ちょっと寂しい。

 

家では・・・というと、もっぱら素麺を食べています。

 

氷を入れた素麺をさっぱりつるつる・・・。

小口の青ネギとすりおろしたショウガを薬味に油とは無縁で食べております。

 

・・・ん?

素麺の真実。

麺の中に油が入っている!?

 

そうなんです。

天ざるを食べなくなった私が現在はさっぱりすっきり素麺を食べているのですが、素麺の材料には油が使われていることが多いのです。

 

はあ。。。

これはもう気にせずに天ぷらを揚げて食べようかなと。

(グダグダ言わずに作れよw)

 

天ざるは私の大好物。

このまま食べなくなるのはさみしいです。

 

そういえばもうずいぶん前になるのですが、某有名天丼屋さんで天丼を食べた時、まる一日使い物にならないくらい胃もたれした経験があります。

 

それからというものその天丼屋さんには一度も入っておりません。

 

私は天ぷらと相性が悪いのか。

いやいや気のせいと思いたい。

 

そうだ!キャベツと一緒に天ぷら食べればいいのかも。

(おお!やってみようかw)

 

とにもかくにも気軽に天ざるを食べに行ける日常に戻ってほしいものです。

 

 

 

 

オリーブオイルと塩麹で最強の調味料を作る
オリーブオイルと塩麹で最強の調味料を作る

ある市販のドレッシングに「塩麹オリーブオイル」というものがあるのを知って「美味しそうだなあ」と思いました。(今でもあるのかな?)

 

塩麹を使った料理は我が家の大好物でありまさに魔法の調味料だと思っています。

 

塩麹って本当にこれだけで料理の味を完璧にしてくれるから、手間も技術もいらないで美味しい料理が出来上がります。

(以前もおいしい塩麹とリンゴ酢と混ぜ合わせてドレッシングを作りました。)

 

そんな塩麹と同様に魔法の調味料になりえるオリーブオイル。

この二つを合わせたらきっと美味しいドレッシングになること間違いなし。

 

もちろんサラダ用のドレッシングだけではなく調味料として色々な料理に使えるのでは?ということです。

 

だったら手作りが一番。

オリーブオイルと塩麹ならたいてい我が家にあります。

 

市販のドレッシングは程よい味に調整してあって便利ですが、やっぱり気になるのは油の種類や質、そして添加物。

 

市販のドレッシングも美味しそうですが原材料をチェックしてみたところ「食用植物油脂(エキストラバージンオリーブオイル16%)」となっておりました。

 

ん?

 

オリーブオイルじゃないの?

 

この16%という数字は、使われている食用植物油脂のうち16%だけがエキストラバージンオリーブオイルであるということですか?

 

「では残りの84%は?」ってことです。

 

もしかしたら(ピュア)オリーブオイルを使っているけどそのうち16%だけが「エキストラバージン」ってことなの??

 

どっちにしても油メインのドレッシングに関しては自分の好みの油を使える手作りが一番ではないかという結論に。

 

その都度作る手間といっても材料混ぜるだけですから大したことないですしね。

 

自分で作ればエキストラバージンオリーブオイル100%でもえごま油100%でもできちゃいます。

 

ですが今回はお酢を入れたドレッシングは作りません。

 

塩麹とオリーブオイルのみを合わせてどんな料理にも使える万能調味料を作っていきたいと思います。

 

作り方はいたって簡単。

 

オリーブオイルと塩麹をよく混ぜ合わせるだけ。

(作り方って言わないですねw)

 

割合としてはオリーブオイルが大さじ4~5杯に対して塩麹が大さじ1杯くらい。

 

もちろんお好みで加減してくださいね。

 

塩麹オリーブオイルをトマトにかけたところ

↑トマトにかけてみた

 

間違いない美味しさです。

 

さっぱりしたトマトの味を損なうことなく、ですが塩麹のコクとオリーブオイルの風味が加わってさらに美味しくなります。

 

心なしかトマトの甘味も引き出されますよ。

 

お酢の入ったドレッシングが苦手な人にはぜひおすすめしたい!

