otomiが投稿した記事一覧

オリーブオイルとオメガ3な日々

日々のんびりとエキストラバージンオリーブオイルやDHA・EPA、えごま油、亜麻仁油などのオメガ3系オイルについて勉強しています

投稿者:otomi
ホワイトデーにもらった紅茶を飲みながら
ホワイトデーにもらった紅茶を飲みながら

3月14日はホワイトデーでした。

 

みなさんいただきましたか?

(差し上げましたか?)

 

世の中がバタバタする中、ホワイトデーとかすっかり忘れていました。

デパ地下とか今年の売れ行きはどうだったのでしょうね。

 

そもそもバレンタインも以前と比較してだいぶ落ち着いているような気がするのですがどうなんでしょう。

 

うちの夫も10年前くらいまでは結構チョコレートもらってきました。

 

夫の好みじゃないもの(ミルク系とか)が多く、結局私がガツガツ食べてぷくぷくになるというなんとも複雑な心境に陥っておりました。

 

が、最近は一つももらってこない。

 

自宅で私が作るチョコレートやケーキなどを食べるということになっています。

 

今年も例年のようにブラックチョコレートを用いてケーキを作りました。

ほんのり程度の甘さですがその代わり紅茶を使って香り高く仕上げました。

(生クリームは使ったので脂質は高めだったかな。)

 

そして3月14日。

夫からは美味しい紅茶をいただいたのでした。

(紅茶返し?)

 

このブログではお湯だけココアやブラックコーヒーがよく出てくるのですが、私は本来は緑茶と紅茶が好きなのです。

 

小さいころは緑茶一択で育った人でして、大人になってからは主に紅茶を飲んできました。

 

コーヒーを飲むようになったのは割と最近。

ココアはオイルを気にするようになってからがきっかけです。

(純ココアを飲むという意味で)

 

でホワイトデーに紅茶というのも世間一般的には割とある話ですが、久しぶりに美味しい紅茶を飲んでまったりタイムを味わいながらふと思ったのは、最近ホワイトデーとかどうなっているのかなということ。(最近そういうのに疎くなった)

 

もちろんバレンタインも。

相変わらず売場では熱気にあふれていたのでしょうか。

(お姉さんたちの殺気は今も健在でしょうかw)

 

そして気持ち的な変化。

10代くらいまではワクワクしたあの感情はいまや思い出の中。

 

まあいずれにしても家族ができてしまうと、あの時のようなドキドキ感というより家族が円満になるためのアイテムのようになってしまいました。

 

それはそれで良し。

 

夫には「ホワイトデーとか別に要らないよー」と言ってありましたが、そこはやっぱり気持ち的にひっかかるのか律儀に買ってきておりました。

 

世界の動きが激しくなっておりますが、私は一人美味しい紅茶を飲みながらこんな記事をつらつらと書いております。

 

なんて贅沢でありがたいことか。

 

このまったりとした時間、いつまでも味わいたいものです。

こういう時間が宝物だったと感じる日がくるのかなあ。

 

 

 

油がなくても腹持ち抜群!お餅でお腹も心も満たされる
油がなくても腹持ち抜群!お餅でお腹も心も満たされる

みなさん、お餅は好きですか?

 

お正月には食べるけどあとはさっぱり・・・という人も多いと思いますが、実は食べ盛りな子供を育てている身としてはお餅はオールシーズン常備しております。

 

もちろん非常食としても重宝します。

今ふと確認したらお正月かっ!てほど在庫がありましたw

 

お餅の利点はやっぱり腹持ちの良さでしょうか。

 

腹持ちというと「油」を思い浮かべちゃいますが、お餅は特に油と一緒に食べなくてもある程度ずっしりとお腹にたまりますよね。

 

とくに子供が「お腹空いた~」と訴えてきた時にはお餅を焼いてあげればOK。

 

先日も塾帰りの子供が空腹を訴えてきまして・・・。

冷蔵庫を見てもすぐに食べれそうなものが何もない。

 

これはまずいと焦っていた時に「お餅ある?」と子供から言ってくれました!

