静岡名物「バリ勝男クン。」(鰹のDHA)の油脂成分を見てみる

「バリ勝男クン。」という静岡のお土産をいただきました。

 

ふと見ると「DHA鰹パワー!」という文字が。

 

勝男はもちろん「鰹(かつお)」でしょうから、鰹のDHA・EPAがとれるお菓子(おつまみ)ってことですね。

 

そこで今回は静岡名物の「バリ勝男クン。」の油脂成分をチェックしていきたいと思います。

 

バリ勝男クン。とは?

 

「バリ勝男クン。」とは水産加工食品メーカーであるシーラック株式会社から販売されている商品の一つです。

公式サイトはこちら

 

主に鰹を使った商品でお菓子、おつまみ、ふりかけ、調味料など幅広い商品を販売しています。

 

私は正直言いまして知らなかったのですが、地元・静岡の方ならみなさん知っているようですね。

 

静岡だけではなく近くのエリアのコンビニなどでも販売しているようです。

 

東京でも買えるのかな?

(静岡アンテナショップなどでありそうですね)

 

と思ったらアマゾンとかでも普通に売っているのね。

 

 

今回ご紹介する「バリ勝男クン。」は静岡限定マークのついたお土産なんかに重宝しそうなもの。

 

バリ勝男クンの静岡限定マーク

 

ネーミングの面白さとオメガ3(DHA・EPA)がたっぷり入っていそうな予感でとても興味をそそられます。

 

DHAたっぷり!?油脂成分をチェックしよう

 

それでは「バリ勝男クン。」の油脂成分を調査してみましょう。

 

バリ勝男クンの原材料

 

冒頭に表示されているのはピーナッツ(落花生)でした。

 

「植物油脂」も入っています。

 

そして鰹チップが二番手。

 

その中に油関係ですと「胡麻」もありますね。

 

バリ勝男クンの栄養成分

 

一袋25g当たりDHA含有量は「50mg」、EPAが「8mg」で合計「58mg」です。

 

脂質自体は「8.2g」となっているので割と高め。

 

油の大半はピーナッツでしょうかね。

 

ピーナッツですからオレイン酸やリノール酸がメインだと思います。

 

確かにDHAとEPAが摂れるのは間違いありませんが、これを一袋食べちゃうと同時に他の油も結構な量を食べてしまうということになりそう。

 

ピーナッツに添加されている「植物油脂」の詳細は不明です。

 

美味しさレビュー

 

そんな「バリ勝男クン。」のお味はというと・・・。

 

バリ勝男クンを手に出したところ

 

この茶色いチップスが鰹です。

白ゴマがついています。

 

硬いですね。

確かに「バリッ」とか「ガリッ」という表現が合っています。

 

口の中に入れるとよりバリッと感が味わえて美味しいです。

 

硬いのですが、同時に薄いため噛むのに困ることはないです。

バリッとした食感を不快感なく楽しめます。

 

「しょうが醤油味」となっていますが、あまりしょうがっぽさは感じず甘じょっぱい感じです。

 

つい手が出て一袋あっという間に食べ切っちゃうでしょう。

 

うーんこれ、子供のオヤツにも大人のおつまみにもすごくいいとは思います。

 

オメガ3以外の油も同時にとっちゃうけど。

(毎日じゃなければ・・・)

 

でも美味しいのは間違いなし。

確かに手が止まりません。