(もちろんお酢を入れた正統派ドレッシングでもOKです)

 

 

塩麹オリーブオイルをトーストに塗ったところ

↑見た目は微妙かな・・・

 

トーストに塗ってドライバジルをトッピングしてみました。

 

これは病みつきになりそうなくらい美味しさです!

 

これならマーガリン派も引き込めるんじゃないかって思うほど。

 

塩麹って優しい味だけど独特の美味しさがあって本当に何でも合います。

 

それがオリーブオイルの香りと合わさるとさらにグレードアップ。

 

みなさんも良かったらお試しください。

 

 

 

【天ぷらとアイス】油と冷たいものはやっぱり胃腸に負担あり?!
【天ぷらとアイス】油と冷たいものはやっぱり胃腸に負担あり?!

夏まっさかりの日々。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

夏といえばどうしても冷たいものを食べてしまいますよね。

 

わが家ではオールシーズンアイスが冷凍庫に入っているような家ではないのですが、やはり夏だけはかなりの確率でストックされています。

 

子供はカキ氷が大好きで、家でもカキ氷機で氷をガリガリしてシロップをかけて食べています。

 

正直これが一番安上がりではありますw

 

夏祭りではよくかき氷とポテトをガンガン食べていたのでお腹を壊すんじゃないかとハラハラしたものですが最近ではお祭りにいく機会もなく・・・。

(ちょっと寂しいですね)

 

ところで昔から天ぷらとアイス(氷菓子全般?)の食べ合わせは悪いなんて言われます。

 

バニラアイスクリーム

 

でもアイスの天ぷらって確かありましたよね?

 

私は食べたことがありませんが、きっと温かい(いやアツアツか!?)天ぷらからほどよく溶け始めた冷たいアイスクリームが出てくるのがミソなのだと思います。

 

こういった「温かいもの+冷たいもの」のコンビネーション料理(特にスイーツ)って他にもありますが、食べ合わせが良くないのって油を使った天ぷらだからなのでしょうか。

 

いわゆる食べ合わせについては化学的に根拠のあるものと迷信のようなものがあるみたいです。

 

「天ぷらとアイス(氷菓子)」の食べ合わせについては昔から言われているようですが、どうやら胃腸に負担がかかるのは本当みたい。

 

そもそも「水と油」は「犬猿の仲」!?

そして「熱いもの」と「冷たいもの」ということもあるかもしれません。

 

昔は油料理といえば代表的料理が「天ぷら」。

 

今ほど油料理にあふれていない時代、天ぷらと水菓子(フルーツとかでしょうか)を食べてお腹を壊す人がいたのかもしれませんね。

 

どんな油を使っているかにもよりますが、天ぷらに使う植物油は身体を温めるタイプのものが多く、そこに真逆の冷たい食品が入ってくるという状態は少し考えても胃腸がビックリしそうです。

 

お腹が痛い男女のイラスト

 

加えて脂質は消化が遅いので、一生懸命に働いている胃腸に冷たいものまで入れてしまうのはちょっと可哀想かもしれません。

 

それでも「何を食べても一度もお腹壊したことなんてない!」という強者も結構いるのではないでしょうか?

 

そもそも食べ合わせというのは昔からの言い伝えみたいなものがかなり多いですが、昔の人と現代人の食生活の変化や体質の変化もあるのかもしれません。

 

現代人は油をたくさんとっていますし、食べ物の種類も量も昔とは比べ物になりません。

 

つまり「慣れっこ」になっているのかも。

 

このあたりの判断は個人個人の体調・体質次第になりますが、それでも夏は特に油ものと冷たいものを同時に食べる機会が増えてしまいます。

 

普段は大丈夫だからと暴飲暴食をしてしまうのは少し考え物かも。

 

昔からの知恵や言い伝えもなかなか役に立つこともあります。

 

少し胃腸が疲れているかなと思ったら、普段は大丈夫でもやめておいた方が無難かもしれません。

 

夏の胃腸は特に大事にしましょう。

 

 

ホットケーキミックス(HM)なし高カカオガトーショコラ
ホットケーキミックス(HM)なし高カカオガトーショコラ

家庭でケーキを作る場合、一番簡単で手っ取り早いのは「ホットケーキミックス(HM)」を使うことではないでしょうか。

 