 

おお!あるあるw

うちには非常食用のお餅が年がら年中必ずありますからさっそくパッケージを開封しサッと焼いてあげました。

 

子供が好きなのは焼いてお醤油をつけて海苔で巻くというシンプルな食べ方。

(早いし間違いない味)

 

なんなら焼いただけでも実は美味しい。

(私はよく食べています)

香ばしくてもち米のシンプルな味が伝わってきてなんだかほっこりします。

 

本当なら火鉢の上に網乗せて炭火で焼いて食べれたら。

(いいなあ、こんなこと普通にやってみたいけど我が家ではオーブントースター)

 

ちょっと小腹が空いた時に1つ食べるだけでお腹も心も満たしてくれるお餅。

市販のスナック菓子食べるならお餅の方がいろんな意味でいいオヤツになりそう。

 

そういえば昔、私の祖父(極甘党)が真っ白いお砂糖を大量にお皿に盛りましてそこにお醤油を垂らし焼いたお餅をつけてたべておりました。

 

いやこれって一般的な食べ方でしょう?って思われた方。

確かにそうなんですがうちのおじいちゃんは砂糖の量が半端ないw

(ほとんど糸を引くほどでした)

 

確かに油は使っていませんがこれは今思えば身体にはかなり悪いなー。

(ここにバターでも追加したらすごいことになっていたでしょう)

 

ちなみに私が一番好きな食べ方は大根おろし。

お醤油かめんつゆで味を付け刻んだ海苔をかけるともう最高です。

 

お餅と大根おろしは食べ合わせも抜群ですよね。

大根おろしは消化を助けるんでしたっけ?

 

本当は揚げたお餅と大根おろしの組み合わせも最高に美味しいのですが焼いただけでも十分です。

 

ただしお餅は高齢者や小さい子だけじゃなく全ての人の命にかかわる食べ物ですからくれぐれも気を付けて食べましょう。

 

小さいお子さんのお餅デビューは無理をせず、また小さくカットして調理するなど工夫することも大事。

 

せっかくのお餅、安全に美味しく食べたいものです。

 

 

亜鉛をコツコツ!手作りココアスプレッドをパンにぬったり・・
亜鉛をコツコツ!手作りココアスプレッドをパンにぬったり・・

今の世の中、体調管理に亜鉛を摂りたいなあと思っている人は多いですよね。

 

もちろん亜鉛は牡蠣なんかにはたくさん入っているんだけど毎日食べるようなものじゃないし意外と摂りづらい栄養です。

 

そこでココア。

 

私は「お湯だけココア」を日々飲んでいるのですが、子供だとやっぱりお湯だけココアは無理だったりします。(大人にはオススメ!)

 

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

 

本来ココアは子供も好きで摂りやすい素材だしオススメなのです。

でもたいてい甘いココアドリンクが定番となってしまいます。

 

それはそれでいいと思うのですが市販のものだとどうやっても添加物などあまり摂りたくないものもくっ付いてきちゃう・・・。

 

だったら子供が好きなココア食品を家で作るのが一番。

 

普通に飲むココアもいいのだけどもっと違うものもあった方がいいなあと思っていたところ「ココアスプレッドでも作ってパンにぬるのはどうだろう」と。

 

そうすれば市販のチョコパンを買わないで済むしいいのではないかと思いました。

しかも一番手軽じゃないかと。

(パンをよく食べるご家庭はいいと思います!)

 

そこでこちらのレシピを参考にさせていただいて作ってみました。

超簡単我が家のチョコソース

 

決め手はやっぱり無糖ココアを使っているところとシンプルな材料なので作りたい時にいつでも手軽に作ることができるというところでしょうか。

 

チョコクリームを作る

↑材料をよく混ぜる

 

材料混ぜてレンジでチンするだけという簡単さ。

(途中何回か混ぜて様子を見る)

 

作ったチョコクリーム

 

完成したチョコレートソース(ココアソース)はトロトロでいい感じ!

 

最初はレシピ通りの分量で作っていたのですが、もう少し砂糖を少なくしてみようと思い減らしてみたのですが特に問題なかったです。

(砂糖20gのところをココアと同じ14gにしてみました)

 

手作りだから分量も加減できるのが本当にいいですよね。

もちろん要らない添加物はなしというのが嬉しいところ。

(たぶん市販のものだと植物油脂とか入っている確率が高いと思う)

 

パンにココアスプレッドをぬる

 

そしてうちの子に食べさせてみたところ、これが大・大好評!

「美味しい!」と絶賛されました。

いやあ、作って良かった!!

(レシピをあげてくれた「我が家のパン職人」さん、ありがとうございました!)

 

味としては、市販のものの「とにかく甘い!」って感じではなく、カカオの風味が生かされたものでした。

 

甘さは調整できますが小さい子にはレシピ通り、大人用には少し砂糖を少なくしてもいいかもしれません。

 

うちの子は高カカオチョコが好きなので砂糖少なめでOKでした。

(今度はさらに量を少なくしてかつ黒砂糖で作ってみようと思う!成功したらまた記事あげるかもしれませんw)

 

ココアスプレッドは亜鉛を一度に大量に摂れるレシピではありませんが、こういったものはコツコツ摂るのが一番なのです。

 

でも亜鉛を摂るならチョコレートよりもココアの方が断然効率がいいですよ。

(ココアあなどれないです!)

 

だからこそココアを使ったもので、できるだけ簡単に作れるレシピを持っておくといいなあと思います。

 

後はやっぱりシジミとか牡蠣かなあ・・・。

(うちの子あまり好きじゃないんだよなあ・・・)

 

参考記事

十分美味しい「お湯だけココア」で余計な油をカット

 

 

 

 

非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう
非常時にもDHAが簡単にとれる!家に魚の缶詰をキープしよう

缶詰を非常食として持っているご家庭は多いと思います。

 

賞味期限がとても長いし、今や缶切りがなくても開けることができるタイプ(プルタブ)で簡単にそのまま食べることができるのも魅力ですよね。

 

特に今は非常食用に特化した缶詰も販売しています。

通常は日持ちのしないパンも5年ほど保存できるものさえあります。

 

ですが今回特におすすめするのはパンではなく魚の缶詰。

(特別なものではなくスーパーで売っている通常の缶詰です)

 

魚の缶詰にはDHAやEPAがたっぷり。

缶にはよくDHAやEPAの含有量が記載されているのでチェックしてみてください。

 

非常時というのはとにかくお腹を満たすことが一番であることは間違いないのですが、どうしても炭水化物に偏りがち。

 

贅沢は言えないですが、できれば色々な栄養をバランスよくとりたいところです。

 

そんな時はサプリメントもある意味有効ではあります。

でもサプリでお腹を満足させることはできない。

 

その点、魚の缶詰はずっしりと腹持ちもよく味だって美味しいですよね。

料理の必要もありません。

 

サバの味噌煮缶

↑そのまま食べられるサバの味噌煮は栄養たっぷり

 

たんぱく質やDHA・EPAといったオメガ3をたっぷり摂取できるだけではなく、骨まで食べられるためカルシウムも摂取でき、また意外とビタミン・ミネラル類も多く含まれています。

 

通常時でも摂取が難しいオメガ3ですが、特に非常時にはオメガ3はとりづらいもの。

 

そんな風に考えていくと魚の缶詰ってかなり優秀なアイテムではないかと思えます。

 

ですが食べ続けるとすぐに飽きがきてしまうのが欠点といえば欠点。

 

そこでできれば魚の種類や味付けの違う複数の缶詰を常備することをおすすめします。

 

そんな私も最近は魚の缶詰をたくさん買っています。

 

もちろん普段魚の缶詰ばかり食べるからではありません。

 

非常時のための蓄えですが、もちろん賞味期限がきたら随時食べるようにします。

 

ところで最近どんどん魚の缶詰が値上がりしていますよね。

 

サバ缶なんて短期間の間に数回値上がりしたのではないでしょうか。

 

今後もっと値上がりする可能性もあるので早めに必要量を確保した方がいいかも?

(さすがに買い占めはしませんが)

 

値上がりしたとは言えまだまだ安く栄養たっぷりな魚缶はきっと今後も需要が拡大するでしょう。

 

ちなみにお子さんのいるご家庭は果物の缶詰などもおすすめ。

 

非常時に精神的につらい思いをしているお子さんには甘い果物の缶詰が癒しを与えてくれるかもしれません。

 

こんな風にお子さんの好きな食材の缶詰がないかチェックしてみるのもいいと思います。(もちろん子供だけではなく大人もですね)

 

今は本当にたくさんの種類の缶詰(またはレトルトパック)があるのでびっくりします。

 

うちの子はみかんの缶詰が大好物なのでいくつか保管しておいてあげようと思います。

 

参考記事
BPA対策をした缶詰でDHA・EPAをとりたい

賞味期限が長くDHAがとれる魚の缶詰は非常食にうってつけ

保存食や非常食としての油脂は有りか無しか