私もかつて子供が幼稚園に入る前くらいまでは、よくホットケーキミックスを使ってホットケーキや他のお菓子を作ってあげていました。

 

ですがたいていのホットケーキミックスにはいくつかの添加物が入っています。

 

油脂だけを見ても「植物油脂」、「ショートニング」などなど。

 

手作りお菓子の良さは余計な添加物が入らない体に優しいものを作れるということも重要なポイントの一つ。

 

できればよく分からない油脂も入っていない方がいいなあと思います。

 

加えてできるだけ「簡単」に作れることも大事。

(ここ大事w)

 

今回はその二つを叶えてくれるガトーショコラを作ってみたいと思います。

 

炊飯器で作るので洗い物も少なくいつでも食べたい時に簡単に作れますよ。

 

今回参考にさせていただいたのはこちらのレシピ。

炊飯器で簡単ガトーショコラ

 

ホットケーキミックスだけではなく小麦粉自体を使わないケーキがいいなあと思ってさがしていたところこちらのレシピを発見しました。

(ありがとうございます!)

 

基本的にこのレシピ通りで作っているので作り方の詳細はリンクから飛んでチェックしてみてください。

 

一応私が作ってみた材料などは以下になります。

 

・高カカオチョコレート(今回は65%)・・・150g

・卵・・・5個(Mサイズ)

・オリーブオイル・・・適量(炊飯器にぬる用なので少しでOK)

・粉糖・・・適量

 

卵白を泡立てる

 

卵白をしっかり角が立つまで泡立てます。

(ハンドミキサーを使用しました)

 

小麦粉やベーキングパウダーを入れませんので、おそらくこのメレンゲが成功の鍵ではないかと思います。

 

溶かしたチョコレートを混ぜる

 

今回使ったチョコレートはこちら。

 

クーベルチュールチョコレートタブレットビター

 

 

 

タブレットタイプだったので溶かしやすかったです。

溶かしたチョコレートに卵黄を入れていきます。

 

炊飯器については、我が家ではケーキメニューがあるのでそれで作ってみました。

 

炊飯器のタイプも色々あるので正確な時間は何とも言えませんが、とりあえずうちでは45分で焼き上がりました。

 

完成した高カカオガトーショコラ

↑粉糖はお好みで。でもあるとキレイです。

 

「炊飯器で作りました!」って感じの形にはなりますが、粉糖でデコレーションするとなんとなく洗練されて見えるから不思議。

 

もう少しふっくらできたら良かったですが、たぶん卵白の量や質なんかにもよると思いますので次回の課題ですかね。

 

とにもかくにも味です味!

 

半分は常温で食べ、もう半分は冷蔵庫で冷やして食べましたが、冷やした方が美味しかったです。

 

食感はふんわりというよりは「みっちり・ずっしり」した感じです。

 

でも油っぽくないからでしょうか、重厚な割には量もいけますね。

胃もたれもありません。

 

それにしても小麦粉がなくてもちゃんとケーキになるんですね。

 

バターなどの油脂は追加しておらずチョコレートと卵の天然油脂のみですので、その分チョコレートの風味をストレートにしっかり感じることができます。

 

しかも拍子抜けするほど簡単。

 

普通ケーキを作るとなると材料を正確に量るところから気を使いますが今回はかなり適当でしたw

 

これだけシンプルな材料でしかも簡単であれば、ちょっとチョコレートケーキが食べたいなあと思ったら即作れるレベルです。

 

何と言っても私が「面倒を感じずに作ってあげれる」というのはかなりポイントが高いと思いました。

 

ちなみに火も使いませんし子供でも作れると思いますよ。

(でも小さい子の場合はちゃんと大人が見ていてね)

 

卵白を泡立てることだけ失敗しなければ、後は失敗する箇所がないと言っていいのではないかと。

 

これならクリスマスやバースデーケーキ、バレンタインにもいけそうな気がする。

 

アレンジとしてフルーツなんかをトッピングしてもいいですね。

 

これはたぶん何度もリピートするレシピだと思います。

 

参考記事

高カカオチョコレートでトリュフを作ろう!(バレンタイン企画)